見出し画像

【おすすめマンガ】ゆるゆる鉄道旅行へ行こう! - 『ぱらのま』

ふらりと電車に乗って、どこかへ旅に出たくなることがありませんか?

私はあります。

というか、東京在住だった頃、ちょいちょい大した目的もないまま電車に乗り、あちらこちらを徘徊していました。

東京近郊は電車移動だけでも無限に楽しめますからね。

『ぱらのま』はそんなゆるい鉄道旅行の雰囲気を楽しめるマンガです。


----------

ぱらのま01-04

(引用:『ぱらのま』 / 白泉社 / kashmir / 1巻 p.51)

----------


作者はkashmir先生、白泉社のコミック誌『楽園』で連載中。

現在3巻まで発刊されています。(2020年6月現在)

ちょっと不思議な雰囲気のお姉さんが鉄道で旅をする、一話完結形式のゆるゆる鉄道旅行マンガです。


気合の入った本格的な旅行ではなく、大体は行き当たりばったりの日帰り旅やお気楽な一人旅。

例えば

・雰囲気を楽しみながら駅弁を食べたくなって、特急でお出掛け。

・無性に路面電車に乗りたくなって荒川線へ。

・ノープランで伊豆を一人旅。

という感じ。

その辺りが自分の好きな旅行スタイルと合致しているので、たいへん気に入っています。


----------

ぱらのま01-02

(引用:『ぱらのま』 / 白泉社 / kashmir / 1巻 p.9)

----------


主人公の独特な価値観や拘り、旅に関する視点の妙が大きな魅力。

旅についてのあれこれを、たっぷりと独白してくれます。

その価値観や独特の視点に、「わかる!」と共感したり、「そういう捉え方があるのか!」と感心したり。

お姉さんの何とも不思議な雰囲気と相まって、独特の空気感を醸し出している作品です。


----------

ぱらのま01-03

(引用:『ぱらのま』 / 白泉社 / kashmir / 1巻 p.28)

----------


余談ですが、私はマンガ『孤独のグルメ』の大ファンです。

『孤独のグルメ』と『ぱらのま』、どちらも根底にある”面白さ”の本質は同じなのかもしれない、と思っています。

『孤独のグルメ』は食事についての、『ぱらのま』では旅についての価値観や拘り・楽しみ方を、主人公の言動を通して描いています。

そして、その独特の価値観や拘り自体が作品の”面白さ”に繋がっています。

そのような人物達の日常、少し大袈裟に言えば生き様や”人生の幸福”といったものを描いている作品が、個人的に大好きなのです。


----------

ぱらのま01-07

(引用:『ぱらのま』 / 白泉社 / kashmir / 1巻 p.107)

----------


新しい価値観や視点を得ることは、旅の醍醐味の一つ。

この作品を読んでいると、その感覚を体感できる気がします。

マンガを通して自分もゆるく旅をしているような、そんな感じ。

読後にふらりと出掛けたくなる、おすすめのマンガです。



この記事が参加している募集

私のイチオシ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!
12
一生どうでしょうします! 北海道在住のどうでしょう藩士です。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。