見出し画像

ベランダで本気で野菜を作ってみる? ⑤ 咲いた咲いた、トマトの花が!!さっそく植え替え大作戦。

4月の最初に始めたベランダで本気に野菜を作ってみたの経過報告を。
今のところおかげさまでとっても順調。
ナスは、、植えつけて2週間目が、こんな感じだったのが、、、

画像1

こんな風に葉も増えて、ひとまわり大きくなっているのわかります??
ベランダの中で一番大きな鉢に植えてあるので、だんだん存在感が出てきました。
でもナスは、秋ナスまで頑張りたいですからね〜。ちょっと優遇しています(笑)
そして、他の野菜達も順調。
あの仮植えだったミニトマトも蕾がつき始めたようです、、、、

画像2

植え付けから1ヶ月経つと、、


画像3

キュウリも葉が大きくなり、しかも真ん中にクルクルって、ツルっぽいものもできてきました。

そしてピーマンは、ほら、、もう花芽が見えてきました。
野菜って、「蕾⇨花⇨実」になるわけですから、
この花が咲くってことは、実がなるってこと(予定)ですから
なんだかそれだけでもワクワクと嬉しくなりますよね。
このくらいから、野菜作りの楽しさがだんだん湧き上がってくるのです。

画像4

そして、いよいよいよ、、、、
仮植えしていたミニトマトも見違えるように茎がしっかりと太くなって、、、

画像5

が見えてきました!!
そう!いよいよ定植の時期です。
振り返ってみると4月は気温が変動しており、その際に寒さに当たって
苗も弱ってしまったものもあるかと思います。すごい強風の時もあったし。
その間、ひとまわりだけ大きな鉢に植えてビニールの袋に入れて簡易温室の中で
養生
させておいたおかげで、低温の被害も受けずに元気いっぱいに育っています。

  

画像6

さっそく定植してみた!


前回も紹介したトートバックのセット商品にミニトマトの一つを植えてみることにした。ホームセンターのコーナンで購入。
これで鉢と土がセットになっているのだから、お買い得。

画像7

説明書を見ながら、ペットボトル8リットル分の水を少しずつ入れていきます。
固まっている状態から水を含み少しずつ膨らんで行きますが、
途中で、手を突っ込んで水が十分に行き渡り完全に膨らむようにしました。
こんな感じに袋の上の方まで土が上がってきます。

画像8

そして苗を仮植えしていたポットから出してみると、こんな風にがちゃんと下まで伸びていました。このままにしておくともっともっと根で白くなっていたことでしょう。根を崩さずにそのまま、ほぼ中央に植え込みます

画像9

そして完成。
ベランダの定位置に移してから、袋の下の方を、ドライバーなどで穴を数カ所入れて水抜き穴を作ります。そうしたら、水がどんどん流れていきました!
しばらくは水やりが必要そうもないですね。
そして翌日にはさっそく開花。
第一段目の房となる花です。
これから、二段目、三段目、、、と段数が増えていき、大体10段目くらいまで。
一段に10個くらい実がなるとしたら、、、100個実がなるってこと!?
楽しみですね〜〜。食べ切れるかしら、、、と今から心配してみたりして。

ちなみに、トマトの花がついている方を、手前に植えましょう。
なぜならば、今咲いている花と同じように2段目も3段目もずっと同じ方向にしか花が咲かないから。うっかり実を取りにくい方向に植えてしまうと、収穫が大変になってしまいます!

*ちなみに、5月の連休過ぎの今は、買ってきたポット苗をそのまま本ちゃんの容器に定植して大丈夫ですよ!!

画像10

最後におまけ

さて、この葉っぱ、、、、なんの植物でしょうか??
きっと皆さんも好きな植物であるはず。
答えは、次回、、、笑。

画像11

そして、JunTubeの第3弾も配信始めました。
どうぞご覧ください。
毎回少しずつ植物にまつわるエピソードなどを紹介。
そして詳細は、こちらのnoteにて解説しています。
どちらも登録、よろしくお願いいたします!

「記憶の中にある花 〜パンジー」
https://note.com/juliniwa/n/n68201a8a7c8c


この記事が参加している募集

おうち時間を工夫で楽しく

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!よろしければシェアお願いいたします❣️
11
園芸家。レモン研究家。家庭園芸、園芸療法を通じて年齢に関係なく楽しめる植物育て、庭づくりを提案し続けて20数年。人と植物と自然をつなげるファシリテーターになれたらと思いつつ、日々人と自然を観察中。 https://www.juliniwa.com