見出し画像

蓼科湖、御射鹿池などの紅葉/ 長野県茅野市

プリチャード 香里

かなり冷え込むようになった長野県。すでに最低気温が0℃を下回ることもあり霜が降りる朝も。どうやらここを書いていない間に、季節が巡ったようです。

仕事繁忙期と夫の個展、さらに夫の骨折が重なり、想像以上にてんやわんや。
繁忙期と骨折は継続中ですが、夫の個展が終わり、ちょっと余裕が出てきたので久しぶりにここを開いて見ました。観光シーズン、秋真っ盛りですね。
みなさんお出かけしてますか?

かくいうわたしは上記の理由で今年はどこへも出かけられていません。
車で走るたびに、どんどん色づいていく木々を見ながら「ええなあ〜!紅葉狩りしたいよう〜!」と指を咥えて見ています。

最近、蓼科湖の紅葉が見頃であるというニュースを見ました。私たちも昨年蓼科湖の紅葉にいたく感動したうちのひとり。
どこにも出かけていないので、昨年の蓼科湖でも振り返ってみましょうかね。

めっちゃ赤いやろ

昨年の11月の頭。ちょうど1年前くらい。
この日は仕事で茅野市に来ており、仕事終わりで蓼科湖まで足を伸ばしました。紅葉していることは道すがらの景色でわかっていたけど、こんなに色づいていたとは予想外。赤がとんでもなく赤!黄色はすごい黄色。鮮やかさが全然違いました。

蓼科湖から見える蓼科山
うっすら雪の八ヶ岳と色づく蓼科湖
赤いです

蓼科湖は人工湖で、周辺にはペンションやホテル、新しいキャンプ施設やレストランもできていました。わたしたちはアーバンリサーチが運営しているTINY GARDENでランチを食べました。洒落てました。写真はないです。

しこたま写真を撮りまくり、周りの遊歩道を散歩したあとは、蓼科大滝へ。

ここがまた不思議な場所で、滝に行くまでの道はあたり一面が苔に覆われていました。
唐突な原生林。

モコモコ

滝の周りは紅葉の見頃はすぎ、落ち葉で残念。


そして東山魁夷の名画でお馴染み御射鹿池。

やばすぎる!!

黄金色に色づいたカラマツのパノラマ。う、美しい…!
東山魁夷は緑萌える御射鹿池を描いたけれど、秋の美しさもまた格別です。


しん……

御射鹿池も人口ため池で、池の周辺には立ち入ることはできません。そのため多くの観光客が押し寄せるにもかかわらず、ピンと張り詰めたような静けさがあります。

この日も多くの人がカメラを片手にずらりと並んでいました。


最後は帰り道に立ち寄った横谷観音駐車場。
少し低くなった太陽が木々を照らしてさらに色鮮やかに見えました。

眩しいほど

家の近所でも至るところが色づいていて目の保養になります。グリーンシーズンが一番好きだったけど、行けないとなるとやけに紅葉に心ときめくものですね。
夫のギブスが早く取れて(きっともうそろそろ)紅葉狩りに行きたーい!!


この記事が参加している募集

旅のフォトアルバム

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
プリチャード 香里

最後まで読んでいただきありがとうございます。よければまた、遊びに来てください。