見出し画像

まちづくりとゲーミフィケーション~まちづくり学習ボードゲーム制作

 こんにちは、ゲーミフィケーション賢者Lv98の”きっしー”です。

勝手にゲーミフィケーション大賞~2020に入賞した、

サービス名:まちづくり請願ボードゲーム「僕らの基地がほしいんだ~議会を動かす12ヶ月~」
(6時の公共まちづくり学習教材開発プロジェクト)
概要:「まちづくり学習」のためのボードゲーム型教材。2020年発売
受賞理由:
作ったのは自治体職員たち。2022年度以降の高校授業の「公共」導入を見据えた、中高生に向けたボードゲーム教材。ゲームでは、自分たちの「秘密」を守れる公園が欲しい小学生たちが、議会に請願(せいがん)書を提出するまでを描く。「じぶんごと」にすることが学びです。
https://www.jgamifa.jp/award2020

画像1

 私が世話人を務める勉強会にて、「公務員がボードゲームをつくった訳」とのテーマで、仁平(にひら)貴子さん(NPO法人6時の公共 代表)にご講演頂きました。

その内容が、ゲームwebメディア4gamerにて、記事化されましたのでご紹介します。

地方公務員が市民の社会参画を促すボードゲームを開発。「ゲーミファイ・ネットワーク 第13回勉強会」聴講レポート
https://www.4gamer.net/games/999/G999905/20210125063/

(おわり)

#jgamifa #gamification #ゲーミフィケーション #ゲミ
#ゲーム要素 #モチベーションアップ
#日本ゲーミフィケーション協会 #まちづくり請願ボードゲーム #僕らの基地がほしいんだ #6時の公共

執筆:岸本 好弘(日本ゲーミフィケーション協会 代表賢者Lv98)
https://jgamifa.jp/

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
1
「世界を神ゲーに!」 日本ゲーミフィケーション協会は、日本中にゲーミフィケーションを広めて、 楽しみながらやる気を生み出せる社会の実現を目指しています。ここでは、ゲーミフィケーション講座、イベントのお知らせ、コラム、探訪記などをUPしていきます。