じょうろが考える骨格診断の使い方

3

骨格診断だけでも、お肌がきれいに見える?

お肌をきれいに見せたい時は、似合う色を身につける。こう思っている方が非常に多いと思います。それはもちろん正解です。

ですが実は、骨格診断で導かれた得意なアイテムを身につけると、それだけでもお肌がなめらかにキレイに見えるのです。不思議だと思いませんか?

人の目には、理由はわからずとも瞬時に「調和」「不調和」を判断する力があります。何かしらの不調和があるとそこで視線がとまり、スラっと見えなかったり

もっとみる

その2 たった3タイプなのに奥深い骨格診断

「その1 たった3タイプなのに奥深い骨格診断」でご説明したストレート、ウェーブ、ナチュラルの3つの骨格タイプ。

とかく全体の雰囲気(ラフ、フェミニンなど)に注目しがちですが、例えば、スカーフ1つとっても、生地感、柄の種類や大きさによって得意不得意があり、これを上手に活用すると、例えば苦手なタイプの洋服を着こなす時のヒントになります。

ストレートが得意なスカーフのイメージ:

ウェーブが得意なス

もっとみる

その1 たった3タイプなのに奥深い骨格診断

持って生まれた筋肉、脂肪、関節の質感。これらのうち、何の印象が優位になるかによって、実は得意とする(似合う)洋服の素材感とデザイン(全体のシルエット、袖や裾の長さ、装飾度合い、柄)が変わってきます。
じょうろでは「ストレート」「ウェーブ」「ナチュラル」の3つに分類します。 似合うものは、服が主役になるのではなく、その人自身の魅力を大きく、でも自然に輝かせることが出来ます。そして、この考え方を応用し

もっとみる