森のようちえん?野外保育?「のこのこ」始めました!!!

森のようちえん?野外保育?「のこのこ」始めました!!!

くしまかよ

今日は、森のようちえん(仮)のこのこ初日保育日でした!!


2022年4月から始まりました、野外保育「のこのこ」です。

今年度は週に一回、東京都国立市にある「城山さとのいえ」と言うところを拠点に活動していきたいと思っています。

現在は1名の2歳児さんが通ってくれることになっています。

(今年度は2歳児クラス〜4歳児クラスの募集になります)

そして今日は、これから週に一度過ごす2歳児の女の子と顔合わせ日でお散歩しました。

初めは私に人見知りをしていて、お母さんの影に隠れていたその子。

一緒の道を歩き、一緒の風景を見ているうちに、一言二言言葉が出てくる。


話してもらわなければいけないわけでもない。

話さなくてもいい。

でも、その子を知りたい。


そんな気持ちで過ごしました。


慣れてくると、「こっちいこ!」と走ったり、近くにいた鴨について話したり、一緒に笑ったりできるようになりました。


すると、11:30くらいに「なんか食べたい」と言ったその子。

お母さんがご飯を持ってきてくれていたのでそれを食べることにしました。


その子のお母さんが「手を洗ってこよう」とその子を誘い、手を洗って一人で先に帰ってきたその子が私の顔を見て一言「ただいま」と言ったのです。


私は嬉しくて涙が出そうになりました。会って2時間くらいの大人に「ただいま」と言う。

それってどう言うことなのだろうか。

なぜ私はあんなにも嬉しく幸せな気持ちになったのだろうか。

大人同士でもそうなるのか。

いや、私は会って2時間くらいの人に言わないかもしれない。


うーーーん。なんで私はあんなに嬉しかったのだろう。

グルグル巡る「ただいま」と言う言葉。


あ、そうか。迎え入れてもらった感じがしたんだな。


私が迎えたのではなく、彼女が私を迎え入れてくれた感じがしたんだ。


きっと私(のこのこ)はこれからたくさんの子どもたちやそのご家族を迎え入れることになる。

今日、彼女から教わったこの気持ちを私はずっと大切にしていきたいなと思った。

この記事が参加している募集

子どもに教えられたこと

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
くしまかよ
令和4年の4月より、東京都国立市にある城山さとの家を拠点にして、週に一回木曜日に活動している森のようちえん「のこのこ」をやっています。 子どもたちから学ぶことが多く、子どもの姿から自分を立ち返る保育をしています。 来年は週4くらいでできように活動の幅を広げたいと思っています!!!