好きなことしかやらない私の仕事術

7

一切妥協なし!会社で働きながらブログやnoteの執筆を毎日継続する、本気テクニック

今ではWebメディアディレクターのプロ助っ人(フリーランス)である私ですが、以前は新人賞受賞を目指し、小説を毎日書き続ける生活を、5年ほど続けていました。

私は残念ながら芽が出ませんでしたし、作家よりもたくさんの人に文章を読んでもらえる手段を見つけてしまったので、途中で戦略的撤退をしましたが、文章を仕事にする上での揺るぎない自信に繋がった経験です。

ブログでもnoteでもなんでもそうですが、継

もっとみる

Nikon Z6を買ったぞ

Nikonのフルサイズミラーレスカメラ「Z6」を購入しました。

左が、今回新しく入手した、「Z6」。レンズは、標準ズームの「NIKKOR Z 24-70mm f/4」を装着し、合計1,175g。

軽過ぎる。別次元。

右が、今まで使っていたAPS-C一眼レフカメラ「D7000」。レンズは、高倍率ズーム「AF-S DX NIKKOR 18-200mm f/3.5-5.6G ED VR II」で、

もっとみる

急成長メディアの “ライター採用&育成” 担当が教える、プロライターとして独り立ちするための5箇条【購入特典:執筆記事添削チケット付】

私が2019年春までディレクター(制作総指揮)を務めていた、国内最大のディズニーWebメディア『ウレぴあ総研(ディズニー特集)』。

ライター(常時15〜20名前後)の採用と、育成は、私が一手に担っていました。

文章力不問&未経験者をライターとして積極採用しているにもかかわらず、メディアは急成長

最優先の資質は、ディズニーマニアであること。

TDRの年パス所持は当たり前で、それ以上の「何か」

もっとみる

絶対に採用されないライター/4つのポイント

私がディレクターを務めるメディアで、ライター/カメラマンの募集を開始しました。

【ライター & カメラマン募集】「ディズニー特集」で活動したいディズニーマニアを募集します!【応募2/29必着】

順調に応募いただいているのですが、一目見ただけで、「これは不採用」と即断できるケースがあるので、ざっとまとめてみたいと思います。

1. 応募資格を満たしていない

応募資格というのは、メディア側にして

もっとみる

試写会から、Webライティング講座へ

ディズニー/ピクサー最新『アーロと少年』試写会。

すでに「ウレぴあ総研」ではレビュー記事を上げているんですけど、

【Disney/Pixar】『アーロと少年』試写レビュー ピクサーならではの最新3DCG技術&「冒険と友情の物語」は必見

最新CG(冗談抜きで、実写にしか見えない)で描かれる、美しすぎる大自然と、ピクサー(『トイ・ストーリー』『モンスターズ・インク』『カーズ』『ファインディング・

もっとみる

私がライター業をやめない理由

収益効率が悪いので、最近はあまりライターとして寄稿するケースが少ないのですが、ディズニーと、子連れネタは別です。

【雪育】子どものスキー&スノボがぐんぐん上達!「舞子スノーリゾート」厳選キッズスクール3つ【受講レポ】 http://ure.pia.co.jp/articles/-/52100

たとえば、2/5(金)に公開された、こちらの記事の場合。

舞子スノーリゾートのキッズ向けスク

もっとみる