見出し画像

もはや断食はおまけ ~13連勤の最終日に断食道場を振り返る


先月行ってきた伊豆高原での断食道場を振り返ります。なんかあらためて振り返ると「もはや断食はおまけ」という感覚です。
そのくらい得るもののある(?)、断食道場には様々な要素がありました。本当に不思議な場です。10数名の老若男女が1つの場で断食という共通目標を持って共同生活をします。ほんどが1人で参加しており、それぞれ何らかの思いをもって集います。そして、どこの誰かはまったくわかりません。そんな場は、多面的にみると以下のような場です。

・断食道場とは、役割のリセットの場である
・断食道場とは、マインドフルネスである
・断食道場とは、温泉治療である
・断食道場とは、期間限定シェアハウスである

《断食道場とは、役割のリセットの場である》

人は常に多重な役割を担っています。ドナルド・E・スーパーのライフ・キャリア・レインボーは、人は家族・労働者・学習・市民・学習・子供という6つの役割を、時期によって軽重を変えながら担っていく様を表しています。そう、私たちは日々複数の役割を果たし続けているのです。家庭では、親や夫・妻としての役割、職場では上司やメンバーの役割、実家に行けば子供の役割、余暇も過ごすし、学習の時間も持ちます。断食道場では、これらの役割が一時的にリセットされます。何の役割も担わない自分になるのです。もちろんSNSは繋がっているので、完全に解き放たれることはありませんが、どの誰だかわからない仲間達と半共同生活を行い、肩書も役割もない中で生活をします。このリセット感は新たなリフレクションを招きます。

《断食道場とは、マインドフルネスである》

断食中にいただくスムージー等の流体、そして回復食の小食を食べるときは、まさに食で「今、ここ」を感じる瞬間です。普段ならば一口で食べ終わるものをいとおしく、瞬間瞬間に集中しながら口に運ぶのです。そして、屋上のテラスで瞑想したり、気付いたら昼寝していたり。まだまだ上手に瞑想ができませんが……。なんか断食道場は、最高の酒場での「酒場浴」で感じる何かに近い気持ちになれます。

《断食道場とは、温泉治療の場である》

温泉治療というものがどのようなものかよくわかりませんが、温泉に入ることのみが治療行為なんでしょうから、それ以外の時間はなーんにもしなくてもいいのかなぁと思うと、断食道場も似ています。いろんなアクティビィティを提供してくれるのですが、それらに参加するのも自由です。かつ、露天風呂なんかもついている。断食道場にこもって小説書くなんてのもいいなぁと思いつつ、ブログすら書きませんでした。そんなもんです。

《断食道場とは、期間限定シェアハウスである》

食事の時は大広間に集い、皆であれこれだべります。それ以外も大広間で生活したり、瞑想室で話をしたり、風呂で話をしたり、散歩先の近所で出会ったり、それぞれ自室で生活しながらも共同の場でいろいろな人と時間を過ごします。シェアハウスなるもので生活したことはありませんが、なんかそんなイメージです。断食という共通の話題があるので、会話は容易に続きます。孤独ではないから、断食がうまくできるんだと思います。

《断食の食レポ》

今回は、インスタで断食の食レポをすることにしていました。最後に写真をインスタから引用します。

1日目朝食 ~朝は普通に食べてきてくださいとのことでしたので、東京駅で朝ラー。前回もそうでした。普通が朝ラーって素敵。前日は5軒呑み歩き、呑みだめをしておきました。断食より断酒がきつい…。

1日目昼食 ~何も食べてないから、食べ物の写真はなし。行きの踊り子はスーパービューではないので、旅の気分は出ません。そして天気は奇跡的に回復。

1日目夕食 ~じゃがいものすりながし。天気がよくて気持ちがいい。天気予報は悪かったのに、凄い晴れ男か、晴れ女がいるに違いありません。屋上で大半の時間を過ごします。

2日目朝食 ~小松菜、ホウレン草、リンゴ、オレンジ、パイナップルのスムージー。前夜の月が恐ろしく美しかった。写真では伝わらない…。これを観ただけでも来たかいがある。海に光の道ができるんだよ。

2日目昼食 ~薬膳豆乳ラテ。ただし、私がニトロを使っているので、少し食べないとリスクがあるとのことで、この日は皆さんと別メニューで私だけこそっと小さな玄米おむすび。

2日目夜、具沢山味噌汁。久しぶりの固形物入り。皆さん、いとおしく食べます。この日は結構、勉強しました。キャリアカウンセリング協会のweb教材。

3日目朝食 ~人参と生姜のジュース。これ、最高に旨かった。夜のうちにかなりまとまった雨が降ったんだけど、6時には雨も上がり、トレイルウォークも敢行。

3日目昼食 ~玄米おむすび。小さいけど、ゆっくりといとおしく皆さん食べます。部屋では常にはぶ茶を呑みます。これ、自宅でも最近は呑んでいます。

3日目夕食 ~揚げ豆腐た小松菜の味噌汁+おくらと湯葉のポン酢和え。少ないながらも初の2品。20分かけてゆったり食べます。終わりが近づいて寂しい感じ。それにしても、常に眠いんです。普段はコーヒーのおかげで起きれているだけだったのだろうか…。

4日目朝食 ~腸すっきり美肌スムージー。パイナップル、バナナ、水菜、パプリカ。毎朝、朝ヨガをやってから、海沿いの山道を早歩きします。なんだかんだ毎日1万歩はあるくのはこれがあるから。名物行事です。

4日目昼食 ~回復食になっていきます。玄米おむすび2つ。そして、みんなでドライブ。来宮神社と城ヶ崎海岸で観光します。来宮神社、凄く良かった。吊り橋は恐ろしくて真ん中あたりまでしか行けない、高所恐怖症。

4日目夕食 ~少量ずつではあるけど、十分な食事。いずれも本当に美味しい。ゆっくりゆっくり大切に食べる。その習慣が戻ってからも続くから、断食後も少しずつ体重が減っていきます。

5日目朝食 ~普段も食べないような豪華で、そしてヘルシーな朝食。野菜が美味しい。そしてコーヒーが呑める。まさにご褒美食。そして、マイクロバスで伊豆高原駅に。

5日目昼食 ~前回は小田原のブッタガヤで熊本ラーメンを食べてかなり腹に応えたので、今回はいただいたケーキのみでスーパービュー踊り子の中で昼食。ただ、静岡県内限定販売という「限定」に魅せられて静岡麦酒を一本だけいただきます。ビール会社の方がいたので…。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

13
人事・キャリア・酒場の三つを自分の領域とすることに断食道場で決めました。趣味は、越境学習、実践共同体、酒場浴。好む酒は燗酒・黒ホッピー・テキーラ。パワースポットは太陽の塔と古今伝授の間。過去のブログは http://jqut.blog98.fc2.com/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。