見出し画像

おすすめ、秋の京都の巡り方

毎年、11月22,23日は京都に行くと決めている

何故22,23日なのかというと、なんとなく毎年訪れている感覚で、この2日が紅葉を楽しむのにハズレがないと思っているから(実際、この2日を中心に日程を組んでハズレたことがない)

秋の京都はどこを訪れても、本当に美しくて、1泊2日の滞在では満喫しきれない。数ある寺社仏閣と紅葉の美しさはもちろんだが、祇園界隈の風情のある街並みも、ゆったりと流れる鴨川も、京都ならではの見た目も美しい甘味も、京野菜を使ったおばんざいも、何もかもが心を満たしてくれて、何度訪れても「あぁ、この街に住みたい」と思う

唯一難点を挙げるとしたら、春・秋の京都はとてつもなく混む

それだけだ。秋に京都に訪れるといえば、京都人に「人でも眺めにきはるんですか?」と言われる、なんていうのはよく見る(聴く)話で、実際に京都を歩いてみれば納得をせざるを得ない話である

どこを歩いても人・人・人!道が混雑してバスや車は遅々として動かず、歩いた方がよっぽど速く目的地にたどり着く。観光地のご飯どころはランチタイム・ディナータイムになると待たずに入れる方がまれ

そんな秋の京都を少しでもゆっくりと楽しむために、毎年私が辿る、オススメ京歩きルートをお伝えしようと思う。ぜひ、参考までに

*

秋の京都の人混みを避けるためには、とにかく朝早くから動きだすに限る

例年、私は6:00前に京都駅に到着する夜行バスに乗って、京都を訪ねる。京都駅にたどり着いたらまず真っ先にやることは

①駅のお化粧室で化粧
②駅のコインロッカーに荷物を預ける

の2つ。あっと言う間に埋まる京都駅のコインロッカーも、早朝5時台だとさすがに選び放題入れ放題だ。荷物を預けたら、まっすぐJRの乗り場に向かい、山陰本線で嵯峨嵐山へ

私の京都初日の朝は絶対に嵐山

その理由はコレ

画像1

渡月橋から見る朝日

秋は渡月橋から望む朝日がことさらに美しい。渡月橋から東を望めば空を薄いピンク色に染める朝日、反対の西を望めば朝日に照らされた美しく色づく山々を眺めることができる

画像2

秋の朝の冷え込んだ空気の中、ゆっくりと昇ってくる朝日を眺めていると、なんとも形容しがたい気持ちになる。薄いピンクに色づいた空も、朝日の光に照らされた雲も、それを息を飲むように見守る人々も。何もかもが美しく、心が洗われる

*

朝日が昇ったのを見届けたら、静まり返った嵐山の街中を天龍寺方面へ

渡月橋近くのローソンは24時間営業なので、そこで朝ごはんを買って、適当な場所で簡単に腹を満たす(ちなみに嵐山は完全に観光地なので、このローソン以外のお店は大体、10:00開店か11:00開店。トイレに行きたくなったら、JR嵯峨嵐山駅まで戻るのが一番近いはず。)

小腹を満たすことができたら、そのまま天龍寺へ

私が、早朝に訪れる地として嵐山を選ぶ理由は、渡月橋からのぞむ朝日の他にもう一つ「とにかく朝日の光の入り方が美しい」というのが挙げられる

画像3

画像4

驚くほどに朝の光の入り方が美しくて、衝動の赴くままに、何も考えずに適当にシャッターを切ってもなんだか美しい写真が量産される

特に、その光の入り方が天竜寺は美しい。ひとしきり、天龍寺周りの紅葉を堪能したら、そのまま天龍寺のお庭へ。天龍寺のお庭は11月の間のみ早朝拝観の受付をしていて、朝の7:30から中に入れるのだ

画像5

画像6

日中になるとありえないぐらい人で溢れる天龍寺も、朝であればその静けさを満喫できる。ゆったりとその美しいお庭を眺めて、心が落ち着いたら、次の目的地へ向かう

画像7

画像8

ちなみに、日中お昼近くの激混み天龍寺はこちら↑この時間の方が空の青は美しく撮れるのだが、いかんせん人が多い。。。

画像9

嵐山といえば!な竹林を抜けて、向かうは常寂光寺

常寂光寺は、数年前、嵐山に紅葉を見に行くなら絶対に行くべきと母に勧められ、その魅力にはまって以来、毎年訪れているお寺さんだ。ここは9:00開門

画像10

画像11

こじんまりとした境内は、数十分もあれば周ってしまえるぐらいの大きさ

画像12

画像13

今年は紅葉が遅めだったので、まだ緑の木も沢山あったが、それでも美しい

画像14

常寂光寺の周辺には、他にも祇王寺や二尊院・化野念仏寺など、沢山のお寺さんがあるので、ぐるっと辺りを周ってみるのもおススメ

ここである程度時間を使って、嵐山の方へ戻ると、時間は大体11:00頃。ここで、嵐山周辺のオープンしているカフェで一息つき、また嵯峨嵐山駅から京都駅に戻る

食べられるなら昼食を嵐山で済ませてしまってもいいのだが、嵐山周辺のご飯どころはお昼時はとても混むので、よっぽど行きたいお店がない限りは京都駅まで出てから昼食をとるのがいい

京都駅に戻ってからは、毎年その時その時の気分で行動するのが私流

ただ、夜行バスで到着して朝から動きまわっていると、大体、この京都駅に戻ってきた時点でエネルギー切れを起こすので、ここで京都タワー地下にある大浴場に行くのがいい

大きなお風呂に浸かってゆーーーーっくりした後、お昼ご飯を食べて、河原町三条辺りの定宿に向かうべく、その通り道にある錦市場をウロウロ。チェックインの時間に合わせてホテルへ入ったら、そのまま仮眠をとり、夕方ごろから祇園周辺やライトアップを見に高台寺・清水寺あたりをうろつくことが多いかな

*

こんな感じで

早朝の嵐山を巡るルートは個人的に鉄板で、絶対的にオススメなので、来年以降京都に行かれるときの参考になさってくださいませ

秋の京都は美しい
一生に一度は足を運んでみることをオススメする


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

励みになります!
134
【毎日note更新中!写真&カメラ・旅・生き方について徒然と】Wedding photographer 上智大学→BBT大学社会人学生中退 / 正社員塾講師→アメリカ語学留学→フリーランス→正社員カメラマン / 経験と挑戦、自分の世界を広げ続けることが生きる意義 / #やわラボ

コメント1件

朝行動!全く同意です。最近は特に欧米旅行客が朝の魅力に気づき昔ほどではないですが、やはり日中とは大違いですよね!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。