見出し画像

フリーウエイトのメリットデメリット

k_multi_bonds

今回はダンベルやバーベルなどのをつかって行うフリーウエイトトレーニングの特徴と、メリットデメリットをお伝えしていきたいと思います。

別の記事ではマシントレーニング、自重トレーニングのメリットデメリットも解説していますので、そちらも是非ご覧くだい。


では本題に移りましょう。今回はダンベルや、バーベルに注目していきたいと思います。一番の特徴としては、重りが固定されておらず軌道も自分の思うがままになるまさに「Free weight」なのが特徴と言えます。この特徴から、大きなメリットとして、全身の筋肉や体幹が動員されると言うことです。例えばバーベルをまっすぐ上げて下ろすだけでも様々な筋肉を動員してコントロールしなければならないからです。

2つ目のメリットとしては、軌道が自由なので、トレーニングのバリエーションが豊富にあるということです、軌道を変えることにより筋肉への刺激が変わり、理想のボディーメイクへと繋がっていきます。

反対にデメリットとして、怪我のリスクはマシントレーニングに比べて高くなります、特に初心者の方がいきなり重い重さでトレーニングすると、さらにリスクが高くなります、しっかりとコントロールできる重さで行わないと怪我をしてトレーニングができなくなるので注意しましょう。

もう一つのデメリットとしては、フォームや使っている筋肉をしっかりと意識しないと効果が薄れてしまう。と言う点です。自分がどこの筋肉を鍛えたいのかを意識しないと、背中のトレーニングなのに腕に刺激が入ったり、、、と思ったように筋肉に負荷をかけることができません。

始めてフリーウエイトに挑戦される方は是非ジムのスタッフの方にフォームを教えてもらいましょう。

まとめると、

○メリット
1つのトレーニングで様々な筋肉が動員される

トレーニングのバリエーションが豊富

○デメリット
怪我のリスクは少し高い(特に初心者には)

使っている筋肉とフォームをしっかりと意識しないと効果半減

以上がフリーウエイトトレーニングのメリットデメリットになります。

各トレーニングのメリットデメリットを、考慮して、自分のメニューを、組み立てて見てくださいね!

youtube にて運動、健康、ダイエットに関しての動画を配信しております、是非一度足を運んでください!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!