岡本克彦(オカポン)

公ではブランド戦略を、私では地域デザインを。人生100年時代、人生三毛作。現在、人生二毛作目を満喫中。公私を融合させた「働き方」や「楽しみ方」を模索している日々です。 https://www.katuhiko0821.com/

岡本克彦(オカポン)

公ではブランド戦略を、私では地域デザインを。人生100年時代、人生三毛作。現在、人生二毛作目を満喫中。公私を融合させた「働き方」や「楽しみ方」を模索している日々です。 https://www.katuhiko0821.com/

    マガジン

    • サステナビリティカタリスト

      NECを中退して「パーパスブランディング」「サステナビリティ」「人材育成」「地域デザイン」に注力すべく、2022年7月よりサステナビリティカタリストとして活動し始めました。

    • こすぎの大学

    • NEC未来創造会議

    • 49歳と10か月。会社を中退しました。

      人生100年時代。2022年6月、ハーフセンチュリーとなる50歳の誕生日を2か月後に控えて、1995年に入社以来勤務し続けてきたNECグループを「中退」「退社」しました。卒業でなく、中退。退職でなく、退社。転職活動を通じて自分のやりたいことが明確になった2022年。そんな活動記録のマガジンです。

    • 川崎市議会に行こう!

      神奈川県川崎市の武蔵小杉でソーシャル系大学「こすぎの大学」を開校した後、川崎市との接点も増えていきました。その一つが「川崎市議会に行こう!」。川崎市議会の傍聴を通じて市政への関心が高まってきた当時。

    最近の記事

    固定された記事

    転職活動を機に考えた「人生の二毛作目に自分がやりたいこと」

    人生100年時代、人生三毛作。一毛作=33年とすると、現在、49歳の僕は人生二毛作目の16歳(高校2年生)。転職活動を機に考えた「二毛作目に自分がやりたいこと」。 転職活動を通じて改めて考えたこと、拠り所にしたこと、経験したことなどの7つのエピソードを通じて自分のやりたいことが明確になりました。僕を知っている人からするとこれまでと同じでは?と思われるはずですが、僕の中では言語化して明確になったことがうれしくって。 あと2か月で50歳という節目を迎えます。人生100年時代の折

    スキ
    129
      • COVID-19で浮き彫りになった多様性と画一化の矛盾 映画『アートなんかいらない!』

        NEC未来創造会議で未来を考えるようになったら、過去も考えるようになって、江戸しぐさにサステナビリティのヒントがあると思って江戸時代にハマった後には縄文時代にハマりました。 同様にデザイナーでもアーティストでもない僕ですが、世界の誰かが困っている社会課題を解決するSDGsにはデザイン思考が大切ですが、社会課題が解決された先には自分たちが叶えたい未来社会を想像して創造することが大切で、そのためにはアート思考が大切だと考えるようになりました。 デザイン思考 顧客の期待に応える方

        スキ
        3
        • グレタの真実 -3週間で世界を変えた少女の素顔-

          『グレタの真実』。 グレタ・トゥーンベリさん(当時15歳)が地球温暖化への対策で学校ストライキを始めたのは2018年8月20日の月曜日。もうじき4年。世界は変わりつつある。世界を変えるのは「意志ある行動」なんだと実感します。 僕にとっての2018年8月20日を振り返ってみる2018年8月を思い出してみる。2017年からスタートしたNEC未来創造会議。社長をはじめとして意志ある方々の思いに対して応えられる社員が少なく広告代理店に任せ気味な雰囲気に興醒めしてしまい、途中で放棄

          スキ
          5
          • 「与え合う」ことで人生は動き出す

            夏休みの課題図書として読んだ『「与えあう」ことで人生は動きだす』。 応援が挑戦を育むプロジェクト「GIFT & ACTION」などを通じてギフトの意味を考えたり、ギフトの可能性や価値を探求していることもあり、興味深く読みました。 ギフトする人とギフトされる人ギフトする人への称賛にフォーカスされすぎている感じがあり、多少なりの違和感を抱きながら読み終えた一冊でした…。 ギフトする人に対するギフトされる人。ギフトされる人を弱者と位置づけているように見受けられました。水は上から

            スキ
            6

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • サステナビリティカタリスト
            岡本克彦(オカポン)
          • こすぎの大学
            岡本克彦(オカポン)
          • NEC未来創造会議
            岡本克彦(オカポン)
          • 49歳と10か月。会社を中退しました。
            岡本克彦(オカポン)
          • 川崎市議会に行こう!
            岡本克彦(オカポン)
          • コモンズプロジェクト
            岡本克彦(オカポン)

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            世界幸福度ランキング1位のフィジー共和国の視点からNew Commonsを考える

            2021年1月末に実施したウェルビーイングをテーマにした座談会の書き起こしです。1年半前に実施したのですが、改めて読み直しても多くの気づきや示唆に溢れいていました。多くの方に読んでいただきたい内容です。 岡本克彦(以下、岡本):本日のNEC未来創造会議の分科会では、COVID-19の状況下注目されている「New Normal(新しい生活様式)」の先にある「New Commons」に関してゲストのみなさんと一緒に探求していきます。 本日のゲストを紹介します。世界幸福度ランキン

            スキ
            4

            映画『掘る女 縄文人の落とし物』

            夏になると何故か塩分を欲するように縄文を欲するようになります(笑)。 NEC未来創造会議で未来を考えるようになったら、過去も考えるようになって、江戸しぐさにサステナビリティのヒントがあると思って江戸時代にハマった後には縄文時代にハマりました。 縄文時代の最初の沼は『縄文人に相談だ』(著:望月昭秀)。東京大学の書店でジャケ買い。帯に書かれていた「悩みなんて全部まとめて貝塚にポイ。」というコピーに一目惚れ。 次の沼は客先訪問の隙間時間に入った映画館で上映されていた『縄文にハマる

            スキ
            8

            企業のSDGs、Beyond SDGsを知る

            2022年7月からサステナビリティカタリストとして活動し始めて約1か月。7月末に株式会社エスプールさま主催セミナー「持続可能を考える」で「企業のSDGs、Beyond SDGsを知る」というテーマで事例紹介する機会を頂戴しました。 障がい者アート展示会「COLORS展」セミナー「持続可能を考える」と同時開催だったのが障がい者アート展示会「COLORS展」。 SDGsの「8.働きがいも経済成長も」の「8-5.2030年までに若い人たちや障害がある人たち、男性も女性も、働きがい

            スキ
            3

            株式会社フォワードでサステナビリティカタリストとして活動し始めて1か月が経ちました

            7月から株式会社フォワードにてサステナビリティカタリストとして活動をスタートして1か月が経過。 7月の終わりにはエスプールさん主催セミナー「持続可能を考える」で「企業のSDGs、Beyond SDGsの取り組みを知る」というテーマで事例紹介。同時開催の障がい者アート展示会「COLORS展」の温かく優しい空間の中、区切りの1か月目を終えることができました。ありがとうございました。 8月以降もサステナビリティ×ブランディングに取り組んでいきます。何かご一緒できそうなことがあれ

            スキ
            5

            持続可能な市民活動をブランディングで支援する

            6月でNECを退社して7月から新しいフィールドで「サステナビリティカタリスト」という肩書きで活動し始めています。転職活動を通じて今後取り組みたいことが明確になりました。「パーパスブランディング」「サステナビリティ」「人材育成」「地域デザイン」の4つ。 新しいフィールド、新しい肩書きでの初仕事はかわさき市民活動センターさんのパワーアップセミナー「ブランディングで団体の価値を伝える」の登壇。 NPOなどの市民団体が地域活性化に向けて持続可能な活動をするためにはブランディングが

            スキ
            14

            プロフィールを更新しました

            6月末にNECを中退・退社して7月から新しいフィールドで活動し始めたのでプロフィールを更新しました。 これまで同様に、これからもみなさんと一緒に活動したく、ご支援・ご協力をお願いいたします。 2022年7月からのプロフィール●学歴や仕事での経歴「有」バージョン 公ではブランド戦略を、私では地域デザインを。 1995年東京都立科学技術大学卒業後、NECホームエレクトロニクスに入社。2000年にNECに移籍し、携帯電話やスマートフォンの商品企画・マーケティングを担当。2013

            スキ
            4

            自分らしさを大切にしながらバイアスに向き合う

            NEC最終出社日に登壇した川崎市南倫理法人会のモーニングセミナー。最終出社日に良い思い出ができたお礼を兼ねて翌週のモーニングセミナーでなんちゃってグラレコすることに。 僕の場合はグラフィックレコーディングというほどのクオリティがないので「なんちゃってグラレコ」とか「テキレコ(テキストレコーディングの略)」と表現しています...。 バイアスに向き合うためにモーニングセミナーでの話題提供はFirend Village Communications代表 小室友里さん。元セクシー女

            スキ
            5

            個人事業主として2週間が経過して

            6月末に入社以来勤め続けたNECグループを退社して7月から個人事業主として新しい生活がスタートしました。 ・・・と書きながらも活動内容はこれまでと変わらず...。今まで以上に「パーパスブランディング」「人材育成」「地域デザイン」「サステナビリティ」に注力して活動しています。 個人事業主になって気づいたことと取り戻したこと個人事業主になって実感したのは自分自身で日々の生活基盤の手続きをしなければいけないということ。年金、健康保険、収支計算、...。 NEC在籍時は年金や健康

            スキ
            16

            NECを「中退」「退社」しました

            6月末でNECを退社し、7月から新しいフィールドでの活動をスタートしました。 NECを退社するにあたり、挨拶の表現で悩みました。 一つは「卒業」。自己都合で途中で辞めるので卒業ではなく「中退」だと。 もう一つは「退職」。会社を辞めるけど、これまでと同様の活動を続けます。職は失わないので「退社」だと。 ・・・ということで、僕は「中退」「退社」しました。 1995年にNECホームエレクトロニクスに入社以来、多くの経験を通じて成長の機会をギフトしてくれたNECグループに感謝し

            スキ
            13

            NECでの最後の仕事は高校での講義

            NECを退社(中退)するにあたり、うれしい激励メッセージをありがとうございます。今の自分があるのはみなさんに支えられているからなんだと実感すると共に感謝の気持ちでいっぱいです。僕は幸せ者です。 NEC最後の仕事は高校での講義今日(2022年6月23日)はNECで最後の仕事でした。 NEC玉川事業場から数分の川崎市立橘高校での講演。国際科の生徒たちにNECの社会価値創造事例を紹介、・・・するのをコーディネイト。 SDGsを学んで社会課題解決に関心が髙いものの、ボランティア的側

            スキ
            7

            次世代はSDGsウォッシュな大人たちを見透かす洞察力や審美眼を有している

            ジャケ買いした『未来を変える目標 SDGsアイデアブック』。子どもから大人までSDGsについて楽しく学べるビジュアルブック。 学校でもSDGs教育がされ、このような書籍に触れている子どもたちは大人より意識が高いことも、理解が進んでいることも実感というか痛感しました…。 次世代はSDGsウォッシュな大人たちを見透かす洞察力や審美眼を有していると考えるべきと再認識しました。 神奈川県や佐賀県の事例日本や世界の事例を紹介している『未来を変える目標SDGsアイデアブック』。この神奈

            スキ
            3

            『なぜ僕らは働くのか』と『サピエンス全史』を読んでーーー「働く」ことで失ったこと、取り戻したいこと。そして、その先へ。

            転職を間近に控え、改めて「働く」ことの意味を考えるにあたり、『なぜ僕らは働くのか』(著:池上彰)を読みました。 小学校高学年から高校生が対象のため、全ての漢字にルビが振ってあります。あとがきに、20代・30代の大人にも読んでほしいと書いてありましたが、僕は50歳直前...。人生100年時代の折り返しとなる50歳は対象外かもしれませんが、新卒で入社したNECグループを2週間後に退社して新天地で新しい挑戦をする僕にとって、今のタイミングで読むことで「働く」ということに真剣に向き合

            スキ
            6