【必読】今、キャラクターでのマーケティングが注目されています!
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

【必読】今、キャラクターでのマーケティングが注目されています!

キャラクターマーケティングオフィス

2020年は、春先から新型コロナウィルスが世界中で流行し大変な騒ぎになりました。まだまだおさまっていないので、油断は禁物です。

日本でも2020年4月に最初の緊急事態宣言が出て、その際は通勤通学をはじめとした日常の光景が一変しました。現在はだいぶ慣れてしまいましたが…。

そんな状況の2020年4月。企業の現場ではそれまで検討していた様々な案件がストップしたり、見送られたりしました。
例えば、WEBサイトの制作や動画制作が中止や延期になったりしました。先が見通せない状況の中で、誰もが不安になり、守りに入りました。請負った会社は、急なキャンセルや期限が決まらない延期などを強いられて大変でした。

しかし、2020年7月、8月頃には、インターネットに関連した案件は徐々に復活しました。勤務形態がリモートになり、今まで以上にWEBサイトやECサイト、SNSでの情報発信などが強化されたのです。
事実、知人のWEBサイト制作会社は、リアル店舗の苦境が続く中、月々の売上を伸ばしています。

企業はコロナの影響で、一瞬動きが止まったものの、その後は、デジタル関連を強化する流れになりました。

対面での営業活動を補うべく、今まで以上にWEBサイトやSNSでの集客に力を入れ始めたのです。

こういった状況と連動するように、「キャラクター」の活用も見直されました。それまでは、“そこに載っているとカワイイから”とか“前からいたから…”とか、『何となく使っていた』自社のキャラクターを、WEBサイトなどの見直しと合わせて、あらためて考えるようになったのです。新規にキャラクターを制作する会社も増えてきました。当然の流れだと思います。

キャラクターを使ったマーケティングは、他でもそうであるように『型』があります。活用する際の基本的なパターンです。何事もそうですが、行き当たりばったりで展開していると、すぐに行き詰まります。

キャラクターを使って情報発信することは、会社や製品・サービスのブランディングにつながるので、本来はキチンと計画して実行されなければなりません。その部分が手薄な会社はまだまだ多い印象です。

弊社はキャラクターマーケティング専門のコンサルティング会社です。新規でキャラクターを制作し活用するためのアドバイス、また既存のキャラクターのリ・マーケティングなどのアドバイスをしています。キャラクターは、有益なビジネスツールです。キャラクターを使われている会社のご担当様は、再度見直されることをおススメします。

私は以前20年以上玩具メーカーに勤務していました。玩具のマーケティングや自社ブランドの管理、もちろんキャラクタービジネスにも様々に関わりました。その経験を活かして、現在は、キャラクターマーケティングコンサルタントを名乗り、キャラクターを活用したマーケティング、ブランディングのお手伝いをさせていただいています。

キャラクターを活用して、楽しくマーケティングしましょう!!

キャラクターの活用でお困りの際は、是非お気軽にご相談ください。
お問い合わせはコチラ


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
キャラクターマーケティングオフィス

よろしければサポートを是非ご検討お願いします。活動費に使わせていただきます。

スキ、ありがとうございます!
キャラクターマーケティングオフィス
キャラクターマーケティングオフィス合同会社の代表のnoteです。 昭和の東京の風景と当時の世相風俗に興味があります。 1960年代生まれとして、昭和のカルチャーを後世に伝えたいと思っています。