(本)「読む」だけで終わりにしない読書術 1万冊を読んでわかった本当に人生を変える方法
見出し画像

(本)「読む」だけで終わりにしない読書術 1万冊を読んでわかった本当に人生を変える方法

ずん

読書術本の紹介が続きます。

ちょっと、受験勉強の方法論の本ばっかりに詳しくなって、成績があがらない学生のようになりつつありますが・・・その辺は置いておいて 笑

YouTubeでご覧になったことがあるかもな「たけみ」さん「りょう」さんの共著。

読書術を紹介するとともに、両人が実際に本から情報を得、実践してみて効果が高かった生活習慣を紹介してくれています。さらに、本書の最後にはお二人が進める神本3冊について、という内容になっています。

どんな習慣?と気になるところかと思いますが、

散歩、睡眠、運動、食事、瞑想

と、この手の本を読んだことのある人であれば皆知っているであろう内容です。

ただ、本書の特徴的な点は

情報収集したら実践して生活がよくならないと、意味ないよね

というスタンスをつらぬいてるところかと思います。

小説や学術書等は置いておいて、メソッド紹介系の本であればその通りですよね。

ご本人が書いたメモも写しが掲載されています。

字もちゃんと汚くて、生々しい(失礼)


非常に読みやすい1冊でした。

自分もどちらかというと「知識を得ただけで満足」してしまいがちなので、実践・振り返り・改善のサイクルを回していかねばと。そのためにも、まずレコーディングですね。

DaiGoさん始め、生産性の高い人は好奇心旺盛というか、自分を実験台にして色々試している方が多いなという印象です。

確かに実際に行動することにはハードルがありますが、それを乗り越え実践・改善を繰り返しているからこそのご活躍なのでしょうね。


読書術難民におすすめの1冊です。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!
ずん
国立大学理系大学院卒の会社員。いわゆるインフラ業界。現在、社会人ドクター(工学。土木、防災関連)。読書、効率化、旅行、DaiGo、パレオさん、断捨離、心理学、マラソン、トレラン。向学心・知識欲強め。若干心配性気味。読みきれないのに本を買ってしまいがち。妻娘1人。