神田裕子(心理/産業カウンセラー)
カサンドラ症候群1 新シリーズ登場♪カサンドラ症候群とは何か?
見出し画像

カサンドラ症候群1 新シリーズ登場♪カサンドラ症候群とは何か?

神田裕子(心理/産業カウンセラー)

発達障害とグレーゾーン、そして、そのご家族やパートナーが陥るカサンドラ症候群のカウンセリングをしている神田裕子です。

おとなの事情によって(笑っ)新シリーズを書き始めました。

というのも‥実は、カサンドラ・ラボ札幌という団体を立ち上げたからです。札幌から発信しますが、全国から会員を募りたいと考えています。

30年以上もの間カウンセリングをしていますが、相談件数の半数上が、発達障害ならびにそのご家族やパートナーの悩みとなっています。

もちろん当事者は生きづらさを抱えながら生活していますが、サポートする人たちもまた、愛情だけでは背負いきれない苦悩や葛藤を抱えます。

そうした人たちが、気軽に集まることのできるサードプレイス、「場」を作ることにしました。こんなご時世ですのでオンラインを活用しながら交流していくことを考えています。

まずは7月17日(土)13時半から設立講演会を予定しています。勉強会、ピアサポート、調査・研究を実施していきます。今はその準備とホームページ等の整備をしています^^

メルマガは5月15日から配信します。ご登録はこちら↓↓↓

。・:。・:。・:。・:。・:。・:。・:。・:。・:。・:

さて、カサンドラ症候群という名称は、正式な医学用語ではありません。そのため、皆さんが抑うつ状態で精神科や心療内科へ行ったとしても、クリニックによっては、この言葉を理解してくださる医師がいない場合もあります。

いっぽう、メディアの力は強くて‥2014(平成26)年8月29日号の週刊朝日に、特集が組まれたのを読んで、はじめて知った!という声をよく耳にします。

この頃から、カサンドラ症候群についての書物が出版されています。この別名「カサンドラ愛情剥奪症候群」「カサンドラ情動剥奪障害」とも呼ばれる症状について、ウィキペディアでは

アスペルガー症候群の伴侶を持った配偶者は、コミュニケーションがうまくいかず、わかってもらえないことから、自信を失ってしまう。世間的には問題なく見えるアスペルガーの伴侶への不満を口にしても、人々から信じてもらえないその葛藤から、精神的、身体的苦痛が生じる

と載っています。

今までアスペルガー症候群は男性に多いことから、妻の立場や症状を言い表してきました。でも最近では、夫からも声があがるようになり適用されています。また、アスペルガー症候群を含めた自閉スペクトラム症(ASD)のみならず、発達障害すべての種類を対象に、そばで支援する人たちの気分障害を指すことも多くなりました。

具体的に、アスペルガー症候群をはじめとしたASD(自閉症スペクトラム)には次のような特性があります。

●相手の感情を汲み取るのが苦手

●足並み揃えて行動するのが不得意

●思っていることを伝えようとしても適する言葉が・・見つからない

●思わずきつい言葉を発する

●あれもこれも一度にいろんなことをしようとするが・・できない

●優先順位をつけられない

発達障害の種類によって、かなり行動パターンは異なりますので、本来は個々に対応したいところです。また、カサンドラさんの症状もそれに合わせて変化しますから一概にはこうしたらいいと言えないのです。

ただ、相手にそういう傾向があると知らなければ、通常とは大幅に違う言動にカサンドラさんは戸惑い、何度も繰り返されるうち、「私が悪い」と自分を責めるようになっていきます(相手が責め続けて追い込むこともある)。

まずはきちんんとした知識を得ることから始めましょう。

カサンドラ度が進むと‥症状として、うちに来られるご家族やパートナーはうつ病であることが多いです。でも頭痛薬を飲んでも頭痛が治らない、とか、風邪のような症状が微熱とともに長く続いている、等の不定愁訴もけっこうあります。

もともと、このカサンドラという言葉は、ギリシア神話から名付けられました。

カサンドラはトロイの王女の名前です。太陽神アポロンに愛されたカサンドラは、予知能力を授かります。でもその能力によって、「アポロンに捨てられる自分の未来」を予知します(何だか悲しいなあ・・)。そのため、カサンドラがアポロンの愛を拒絶したことにより、怒ったアポロンは(なんて勝手な!でも神だから‥?)「カサンドラの予言を誰も信じない」という呪いをかけてしまいます。カサンドラがいくら真実を伝えようとしても、周囲から信じてもらえなかった、というストーリーです。トロイ戦争において、トロイの国に運び込まれた木馬には敵の罠が仕込まれていたのですが、カサンドラがそのことを伝えても民衆は信じなかったため、国が滅びてしまったという話が登場します。

それではカサンドラ症候群に陥った場合、発達障害を抱える家族やパートナーとどのように接すると良いのでしょう?

山口県宇部市の大西公二医師によって、次のような対処法が示されています(これっ!いい!)。

1) 用がある時だけ関わる(相手は休息を多めに要するので、一人の時間を保証してあげる)

2) 「どうしたらいいか」を、まず伝える(「背景」や「考え方」は後で追い追い伝える)。

3) “不機嫌で面倒臭そうな”態度の時は、そっとしておく(多くは“エネルギー切れ”や“不甲斐なさ”)。

4) 迷った時は関わらない(相手に当たってしまい、感情的な対立を煽るだけ)

5) 相手ができない事は、あっさり引き受け小分けして対処する(先々考え込むと潰れやすくなる)

6) 要求内容は自分の考え方として、具体的に伝える(漠然とした「べき論」は、被害的に反応されやすい)


こうした研究があること自体、今の時代はいいな~って思います。30年前には、一般的に書いてあるものはほとんどありませんでした。

発達障害が性格ではなく、「そうとしかできない」ことであるなら、少しでも相手を理解し、うまくやっていく方法を身につければ、家族やパートナーである皆さん自身も過ごしやすくなるのです。あ、最近では会社からうちの社員についていろいろ相談したいというお問い合わせも頂戴するようになってきています♪

次回は発達障害について解説します^^

■講演・研修のご依頼は、オフィスレアリーゼへ↓ ↓ ↓

www.realiese.com

■アメブロは 

https://ameblo.jp/psychology-yukon

=====<お知らせ>=====

★フェイスブック 

https://www.facebook.com/yuuko.kanda.56

★ツィッター 

https://twitter.com/yuukokanda1108

★インスタグラム 

https://www.instagram.com/yuukokanda/

★東洋経済オンラインニュース記事

http://toyokeizai.net/articles/-/124164?display=b

★米山氏書評はこちら 

http://sharedoku.com/archives/11526

画像1

画像2

女性たちがこころを脱いだ!50代女性の写真集アマゾンにて100名様限定販売♪ ↓ ↓ ↓

画像3

小学生のためのコミュニケーション本!監修・指導に携わりました♪

画像4


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
神田裕子(心理/産業カウンセラー)

サポートをありがとうございます!これからも新しい情報を書き続けます。よろしくお願いいたします^^

毎日書けるかしらと挑戦しています。スキをありがとうございます!
神田裕子(心理/産業カウンセラー)
カウンセリング歴30年3万人以上の実績。立教大学21世紀社会デザイン研究科卒(修士)。専門は発達障害とカサンドラ症候群。『最高の考え方』他、著者。講演依頼は全国の官公庁を中心に年間300回を達成。 https://lit.link/psychologicalcounselor