不利な職務経歴のマイナス評価を緩和する方法がある

不利な職務経歴のマイナス評価を緩和する方法がある

ぴーなっつ🥜

こんにちは!ぴーなっつです。

ぼくは普段、美容クリニックに転職したい看護師を専門にキャリアサポートをしています。

職務経歴で損している人、いますよね。

例えば新卒で入職した病棟が、人手不足の影響で教育体制も整ってないし、残業が当たり前になってるし、人間関係も悪い。いつ事故を起こすかわからない状況。

こんな感じの環境だったら、早期退職の判断をするのがむしろ賢明な判断の感じさえしますよね。

でも大変悔しいことに、どんな理由であれ、早期退職は求職者の評価を下げる可能性が高いです。狂ってますよね。

でも現実問題としてそう評価されてしまう理由は、「本当のことは自分しかわからないから」なんです。

どんなに環境の方に問題があったとしても、それを主張するのが本人なのでなんとでも言える可能性があって、説得力に欠ける。

どんなに自分の判断が正しかったと主張しても、信憑性が出ないというわけです。

で、この問題を緩和できる可能性がある方法があって、それがエージェントに紹介してもらうことです。

ぼくら、クリニックさんに求職者さんを推薦するときは、ただ本人から預かった書類を提出するだけじゃなくて求職者に関する細かい情報共有をします。

「なんで推薦するのか?」とか説明するってことですね。

ここが自己応募との大きな違いです。

で、そのときに早期離職とかの経歴があった場合は、「どういう理由で早期離職に至ったのか」をぼくらからも説明します。

そこで「客観的に見ても正しい判断だった」ということを補足するわけですね。

こう言うのは、自分で言うより人から言ってもらったほうが信じてもらいやすいので、今回のテーマに該当される方は相談されてみてるとよいと思います。

自分で自分を推奨していくパターンになっちゃいました。すみません。

以上、参考になれば幸いです。

ご相談も受け付けてます。

キャリアサポートのご相談、受け付けてます。(月10名まで)美容看護師のキャリアについてお悩みを相談してみたい方や、具体的に求人案件を知りたい方などは公式LINEアカウント、またはTwitterのDMにてご相談ください。(完全無料。初回はオンライン面談。)
「直接相談するのはちょっと緊張する、、」という方は質問箱でご質問いただいてもokです。

●LINEで相談

「頻出質問への模範回答」をご紹介してます。

「なにが正解なのかわからない・・」と悩んでしまうような、面接でよくある質問への具体的な回答例をご紹介してます。(有料)
転職サイトでよく紹介されている「漠然としてて使えない例文」ではなく、実際に面接で使えるレベルまで具体化していて、しかも好印象を得られる回答例を考えました。
ぼくが採用担当として3000人と面接し、100人の看護師のマネジメントをしてきた経験に基づいて「受かるポイント」をおさえた内容になってますので、どうぞ面接対策にお役立てください。

匿名で参加できるトークルーム

美容看護師同士で話せるトークルームを運営してます。(LINEのオープンチャット)
あなたの今の悩みは「自分の一歩先」を経験している方が答えを持っていることも多いので、是非こちらも参加してみてくださいね。
出入り自由。匿名で参加できます。

●オープンチャット「美容クリニックに就職したい看護師」に参加する
●オープンチャット「美容クリニックで働いてる看護師」に参加する
●オープンチャット「新卒で美容クリニックに就職したい看護学生」

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
うれぴーなっつ!
ぴーなっつ🥜
『美容クリニックに就職したい看護師』専門エージェント。 単なる「職業紹介」だけではなく、①キャリア設計のアドバイスと②志望クリニックからの内定確率を高めるサポートをしています。ノートでは、求職者さんからご相談に対する回答や、ご要望いただいたテーマに関する記事を投稿しています。