kami/ (かみひとえ)

kami/ (かみひとえ)と読みます。手仕事の紙を残すため、「紙いちまいでできること」を探っています。303日の「世界の紙を巡る旅」を終え、本を出版しました。意味はなくても、わくわくすることを大切に。
    • 連載「足元」みそぎの暮らしごと

      里山で紡がれる日常の中で、 この地の人々の足元にあるもの。 ーーー 「足元」では、みそぎ地区の人たちへの取材を通して土壌にある文化や歴史、自然の移ろいを記録します。 このメディアが、自分の足元を見つめるきっかけになれば。この土地の言葉から、確かに立つための何かが見つかれば。 そう願います。

    • はじめに。

      kami / (紙一重)についての記事一覧。

  • 商品の画像

    紙の装身具(ピアス / イヤリング)

    ma couleur × kami/ 紙の装身具 世界各地の神をレジンで閉じ込めて、装身具を作っていただきました。 紙の繊維の濃淡やかたまりが透けて見えて美しいです。 全て1点ものです。 (左上)イヤリング・ラオスの saa paper 桃色 / 直径約3cm (左下)ピアス・ラオスの saa paper 桃色 / 直径約3cm (中上)イヤリング・ラオスの saa paper 緑 / 直径約3cm (中下)ピアス・ ネパールの lokta paper / 直径約3cm (右上)イヤリング・メキシコの amate / 1×1.5cm (右下)ピアス・メキシコの amate / 1×1.5cm いずれもロクタペーパーの箱に入れてお届けします。
    2,400円
    kami/(かみひとえ)
  • 商品の画像

    紙の装身具(ピアス / イヤリング)

    ma couleur × kami/ 紙の装身具 メキシコのアマテペーパーをレジンに閉じ込めて装身具を作っていただきました。 アマテ独特の樹皮の模様そのままのような繊維の模様がよく見えます。 2粒連なっているため、それなりに存在感があります。 全て1点もの。 ロクタ紙の箱に入れてお届けします。 (上)イヤリング 5×3cm (右)イヤリング 5×3cm (下)ピアス 5×3cm
    2,950円
    kami/(かみひとえ)
  • 商品の画像

    紙の装身具(ピアス)

    ma couleur × kami/ 紙の装身具 タイの saa paper の原料の繊維の片耳ピアスです。 小さなレジンの粒には金箔が入っています。 白い部分の大きさ:約7.5×4cm ※片耳分での販売となります ※こちらの装身具には箱がつきません
    1,800円
    kami/(かみひとえ)
  • もっとみる
固定された記事

紙いちまいで、できること。|kami/(かみひとえ)

01  Home 「紙一重」 それは、紙いちまいの厚さほどの僅かな違いのこと。 紙いちまいでできることの可能性に、わくわくし続ける。 紙いちまいの厚さほどの僅かな違い…

そこらのものに宿る 記憶と希望|連載「足元」vol.1 季羽敏江さん

「銭にならんことぎりよ。でも、なんとか生きとるけんな。」 里山で暮らす知恵や生い立ちをたっぷりと聞かせてもらった後、敏江さんが朗らかに言う。 「ちっとも金持ちには…

この土地での春を、初めて迎える|みそぎの春 2022

みそぎ地区の人たちへのインタビューや、季節の写真を掲載しています。

愛媛移住1年。未だにわたしはこの町と人がだいすきである

愛媛県内子町に移住してきて、もうすぐで1年になる。今日も今日とて、紙に触れ紙の話をした帰り道、しみじみと「ここに引っ越してきてよかったなぁ」と思う。 以前noteに…

連載「足元」|里山の土壌を作ってきた人たちの暮らしごとを記録する

最後に暮らす場所は、ここがいい。 移住先を探す中で この土地と出会いました。 愛媛県内子町の街なかから山道を車で走ること10分。「御祓(みそぎ)地区」は人口230名、…

「世界の紙を巡る旅」のアーカイブ

はじめに2022年2月20日をもちまして、「世界の紙を巡る旅」にまつわる全ての展示やトークイベントが終了しました!旅に出ると決めた2018年から旅の303日間と帰国後の2年間…