時間堂スタジオリノベーション

2014年、東京の劇団がスタジオを持つまで http://jikando.com/

時間堂スタジオリノベーション

2014年、東京の劇団がスタジオを持つまで http://jikando.com/

    マガジン

    • 時間堂スタジオリノベーション日記

      時間堂という小さな劇団が、たくさんのひとびとのちからを借りて、自分たちのスタジオを改装した軌跡です

    • 火曜更新・時間堂、年商1億プロジェクト

      やや誇張、意外と本気の新米シャチョー奮闘記です たぶん、毎週火曜くらいに更新されます 合同会社時間堂 代表 大森晴香

    • 時間堂 会社になる

      時間堂という劇団が、ホージン化するまでの道のりです

    最近の記事

    作品が大きいってそもそもどういうことなのよ(実話Part3)

    【毎週火曜更新・時間堂、年商1億プロジェクト33】時間堂プロデューサー大森晴香です。ごきげんよう。 連載1周年だよおめでとう私っ…というわけで、お蔭さまでまるまる1年です。むらっけのある更新にも拘らず、どうにかこうにか続けてこられたのは、皆さんからの「読んだよ」ってお声がけやスキ、シェアなどのリアクションがあったからです。まじで。ありがとうございます。 スキの反対は無関心だなんて言われ古した言葉ですけど、書いても書いてもなんの反応もかえってこなかったら、もっと早くに心折れ

      • 関わる人が多いと何が大変なのよ、というお話(実話part2)

        【毎週火曜更新・時間堂、年商1億プロジェクト32】時間堂プロデューサー大森晴香です。ごきげんよう。昨日8月23日の十色庵はDr.MadBOYと劇団晴天のサマーバケーションという公演の初日でした。夏祭りがやりたい若者たちが、演劇を2本とやきそばとかくだもの飴とか売ってます。キッチンがある十色庵ならではの使い方をしてくれて嬉しいです。劇中でもじゅーじゅーいうシーンがあって、個人的にはそこでいい匂いを出してるアレが一番食べたいです。とか言ってたら、今日から売店に並ぶようになったらし

        • 劇場が大きくなると何が大変なのかというお話(実話)

          【毎週火曜更新・時間堂、年商1億プロジェクト31】時間堂プロデューサー大森晴香です。ごきげんよう。火曜日に書いてるよ。前回のノートで「たいへんだったなぁぁ」とざっくりまとめた時間堂シリーズ発掘02『ゾーヤ・ペーリツのアパート』について、もうちょっと深く振り返りますよの第1回です。 前回の時点で、大きくなったことをまとめてみました。 ①劇場が大きくなった(前回は100名キャパ→今回は200名キャパ) ②座組が大きかった(座組とは、公演に関わるメンバーのこと) ③作品が大きか

          • 【お詫び】毎週火曜連載を再開するする詐欺の時間堂P大森晴香です。楽しみにしてくださってるかたがひとりでもいらしたなら、ほんとに申し訳ありません。 絶賛人生迷子なう、です。公演が終わって灰になりそう。 来週には再開できる思考を取り戻したいと思います。

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 時間堂スタジオリノベーション日記
            時間堂スタジオリノベーション
          • 火曜更新・時間堂、年商1億プロジェクト
            時間堂スタジオリノベーション
          • 時間堂 会社になる
            時間堂スタジオリノベーション

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            「あっ!」という間に

            【毎週火曜更新・時間堂、年商1億プロジェクト30】時間堂プロデューサー大森晴香です。ごきげんよう。お蔭様で、時間堂シリーズ発掘02『ゾーヤ・ペーリツのアパート』終演いたしました。たくさんのご来場、応援、ありがとうございました。なんと1,024名様もいらっしゃいました!ツアーを除けば最多動員数です。6ステージしかない短期決戦、がらがらな夢に何度もうなされた7月でしたが、ふたを開けてみたら本当にたくさんの方々にお越しいただけました。 個人的には、中学・高校の同級生から大学時代の

            春休みの宿題の答え合わせその2

            【毎週火曜更新・時間堂、年商1億プロジェクト29】時間堂プロデューサー大森晴香です。ごきげんよう。時間堂シリーズ発掘02『ゾーヤ・ペーリツのアパート』チケット発売しました。ひゅーひゅーぱふぱふっ。 この「チケット発売」とか「一般予約開始」というのが制作にとってはひとつのでっかい「やま」で、これを乗り越えたあたりからやることの質や体制が変わる時期だと思っています。 私がやってるプロデュースとか制作と呼ばれる仕事は、創作とは仕事の「やま」が違う時期にやってきます。時間堂は比較

            春休みの宿題の答え合わせその1

            【毎週火曜更新・時間堂、年商1億プロジェクト28】時間堂プロデューサー大森晴香です、ごきげんよう。1か月ぶりの更新でも「毎週」を堂々と謳ってやります。Twitterはほそぼそやってまして、つい昨夜もこんなことをつぶやいたばかりです。 そんなわけで(どんなわけだ)この1か月ずっとずっと気にかかってた宿題に今日こそ着手します。その宿題とは、公演直前あるいは初日明けないと予約が伸びない!という積年の課題です(ことの経緯を最初から読みたい方は「超・具体的な小劇場の課題と対策」→「チ

            フィクションは現実を超える力になり得るか

            【毎週火曜更新・時間堂、年商1億プロジェクト28】時間堂プロデューサー大森晴香です、ごきげんよう。制作のノウハウとか実験について書こうと思っていたのだけど、ちょっとお休みします。今日は、「演劇という虚構の世界には、現実で起きるさまざまな事象を乗り越えるパワーがあるのかどうか」をどうしても考えたい。 昨日、仲良くしているご近所さんに急な不幸がありました。身近なひとを亡くす、という言葉にならない体験をしたときに、演劇にできることはあるのでしょうか。熊本と大分を中心に未だ続く地震

            【おわび】火曜更新を謳っている連載中の『時間堂、年商1億プロジェクト』ですが、水曜になったにもかかわらず1文字も書けておりません。明日には発信できたらと思います。 筆者、腹痛なうです。申し訳ありません。おやすみなさいませ。。。

            どうやったら観たことも聞いたこともないものが売れるのかって命題

            【毎週火曜更新・時間堂、年商1億プロジェクト27】時間堂プロデューサー大森晴香です、ごきげんよう。花散らしの冷たい風の火曜日でしたねぇ。今日は時間堂シリーズ発掘02『ゾーヤ・ペーリツのアパート』で縦横無尽に活躍してくれるであろう素敵な若者たちと秘密の会合を開きました。いやー頼もしいっす。ひとりでは到底できないことがチームならできるんじゃないかって明るい未来を見ましたよ。全貌はまたの機会にお披露目したいと思います。 さて。 なんと!fringe watchで先週の記事「チケ

            チケット予約の波を前倒すための考察

            【毎週火曜更新・時間堂、年商1億プロジェクト26】時間堂プロデューサー大森晴香です、ごきげんよう。春ですね。うちの堂主が商売道具には金をかけろと書いてていいこと言うなーって思ってたら最終的には物乞い記事でした。うん、正直だね。私にとっての商売道具、それは指先です。パソコンも制作グッズも大事だけどね、それを扱う指先が死んでると行動に自信がもてなくなる。あと、やっぱり身体そのものが商売道具だなぁと、年中五月病みたいだった後厄の去年を振り返って痛感します。気力と体力ってどっかで配っ

            公演は誰のもの???

            【毎週火曜更新・時間堂、年商1億プロジェクト25】時間堂プロデューサー大森晴香です、ごきげんよう。本番続きの3月が終わろうとしています。無断休載はんたい!…今週からほそぼそ復活します。よろしくお願いします。 さてさて、この2週間なにしていたかというと、商業演劇の当日運営と小劇場の制作協力で奔走しておりました。その間に時間堂レパートリーシアター3月が過ぎ去っていき(ご来場くださった皆様、ありがとうございました)、7月本公演やワークショップ、4月以降のレパートリーシアターなどな

            肝心なところで発揮できないちからってな~んだ?

            【毎週火曜更新・時間堂、年商1億プロジェクト24】時間堂プロデューサー大森晴香です、ごきげんよう。最近、このnoteを読んでくださってる方々からのリアクションを立て続けにいただいて、ひとりほくそ笑んでおります。しめしめ。 前回の「超・具体的な小劇場の課題と対策」記事があるある的な共感をいただいたり、具体的なのは課題だけぢゃないか対策も具体的に書いてよ、てなリクエストをいただいたり。これは近い将来に掘り下げますのでしばしお待ちくださいまし。 今日は、ソトヅラよしこちゃんな自

            超・具体的な小劇場の課題と対策

            【毎週火曜更新・時間堂、年商1億プロジェクト23】時間堂プロデューサー大森晴香です、ごきげんよう。お蔭さまでまいかプロデュース、大盛況のうちに幕を閉じました。毎回キャンセル待ちの番号を出す、というのは文字通り嬉しい悲鳴でしたねぇ。 ※3/2水1015にひとつ追記しました 時間堂以外の団体に関わる数をかなり減らしている昨今の私ではありますが、このタイミングで、外部団体で気づいた課題の「傾向と対策」を考えてみようと思います。あ、まいかプロデュースのことだけじゃないよ、演劇界全

            制作と製作

            【毎週火曜更新・時間堂、年商1億プロジェクト22】時間堂プロデューサー大森晴香です、ごきげんよう。しれっと木曜日。 昨日、制作協力している「まいかプロデュース」の『泥沼リリー』が無事に初日を迎えました。時間堂のお客さんからご予約いただいたり、SNSでご声援いただいたりして、そのたびにおおっとなっています。 私は出演しない裏方なので、お客さんは私を観にくるわけではありません。きっと、私が奨めるものはおもしろいんだろうとか、私をいっちょ応援しにいこうとか、そういう動機で行動を

            きみもPになれる、かもしれない(今度こそ)

            【毎週火曜更新・時間堂、年商1億プロジェクト21】時間堂プロデューサー大森晴香です、ごきげんよう。日付変わって明日12日(金)は時間堂レパートリーシアターin横浜の初日です。13日(土)は千秋楽です。一瞬だ。お見逃しなく。『人の気も知らないで』(作:横山拓也/脚色:黒澤世莉)と『ヂアロオグ・プランタニエ』(作:岸田國士)の豪華二本立てだよ。そして女優祭だよ。個人的には、とっても一生懸命英語字幕を作ったので(註:翻訳はやってません。あくまで字幕加工。)、ぜひ実物を観にきてねぎら