ぴーなっつ🥜
新卒で美容クリニックに内定できた看護学生の話し方。
見出し画像

新卒で美容クリニックに内定できた看護学生の話し方。

ぴーなっつ🥜

こんにちは!ぴーなっつです。
ぼくは普段、美容クリニックに転職したい看護師を専門にキャリアサポートをしています。

前回は「新卒で美容クリニックに内定できた看護学生の共通点」ということでお話ししてきました。

今回も続きをやってきたいと思います。

笑顔を絶やさないで話せる

今回は主に面接での対応に関する内容になると思います。

まず、基本的に「笑顔で会話」ができています。

面接で「笑顔で会話」ができない人はまず落ちますので、目指してる人は頑張って身につけてくださいね。

ちなみに、ある程度のレベルの接客業では業務の中に顧客満足度を維持するためのミッションが含まれています。

なので、そのような仕事を普段から経験している人は、面接でも自然に笑顔で話すことができる可能性が高いです。

その意味でも学生時代の接客経験は大変アドバンテージになると言えます。

簡潔に説明ができる

質疑応答の場では、「とにかくわかりやすく回答する」が指標です。

じゃあどんなのがわかりやすい回答なのか?というと、「簡潔」な回答です。

質問対して的確に回答できてないと感じると、どうしても付け足し付け足しで、長々としゃべってしまいがちなんですけど、これは超危険。

元々、まとまってない内容なのに、さらに長くなることでより「伝わらない話」になってしまいます。

そうすると、結局面接が終わった後に印象が残りません。

「話の長い人は嫌われる」とよくいいますけど、面接でも全く同じ。

面接は「発表会」ではなく会話なので、端的に話せる人が好まれますが、内定をもらえた就活生はこれができてます。

質問の答えになっている

「質問に答える」というと当たり前のように感じますけど、意外とできてないことが多いやつです。

例えば、

「なぜ美容看護師になりたいんですか?」

という質問に対して、

「コンプレックス体験を活かして、悩んでる患者さんを助けたいと思いました。ひとりでも多くの患者様を笑顔にしたいと思っています」

みたいな回答をしたとします。

「なぜ?」という質問に対して「〜したいと思ってます」という結論になっているので、質問した側からすると少し意味が分かりにくくなります。

(ここでは文章なのと、短い例なのでそんなにですが、口頭だと余計分かりにくくなります)

内定できた就活生は、「〜だからです」で終わらせることができています。

といったところで、今回はここまで。次回に続きます。それではまた!

ご相談も受け付けてます。

キャリアサポートのご相談、受け付けてます。(月10名まで)美容看護師のキャリアについてお悩みを相談してみたい方や、具体的に求人案件を知りたい方などは公式LINEアカウント、またはTwitterのDMにてご相談ください。(完全無料。初回はオンライン面談。)
「直接相談するのはちょっと緊張する、、」という方は質問箱でご質問いただいてもokです。

●LINEで相談

「頻出質問への模範回答」をご紹介してます。

「なにが正解なのかわからない・・」と悩んでしまうような、面接でよくある質問への具体的な回答例をご紹介してます。(有料)
転職サイトでよく紹介されている「漠然としてて使えない例文」ではなく、実際に面接で使えるレベルまで具体化していて、しかも好印象を得られる回答例を考えました。
ぼくが採用担当として3000人と面接し、100人の看護師のマネジメントをしてきた経験に基づいて「受かるポイント」をおさえた内容になってますので、どうぞ面接対策にお役立てください。

匿名で参加できるトークルーム

美容看護師同士で話せるトークルームを運営してます。(LINEのオープンチャット)
あなたの今の悩みは「自分の一歩先」を経験している方が答えを持っていることも多いので、是非こちらも参加してみてくださいね。
出入り自由。匿名で参加できます。

●オープンチャット「美容クリニックに就職したい看護師」に参加する
●オープンチャット「美容クリニックで働いてる看護師」に参加する
●オープンチャット「新卒で美容クリニックに就職したい看護学生」

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
うれぴーなっつ!
ぴーなっつ🥜
『美容クリニックに就職したい看護師』専門エージェント。 単なる「職業紹介」だけではなく、①キャリア設計のアドバイスと②志望クリニックからの内定確率を高めるサポートをしています。ノートでは、求職者さんからご相談に対する回答や、ご要望いただいたテーマに関する記事を投稿しています。