岡本克彦(オカポン)

公ではブランド戦略を、私では地域デザインを。人生100年時代、人生三毛作。現在、人生二毛作目を満喫中。公私を融合させた「働き方」や「楽しみ方」を模索している日々です。 http://www.katuhiko0821.com/
固定された記事

人生100年時代、人生三毛作。現在、人生二毛作目の14歳。

『LIFE SHIFT』の書評の一つとして以下があります。 これからを生きる私たちは、長寿化の進行により、100年以上生きる時代、すなわち100年ライフを過ごすこととなる。新し…

COVID-19で考える自分事と自分事化。現在、人生二毛作目の14歳。

2020年、世界中でCOVID-19(新型コロナウイルス感染症)が猛威を振るっています。そして、Under/Post COVID-19を通じた新しい生活様式「ニュー・ノーマル」(New Normal)…

【挫折編】越境を支えくれる仲間に気づかなかった愚かさ。当時、人生二毛作目の6歳。

黒船と言われたiPhoneが上陸してから新しい価値創造に向けて越境と共創に取り組んでいましたが、越境せずに会社に留まっている仲間を軽視する愚かな僕がいました...。 越…

自宅と会社の往復の日々。虚無感とこすぎの大学。当時、人生二毛作目の8歳。

黒船と言われたiPhone上陸後、新しい価値創造に向けて越境と共創する過程で出会った企業間フューチャーセンターの仲間。仕事の観点では充実する日々が続いていましたが、い…

企業(会社)の意味を漢字を通じて改めて考える。現在、人生二毛作目の14歳。

黒船と言われたiPhone上陸して断崖絶壁に追い込まれて越境や共創に取り組みはじめた結果、多くの新しい体験をしました。その一つがワールドカフェ。そして、ワールドカフェ…

【挫折編】マネージャーの意味を知って体得した時の自己嫌悪感。当時、人生二毛作目の2歳。

人生100年時代、人生三毛作。一毛作=33歳。僕は35歳、人生二毛作目の2歳の時に管理職であるマネージャー(課長職)に昇進しました。ある意味、一毛作の僕は順調にサラリー…