じょう

    • じょうプレゼンツ逆噴射小説大賞応募作品集

      逆噴射小説大賞2018応募作品をまとめておきます

ひぐらしのなく頃に業の旧作との決定的な相違点を予想する

現在行われている「ひぐらしのなく頃に業」と呼ばれる一連の事件について、旧ひぐらしとの相違点を予想してみたのでここにまとめる事にする。 なお、当然ひぐらし業及び旧…

1年前

静寂なる殺意の空転

カチ、カチ、カチ。 秒針の音が響き渡る。現在時刻は早朝の4時。まだ用意された客室から抜け出てくるものはいない。”私”以外は。 カチ、カチ、カチ。 ”私”は食堂に備…

1年前

等価交換殺人

俺は手の震えを抑えながら、指定されたカフェの一席に着いた。指定された赤いキャップに、グレーのパーカー。相手の格好は緑のシャツに、デニム。出された水に手を付ける。…

2年前

力士が飛んだ日

力士が大型化を始めたのは19世紀初頭の事だった。それまで単純労働のためのものと思われていた力士たちは【運輸】という新たな土俵に立った。 レールを必要とせずあらゆる…

2年前

OA機器・オブ・ザ・デッド

「おい!加藤の奴はコピーにいったい何十分かかっているんだ!」 関根課長の怒号が響く。キャンキャンと煩い男だ。オフィスの面々は俯いたままただ怒りが過ぎるのを待って…

2年前

名探偵には遅すぎる

結論から言えば、私の黄龍館への到着はあまりにも遅すぎた。 これが小説の世界であれば、「名探偵とは遅れてくるものだ」などと気の利いた文句のひとつでも与えられること…

2年前