岡本克彦(オカポン)

公ではブランド戦略を、私では地域デザインを。人生100年時代、人生三毛作。現在、人生二毛作目を満喫中。公私を融合させた「働き方」や「楽しみ方」を模索している日々です。 https://www.katuhiko0821.com/

岡本克彦(オカポン)

公ではブランド戦略を、私では地域デザインを。人生100年時代、人生三毛作。現在、人生二毛作目を満喫中。公私を融合させた「働き方」や「楽しみ方」を模索している日々です。 https://www.katuhiko0821.com/

    マガジン

    • コモンズプロジェクト

      コミュニティ運営のノウハウを言語化・共有化する第1期コモンズプロジェクトのマガジン。

    • NEC未来創造会議

    • 49歳と10か月。会社を中退しました。

      人生100年時代。2022年6月、ハーフセンチュリーとなる50歳の誕生日を2か月後に控えて、1995年に入社以来勤務し続けてきたNECグループを「中退」「退社」しました。卒業でなく、中退。退職でなく、退社。転職活動を通じて自分のやりたいことが明確になった2022年。そんな活動記録のマガジンです。

    • サステナビリティカタリスト

      NECを中退して「パーパスブランディング」「サステナビリティ」「人材育成」「地域デザイン」に注力すべく、2022年7月よりサステナビリティカタリストとして活動し始めました。

    • こすぎの大学

    最近の記事

    • 固定された記事

    転職活動を機に考えた「人生の二毛作目に自分がやりたいこと」

    人生100年時代、人生三毛作。一毛作=33年とすると、現在、49歳の僕は人生二毛作目の16歳(高校2年生)。転職活動を機に考えた「二毛作目に自分がやりたいこと」。 転職活動を通じて改めて考えたこと、拠り所にしたこと、経験したことなどの7つのエピソードを通じて自分のやりたいことが明確になりました。僕を知っている人からするとこれまでと同じでは?と思われるはずですが、僕の中では言語化して明確になったことがうれしくって。 あと2か月で50歳という節目を迎えます。人生100年時代の折

      • 2023年の目標「解像度を上げる」

        毎年、1年間の目標を掲げています。「一年の計は元旦にあり」と言いますが、僕は年末に一年を振り返らないこともあり、毎年1月下旬に目標を掲げているのですが、昨年に続いて2年連続で2月の目標設定となりました...。 2022年の目標と活動昨年(2022年)は「遠回りで面倒くさい道を歩む」でした。 人生100年時代、節目となる50歳を迎えた昨年。NEC未来創造会議で大阿闍梨 塩沼亮潤さんが語ってくれた言葉。 高校生や大学生への講義や企業研修で引用する機会が多かったにも関わらず、

        • 武蔵野美術大学の卒業・修了制作展

          武蔵野美術大学の卒業・修了制作展。 4年前から武蔵美のクリエイティブイノベーション学科に入学予定の生徒たちのインタビューを受けています。入学後にインタビュー結果を発表。こすぎの大学の活動を紹介し、新丸子・武蔵小杉・元住吉を親子3世代で表現してくれた学生もいました。新丸子が祖父母、元住吉が父母、武蔵小杉が成長期の子ども。 今週も今年4月に入学予定の3名のインタビューを受けて、一人は新型コロナウィルスの中、国際色豊な高校で3年間を過ごした経験を活かして寂れる自分が住む街をグロ

          • 第1期コモンズプロジェクトのまとめ

            2022年1月〜12月まで取り組んできた第1期コモンズプロジェクトのまとめです。コモンズプロジェクトのnoteからの転載ですが、記録として個人用noteにも掲載します。 プロジェクト実施の背景コロナ禍で浮き彫りになった自助と公助の分断を克服するには共助(コミュニティ)がHUB(仲介)・CORE(中核)になる必要があります。ただし、一つひとつのコミュニティの力は小さいですし、大きな責任を負わせてしまうと崩壊してしまいます。コミュニティ同士が緩やかに連携することで大きな力になり

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • コモンズプロジェクト
            岡本克彦(オカポン)
          • NEC未来創造会議
            岡本克彦(オカポン)
          • 49歳と10か月。会社を中退しました。
            岡本克彦(オカポン)
          • サステナビリティカタリスト
            岡本克彦(オカポン)
          • こすぎの大学
            岡本克彦(オカポン)
          • 川崎市議会に行こう!
            岡本克彦(オカポン)

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            これまでの50年を振り返ってみる

            年末なので今年一年を振り返ろうと思いましたが、節目の50歳、ハーフセンチュリーということでこれまでの50年を京急っぽい路線図で振り返り。 2010年が節目になっているのがわかります。 それまで固定路線(一本道)だったのが分岐し始めた年。2008年に黒船と言われたiPhoneが上陸してケータイ事業が断崖絶壁に追い込まれた結果、越境と共創に活路を見出すべく一歩踏み出しました。そこで出会った対話という手法や仲間によって僕の価値観・人生観は大きく広がりました。 人生100年時代、

            コモンズプロジェクト

            NEC未来創造会議やこすぎの大学などの活動を通じて着目したテーマである「コモンズ(共有財)」と「コモニング(合意形成)」。COVID-19で浮き彫りになった自助と公助の分断。今後、両者を埋めるHUBとして、そして、COREになると予測される共助(コミュニティ)。ポスト資本主義の社会ではコミュニティを通じて創出されるコモンズ(共有財)が重要な資本になると信じています。 ただし、コミュニティは義務感でなく主体的な活動故にWill(やりたいこと)・Can(できること)・Must(

            キーパーソン21のスペシャルサポーターとして人材育成に取り組む

            スペシャルサポーターとして参画しているキーパーソン21さんによる中学校の探求授業に参加。中学2年生のわくわくエンジンを引き出す授業。先月の小学6年生も、先週と今週の中学2年生もわくわくエンジンを見つけながら将来なりたい仕事や今後取り組みたいことを発表。 わくわくエンジンがプログラムとしてすばらしいのは先生やスポーツ選手のような「名刺的わくわく」でなく、相手に新しい学びを提供したい、全身を使って自分の限界に挑戦したいという「動詞的わくわく」を引き出すこと。動詞的わくわくを見つ

            個人名刺を作りました

            前職(NEC)を中退し、7月から新しい生活をスタートして5か月が経ちました。そして、自分の活動をまとめた個人名刺を作りました。 Illustratorでなくパワポでのデータ入稿でしたが十分なクオリティ。大満足。 前職を中退する前に今後取り組みたいこととして4つを挙げましたが、今でも思いは変わらないこと、そして、ありがたいことにその4つに関連した仕事ができていることもあり、個人名刺を作った次第です。 ご支援できることがありましたらお気軽にお声かけください。一緒に未来づくりをさ

            ASUBeTO 越境×共創=カタリスト

            僕の学ぶことの意味を教えてくれた恩人であるJ-CAST 寺田佳子さんが立ち上げたサービス「ASUBeTO」(明日人)。本日よりサービスイン。そのブランドサイト「アスビト創造ラボ」にインタビュー掲載していただきました。このような機会を頂戴し、ありがとうございます。 魅力的な6名のインタビュー。ぜひ、ご覧ください。 本日の日経新聞にも一面広告が掲載されています。真紅のロゴが印象的。 越境×共創=カタリスト 岡本克彦 / サステナビリティカタリスト https://www.asu

            NEC未来創造会議、ありがとう。

            2050年に向けて未来構想や社会実験に取り組んだ「NEC未来創造会議」のサイトが12月末にクローズとなります。 2017年度にスタートした本活動。僕は2018年度から担当となって2021年度までの4年間、全力で向き合いつつ、かけがえのない経験をさせていただきました。今の僕があるのはNEC未来創造会議のおかげと言っても過言ではないです。 サイトがクローズして記録がなくなるのは寂しいですが、本活動を通じて得た知見を活かしながら活動することで常に鮮明な記憶として残し続けます。

            COVID-19で浮き彫りになった多様性と画一化の矛盾 映画『アートなんかいらない!』

            NEC未来創造会議で未来を考えるようになったら、過去も考えるようになって、江戸しぐさにサステナビリティのヒントがあると思って江戸時代にハマった後には縄文時代にハマりました。 同様にデザイナーでもアーティストでもない僕ですが、世界の誰かが困っている社会課題を解決するSDGsにはデザイン思考が大切ですが、社会課題が解決された先には自分たちが叶えたい未来社会を想像して創造することが大切で、そのためにはアート思考が大切だと考えるようになりました。 デザイン思考 顧客の期待に応える方

            グレタの真実 -3週間で世界を変えた少女の素顔-

            『グレタの真実』。 グレタ・トゥーンベリさん(当時15歳)が地球温暖化への対策で学校ストライキを始めたのは2018年8月20日の月曜日。もうじき4年。世界は変わりつつある。世界を変えるのは「意志ある行動」なんだと実感します。 僕にとっての2018年8月20日を振り返ってみる2018年8月を思い出してみる。2017年からスタートしたNEC未来創造会議。社長をはじめとして意志ある方々の思いに対して応えられる社員が少なく広告代理店に任せ気味な雰囲気に興醒めしてしまい、途中で放棄

            「与え合う」ことで人生は動き出す

            夏休みの課題図書として読んだ『「与えあう」ことで人生は動きだす』。 応援が挑戦を育むプロジェクト「GIFT & ACTION」などを通じてギフトの意味を考えたり、ギフトの可能性や価値を探求していることもあり、興味深く読みました。 ギフトする人とギフトされる人ギフトする人への称賛にフォーカスされすぎている感じがあり、多少なりの違和感を抱きながら読み終えた一冊でした…。 ギフトする人に対するギフトされる人。ギフトされる人を弱者と位置づけているように見受けられました。水は上から

            世界幸福度ランキング1位のフィジー共和国の視点からNew Commonsを考える

            2021年1月末に実施したウェルビーイングをテーマにした座談会の書き起こしです。1年半前に実施したのですが、改めて読み直しても多くの気づきや示唆に溢れいていました。多くの方に読んでいただきたい内容です。 岡本克彦(以下、岡本):本日のNEC未来創造会議の分科会では、COVID-19の状況下注目されている「New Normal(新しい生活様式)」の先にある「New Commons」に関してゲストのみなさんと一緒に探求していきます。 本日のゲストを紹介します。世界幸福度ランキン

            映画『掘る女 縄文人の落とし物』

            夏になると何故か塩分を欲するように縄文を欲するようになります(笑)。 NEC未来創造会議で未来を考えるようになったら、過去も考えるようになって、江戸しぐさにサステナビリティのヒントがあると思って江戸時代にハマった後には縄文時代にハマりました。 縄文時代の最初の沼は『縄文人に相談だ』(著:望月昭秀)。東京大学の書店でジャケ買い。帯に書かれていた「悩みなんて全部まとめて貝塚にポイ。」というコピーに一目惚れ。 次の沼は客先訪問の隙間時間に入った映画館で上映されていた『縄文にハマる

            企業のSDGs、Beyond SDGsを知る

            2022年7月からサステナビリティカタリストとして活動し始めて約1か月。7月末に株式会社エスプールさま主催セミナー「持続可能を考える」で「企業のSDGs、Beyond SDGsを知る」というテーマで事例紹介する機会を頂戴しました。 障がい者アート展示会「COLORS展」セミナー「持続可能を考える」と同時開催だったのが障がい者アート展示会「COLORS展」。 SDGsの「8.働きがいも経済成長も」の「8-5.2030年までに若い人たちや障害がある人たち、男性も女性も、働きがい