「日本人はムズカシイ」~台湾人社員から見た日本~
見出し画像

「日本人はムズカシイ」~台湾人社員から見た日本~

株式会社日本ベネックス


日本ベネックス東京事業所で働く台湾人の社員、藍(らん)さんと、李(り)さん。

「日本人はムズカシイ」をテーマに、台湾人から見た日本について、お話しを伺いました。


1.日本にきた理由

ーー:
年末の忘年会でお二人が、「日本人はわからない!」と話していたのが面白くて、詳しく聞きいてみたいなと思い、この企画が生まれました(笑)。今日はよろしくお願いします。

画像11

画面左、藍さん。右が李さん。


藍:
しょうもない話しばかりかもしれないです(笑)。

ーー:
まず、日本に来たきっかけは?

李:
若いときちょっと仕事に疲れてて…。それで、海外に行きたくて、日本に来ました。

ーー:
今も若いと思うんですけど(笑)。もとから日本にすごく行きたかったわけではなく、海外に行きたくて、とりあえず日本行くか、みたいな?

李:
もともと、ワーホリでニュージーランドに行きたくて。でも、いろいろと事情があって行けなくて。それで日本行こうかなと。

ーー:
なるほど。

李:
日本語喋れるようになったら、スキルアップできるなと思って、日本へ来ました。

鹿港龍山寺

藍:
実は台湾で日本語の勉強している人は、ものすごく多いんですよ。
一番学ばれている第二外国語は、つねに日本語。最近は韓国語も増えてますけど。

李:
うん、うん。

藍:
もともと台湾は、親日ですし。文化も近いしところがけっこうありますし。日本のチェーン店もたくさん台湾にあります。

ーー:
たしかに、日本のコンビニがたくさんありました。藍さんの日本に来たきっかけは?

藍:
ぼくらのおじいちゃん、おばあちゃんたち(世代)は、だいたい日本語喋れるんですね。

画像12

ーー:
そうなんですか?

藍:
おじいちゃん、おばあちゃん、そしてぼくも日本が大好きで。子どもの頃から家族でよく日本に旅行していました。

ーー:
へぇ。

藍:
それで大学に入って、日本語を勉強し始めました。大学院3年生の時、交換留学の機会があって、日本に1年間住んでいました。

台湾に戻った後、もう少し日本で生活してみたいと思って、また来たという感じです。

ーー:
日本の何に惹かれたんですか?

藍:
うーん…なんでしょうね。李さんと一部、同じなんですけど、若いうちに海外での経験を積んでおきたいというのもありました。

ーー:
一度海外に出た方がいいと?

藍:
より高い目標を目指すのであれば、一度海外に行った方がいいと思いました。

李:
そう、視野を広げたいとかもありますし。


2.カルチャーショック

画像20


ーー:

日本に来る前の印象と、来てからの印象は何か変わりました?

李:
ファッションの話しですけど、来る前は「原宿系」のイメージが強すぎて、みんなカラフルな洋服を着ているかと思ってました。

実際来てみたら、みんな基本、黒!


ーー:
きほん黒(笑)。

藍:
冬になると電車の中の色が、一気に暗くなっちゃう。だいたい黒かグレー。

画像20


李:
そうです(笑)。雑誌で見た日本は、ピンクとかカラフルなイメージでした。

藍:
台湾人から見た日本の印象は、街がきれいとか、マナーをちゃんと守るとか、ほとんどはポジティブなイメージです。でも、実際生活してみて、観光だと見えない一面も見えてしまいます。

ーー:
日本人でもマナー悪い人、いますからね。

藍:
よく友達に言っているのは、満員電車ですね。明らかにもう入れない電車に入ろうとする人たち。本当に怖くて。

画像20


李:
あれ、やばいですよね(笑)。

藍:
一回経験したんですけど…。奥の人を通すため一度電車から降りたら、ホームで待っていた人たちが、順番を無視して、無理やり押してきて。結局、はじめに乗ってた私が、入れなくなったんです。

それはどうかなって思いました。

ーー:
無表情でグイグイきますよね。

藍:
そう、そう!ガンガンくるのに、顔は無表情。カオナシみたいで嫌でした。

画像1


ーー:
まぁ(笑)。ぼくも満員電車には絶対乗りたくないから、前は会社の近くに住んでました。

藍:
あぁ。


3.日本人は、わからない

ーー:
お二人は日本にきてどれくらい経つんですか?

藍:
ぼくは交換留学をのぞけば、6年目になります。

李:
わたしは7年目です。

ーー:
日本のこと、だいぶわかってきました?

スクリーンショット 2022-01-31 12.39.30


藍:
忘年会のときにもちょっと話したんですけど、

”日本人の心の掴み方がわからない”

ということがわかりました(笑)。

李:
うふふふ。

ーー:
例えば?

李:
日本人と友だちになるのはけっこう難しいなと思っています。

ーー:
なぜですか?

李:
例えば、いつもフレンドリーに話したりしているけど、ご飯行きましょうと誘わないですよね?

あと、日本人の「ご飯行きましょう」って基本行かないですよね?

ーー:
う、、……(苦笑)。

李:
みんな自分のことを喋らない。自分を守っている感じ。自分の本音を出してない感じ

ーー:
ご飯いきましょうって、日本ではちょっとした挨拶になっているかも。じゃあまたねってお別れするのは気まずいから、本気じゃないけど、ひとこと言っておくみたいな。(この文化は、よくない…)

李:
逆に、日本人同士でどうやって心開いているんですか?

淡水漁人碼頭


ーー:
難しい質問だなぁ(笑)。実はぼくも苦手なタイプです。だからちょっとずつですよね。時間がかかる。

李:
時間がかかる・・・。

藍:
お互いの温度感が違いますよね。ぼくも時間かかる方ですけど、日本人よりは…。李さんは新幹線くらいの速さです(笑)。

李


李:
ビュン、ってね(笑)。

藍:
前に、日本に住んでいる台湾人の友だち2人で、李さんの働いているお店に行ったんですよ。そしたら李さんとぼくの友だちが意気投合しちゃって。

ぼくなしで何回か2人で遊んでました(笑)。知らないうちに友だちになってました。

李:
日本だと、友だちを紹介するのはしないですか?

ーー:
どうだろう。でも紹介してくれた人を抜きに会うとかは、ないかな(笑)。


北回帰線


藍:
交換留学してたとき、何人かは日本人の友だちできたんですけど、もともと外国に興味がある人としか、なかなか友だちになれなかったんです。

もともと外国に興味ある人だから、結局いまみんな海外に行ってるんです。だから日本で会えない(笑)。

ーー:
あぁ。


台北



藍:
話し変わるんですけど、なんで日本人はそんなに政治に関心がないのかな?って。

李:
みんな興味なさそうですよね。

ーー:
台湾の若者は政治に興味あるんですか?

藍:
まず、投票率が全然ちがう。

議員選挙投票率データ
日本:53.68% 台湾:74.86%


※出所:民主主義・選挙支援国際研究所(The International Institute for Democracy and Electoral Assistance)※各国の国家立法機関の選挙で二院制の場合は下院の選挙、二段階制の場合は二番目の選挙の投票率が対象
※2020年のデータ


李:
うん、うん。

ーー:
日本って高齢化社会で圧倒的に高齢者が多いんです。だから政治家も高齢者から票を集めることに集中しちゃう。結果、若者が興味ない、みたいな感じなのかな。

藍:
なるほど。

李:
たしかに大学生のときはそんなに興味なかったけど、社会人になってからは関心持つようになりました。

自分の未来は、自分で決めたいから。

奇美博物館


ーー:
おぉ。2人は、国(台湾)が良くなっている、って実感ありますか?

藍:
それはあります。

ーー:
ぼくは日本の成長が終わったと言われた時代に生まれたので、いい時代をそもそも知らないんです。希望なんて最初からないんです(笑)。

藍:
すごい暗い話しになった(笑)。でも台湾と日本はスタート地点が違いますから。いま日本は山頂から下がっているかもしれないけど、台湾は谷から上って行ってますから。

画像15


ーー:
そうなんだ。他に日本人のわからないところ、ありますか?

藍:
お酒を死ぬほど飲む、こと。

李:
そうですね~(笑)。あと居酒屋行くと、最初に飲み物を注文しますよね?

ーー:
はい。します、します。

李:
わたしたちは、しないですね。

藍:
そうそう。日本だと一杯目の飲み物を飲みながら、食べ物決めますけど、台湾は先に食べ物。

画像10



ーー:
へぇ。日本ではやっぱり「乾杯」しないと始まりません。

藍:
区切りがあるって、日本人は本当に几帳面だと思います。「乾杯」って開始の合図だし、「しめ」もある。台湾だと「しめ」っていう概念、ないです。

李:
はい。何で最後にご飯注文するの?!

画像11


藍:
そう、そう(笑)。鍋の最後に、ご飯食べるのもわからない。台湾では鍋食べながら、ご飯食べます。

李:
「しめ」わかんない。

ーー:
たしかに、なんでだろう。

藍・李:
(笑)。

藍:
「飲み会」っていう文化がそもそもないかも。「食事会」はよくありますけど。

ーー:
日本には、「飲みにケーション」ってあるんです。面と向かって本音を言うのが苦手だから、お酒の力を借りて…

李:
心をひらく。

ーー:
はい(笑)。会社の人ともそうだし、お客さんとも飲んで仲良くなります。
日本のサラリーマンにとっては大事な文化です(笑)。

そういえば台湾に、上下関係ってあるんですか?

藍:
うーん、日本みたいにきっちり敬語みたいなのは、ないですね。

李:
ないですね。上司ともフレンドリーに話せますし、プライベートの話しも普通にできます。

ーー:
えぇ、すごい。

李:
みんなラフですよ。

画像16


4.気にしすぎている日本人


ーー:
日本の好きなところって、ありますか?

藍:
いろんなことに対して、ちゃんとSOP(標準作業手順書)をつくること。例えば、太陽光の事業で何かを設計するときに、国から出している基準があって、そこに従って設計します。

台湾はあらゆることに、ちゃんとした基準がなかったりするので、結局品質もバラバラになるし。

まぁその反面、柔軟性がなかったり…(苦笑)。逆に、日本人から見た台湾人はどうなんですか?

ーー:
仕事で2回、台北に行ったことがあって。ありきたりかもしれないけど、台湾人はフレンドリーで本当に優しい。本当に良い印象しかない。

あと、ハッキリしてるって印象かな。「なに言いたいかわからない」ってことがないから。

スクリーンショット 2022-01-31 12.40.23


藍:
あくまで個人的な見解なんですけど、日本人はすごく「配慮」ということをすごく大事にしていると思ってて。

李:
あーうん、うん。

藍:
台湾人はストレートにものを言うけど、配慮さがちょっと足りなくて(笑)。何て言うんだろう…。いい意味で人に対して、壁とかは無くて。あとは恥ずかしさもあまりないです。

李:
そうですねー。

藍:
たとえば、日本人は英語が苦手っていう意識がある人が多いと思いますが、正直、台湾と日本の英語のレベルはあんまり変わらないと思います。ただ台湾人は間違っていても、とりあえず喋ろうとします。

でも日本人は、文法あってるかな?とか気にして、喋らないですよね。これは英語だけじゃなくて、ふつうの会話の時もそうですよね。

ーー:
まぁ、そうかもしれないです。

李:
日本人はすごく遠慮してる感じがします。遠慮してる感じがすると、こっちもいろいろと聞きづらいです。

スクリーンショット 2022-01-31 12.41.41


ーー:
そういえば、なぜベネックスに入社しようと思ったんですか?

藍:
ワーキングホリデービザの期限が迫ってきている中、台湾に帰るか日本で就職するか迷ってたとき、日本の転職サイトでキーワード検索に「台湾」を入れたら、ベネックスの求人が出てきました。

当時は、「台湾の太陽光案件に投資」との内容が記載されていて、その流れで応募し、採用されました。

李:
わたしは日本で就職していて、転職しようとしていたときに、藍さんからベネックスの話しを聞きました。エネルギー関連に経験があったわけではないんですけど、未来ある産業だったので、ぜひやりたいと思って。

台北街景

ーー:
なるほど。ベネックスで働いていて、苦労することはありますか?

藍:
うーん…。苦労は本当にないですね。外国人だからといって、差別もないし。小林さん(社長)もすごく話しやすいしですし。

ーー:
李さんは入社してまだそんなに時間が経ってませんが、どうですか?

李:
わたしも苦労は、特にないですね。色々と専門用語が出てくるので、まずは日本語をもっと勉強します!(笑)。

ーー:
李さんはまだキャラを出せていないと思うので、もっとキャラを出して、社内を盛り上げてください。

李:
ワオ(笑)。

ーー:
今日はいろいろとお話し聞けて良かったです。今の状況が落ち着いたら、長崎本社にもぜひ来てくださいね。ありがとうございました!

藍・李:
はい、ありがとうございましたー。



(お読みいただき、ありがとうございました。)








日本ベネックスはお互いの違う考え、文化、バックボーンを持つ社員それぞれが、互いに学び、尊重しあいながら、新しい付加価値の創出を目指します。


日本ベネックス コーポレートサイト
https://www.japan-benex.co.jp/
日本ベネックス SNS
Twitter: https://twitter.com/JapanBenex
Instagram: https://www.instagram.com/japan_benex/
Facebook: https://www.facebook.com/JapanBenex
ぜひフォローをよろしくお願いします!!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
株式会社日本ベネックス
創業1957年。精密板金加工のメーカーであり、環境エネルギー事業を展開している日本ベネックスです。ものづくりと新しい発想で、付加価値をつくる”挑戦”をお届けします。note編集部のモットーは「おもしろくて、ためになる」です。