kawai

1956年生まれのエアロビクスインストラクター。 論文形式ではなく、随筆風に平たく、…

kawai

1956年生まれのエアロビクスインストラクター。 論文形式ではなく、随筆風に平たく、興味が無い人にも分る様に、 色々な分野の事を書く日記です。 ホームページはこちらです→http://kawaihidetoshi.cafelatte.me/top.html

マガジン

  • あれだのこれだの

  • 健康で美しく

    健康のための運動、気になる体の部位、健康寿命を保って明るい毎日

  • 人として正しく生きたい

    自分に正直に生きる、とは、自分の良心に正直に生きること。 やりたいことをやる、ということではない。 やってはいけないこと、やるべきことがたくさん有ると思う。

  • モノ、コト

  • 愛情

最近の記事

バカにされる日本 お人好しで穏便な人達

中国人が靖国神社に狼藉をした事が話題になっている。 まだはっきりしないが、この犯人は既に出国しているという話も出ている。 それを見てすぐ思ったのは、わざと逃がしたのではないか、という思いだ。 「面倒だから逃がせ」とか「中国が怒るから逃がしておけ」とかいう指令が出たのかも、 なんて事を思ったりするのだ。 この件はまだはっきりしないのだけれど、どうしてもそんな事を考えてしまう。 思えばこの日本という国は色んなことを「穏便に」済ませてきた。 海保の船に体当たりした中国

    • 洗脳された人々 当たり前の事を当たり前に

      「国家」という言葉を聞いてどんな事を連想するだろうか。 どういうわけか、「国家権力」などという言葉を連想し、 「国家権力」は国民を「統治」し、「搾取」し、「圧迫」する様なもの、 と連想したりしないだろうか。 これほどまでに洗脳が行き届いてしまっているのか、と、暗澹たる気持ちになる。 今でこそ力はかなり落ちたけれど、ちょっと前まで「日教組」の教師たちが、 生徒や学生を洗脳していたのだったが、今でも「国家権力」=「悪」 という強い印象操作が行き届いてしまっているので

      • 揺り戻しを起こすべき時が来ている ポリコレへの反撃

        先日、上川陽子外務大臣が選挙応援の演説で言った事が記事になり、 その記事が大炎上した。 詳細はそれについての記事をどうぞ 【内部文書入手】上川陽子「うまずして」切り取り報道の共同通信「全くひるむ必要は無い」差し替え経緯も判明 https://news.yahoo.co.jp/articles/13d40697cc6d9479b473b91f64b1d9e780ecd9e5 https://diamond.jp/articles/-/344194 この件について個人的

        • 極端な人々 現実的な判断を

          これはほんの一部の人たちだけだと信じたいのだけれど、、、。 ゼロ100な人の、なんと多いことか、、、。 「原発反対!」と言い出すともう、何がなんでも反対でしかない、とか 「戦争反対!」だともう、何が何でも軍と名の付くものは何でも反対するとか、 思い込みが激しすぎて「過程」とか「中庸」を理解出来ない。 原発再稼働に賛成している人だって何も未来永劫原発を使って、 今後もどんどん新設しようと思っている訳ではない。 そもそもメルトダウンの様な事故がしょっちゅう起こるわけ

        バカにされる日本 お人好しで穏便な人達

        マガジン

        • あれだのこれだの
          506本
        • 健康で美しく
          208本
        • 人として正しく生きたい
          266本
        • モノ、コト
          61本
        • 愛情
          13本
        • ビジネスチャンス
          15本

        記事

          危機感 中国についてあれこれ考える

          中華人民共和国について考える事が有る。 自分がいつも中国について考える時に前提とする考えが有る。 それは、「中国」とか「中国人」が嫌いだとか差別するだとかの話ではない。 中国人にも立派な良識の有る人はたくさん居る。 政治などの話をする時に言う「中国」とは「中国共産党」の事だ。 そして、「中国共産党」はヤクザだ、とはっきり言う事が出来る。 「中国人」と「中国共産党」は分けて考える必要が有る。 ということだ。 さて、あのヤクザの様な独裁国家はいつ崩壊するだろうか、

          危機感 中国についてあれこれ考える

          体力をつける 総合的なトレーニング

          運動不足な人も多いけれど、 逆にトレーニングをしていても筋肥大にばかり興味が有る人も最近は結構多い。 また、走ったりしている人だと今度は筋トレは好きではないという人も居る。 総合的に鍛えている人というのは、案外少ないものだ。 体力をつける事の重要性をあまり認識していない人は、 だいたいまだ若くて健康な人に多い。 逆に、年齢が高くなってきて運動の重要性を痛感して、 50歳以上になってから運動を始める人も多い。 体力と言うのは、筋力と持久力と柔軟性の事を言う。

          体力をつける 総合的なトレーニング

          夢の技術 日本の生きる道

          よく、政府は何をやっているんだ!と激怒する場面を目にする。 例えば中国が勝手に日本のEEZ内にブイを設置しても何もしない。 あんなもの、強制的に撤去すればいいんだ! とか、 また「遺憾」砲か、もっと強い対抗措置を取れ! とか言うわけだ。 ではどうすれば良いのだろうか。 強い経済制裁をとったとしたらどうなるだろう。 即座に対抗措置の経済制裁をとって来るだろう。 そうすると日本がかなり困ってしまう事になるかもしれない。 威嚇の為に日米共同訓練を東シナ海でやったらど

          夢の技術 日本の生きる道

          規律 大人から言われた事

          昔、子供だった頃、家にはおじいちゃん、おばあちゃんが居て、 色々な事を教えてもらったものだった。 「情けは人の為ならず」だの「立つ鳥跡を濁さず」だの、 或いは戦争中の話とか、昔はこうだった、とか。 子供なので、ありがたい話を聞いても その言葉通りの意味だけしか理解はできなかった。 「情けは人の為ならず」なんて事を聞いても、実感として解る訳ではなかった。 けれど、昔聞いたそういう話を、年齢を重ね、経験を重ねて見ると 身に沁みたりするものだ。 最近は家におじいち

          規律 大人から言われた事

          指先で考える 自分の日記について

          自分は小学生の時からずっと、本を読んだり、文章を書くのが好きだった。 大人になったら詩人になりたいとか、わけわかんない事を言っていた。 詩を読むのも好きだったので、あの頃読んだ詩のいくつかは、今でも覚えている。 小学生の頃の自分は思い切りロマンチストで、遠くを見る目つきをしていた様だ。 その姿を見て「シリヤ砂漠の少年」を連想する、と先生に言われた事が有った。 井上靖の詩だ。 その少年はカモシカの様に機敏に動き回って活動的なのだが、 どこか寂しい目つきをしている、

          指先で考える 自分の日記について

          たまには良いニュースを 日本を取り戻す

          げんなりするニュースばかりなので、たまには良いニュースをご紹介。 グローバリストとか、共産主義者とか、市民団体とか、活動家とか、 みんな根っこは同じ。 混乱、分断、対立、弱体化を狙っている人たち。 安倍さんの言葉。 「こんな人たちに負けるわけにはいかない」「日本を取り戻す」 暴力的全否定 脳みそが半分しか無い人々 名前を付ける弊害 ホンモノなのか思い込みなのか ポリコレへの反動 揺り戻し 不幸な自分 わがままと要望の境目 いいかげん、目を覚ましましょう 言

          たまには良いニュースを 日本を取り戻す

          つらつらと考える性の問題 たかがエロされどエロ

          闇のクマさんというユーチューバーをご存じだろうか。 そのクマさんのツイッターがある日を境に豹変したのをご存じだろうか。 もう、アホくさくて読んでいられないのでフォローを外しました。 主張が180度変わってしまったんですよ。 で、これはきっと「中の人」が変わったんだろうと、自分は想像しています。 はい、単なる想像です。 例えばです、アカウントを1000万で売ってくれ、と言われたらどうでしょうか。 クマさんは家族が居るし、ツイッターを諦めて1000万円貰うほうを選択

          つらつらと考える性の問題 たかがエロされどエロ

          さつ意 凶悪、悪質にどう対処するか

          犯罪とか、犯罪まがいの事をしているのをネットなどで見かける事が良く有るが、 こういうのを見ていて最近、「殺意」を持つ事が有る。 最近ではつばさの党の選挙妨害の様子を見て強く思ったのだった。 そしてその遠因と言われている札幌地裁での判決を出した裁判官の写真も ネットに出回っているが、その人の顔を見ても思ってしまう。 自分の様な温厚で物静かな人間でも、そう思ってしまうのだ。 欧米での移民、難民による略奪や暴力の動画を見る事も多い。 こういうものを見ても非常に強い憤り

          さつ意 凶悪、悪質にどう対処するか

          全てはカネの為 全ての事は利権が理由になっている

          タクシーに乗ると今はだいたい、運転手の周りをアクリル板で囲ってある。 これは防犯対策として一定の効果が有るだろうと思う。 これが無ければ簡単に後ろから腕を回して運転手を羽交い絞めして、 凶器をつきつけて金を奪う事が出来るだろう。 さて、政府は運転手不足という事で、「白タク」をやらせようとしている。 ライドシェアは個人の自家用車でタクシーを出来る様にするのだけれど、 防犯対策をしていない個人の乗用車では、強盗の被害者が出ないとも限らない。 だいたいこういう事はいつ

          全てはカネの為 全ての事は利権が理由になっている

          近い未来 世の中がガラっと変わるかも

          「核融合」というエネルギーをご存じでしょうか。 名前くらいは知っていますよね。 それでこの「核融合」に「核」の文字が入っている為、 原子力の様なものだと勘違いする人が居ますが、 実際には水素などを使ったエネルギーです。 原子力は核分裂をしますが、核融合は分裂ではなく融合で、 暴走したりする危険が無いとされています。 横文字では「ニュークリアフュージョン」とか 「フュージョンエネルギー」と呼ばれています。 と、偉そうに書いていますが、実のところ自分も詳しい訳で

          近い未来 世の中がガラっと変わるかも

          50歳以上の人へ(まだ若い人も) めんどくさいが大敵

          まだ若い人にも読んで欲しいと思います。 どうしてかというと、誰でも年を取るからだし、 若い時の心掛けが年をとってからのライフスタイルに大きな影響が有るからです。 題名に50歳以上の人、と書きましたが、 健康などの事は非常に個人差が大きく、実年齢で決められないものです。 が、まあ、だいたい、という事で50歳以上と書きました。 特に50歳を過ぎたあたりから個人差は非常に大きくなると思います。 いわゆる「身体が弱い人」と「強い人」の差とか、 生活習慣の差とか、運動歴

          50歳以上の人へ(まだ若い人も) めんどくさいが大敵

          古き良き故郷 地に足が着いた考え方

          ノーマン・ロックウェルという画家をご存じだろうか。 73分けした金髪の男の子、赤毛でほっぺたの赤い女の子、 パイプをくわえてメガネをかけた背の高いダディ、エプロンをしたマミー、 そんな古き良きアメリカ市民の生活を描いたイラストレーターだ。 ノーマン・ロックウェルのイラスト https://search.yahoo.co.jp/image/search?p=%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%B3%20%E3%83%AD%E3%83%83

          古き良き故郷 地に足が着いた考え方