岩沢兄弟

「モノ・コト・ヒトのおもしろたのしい関係」を合言葉に、人や組織の活動の足場となる拠点づくりを手掛けています。 空間・家具などの立体物設計、デジタル・アナログ両方のツールを活用したコミュニケーション設計が得意。http://battanation.com/
    • 兄・ひとしの工作室

      • 6本

      兄・ひとしがいろいろつくってみたもの、考えたこと。

    • 弟・たかしの観測所

      • 6本

      ディレクター・たかしが考えたこと、やってみたこと。

    • 放送室プロジェクト

      • 5本

      まちに放送室をつくってみるプロジェクト。2020年秋、千葉県千葉市に「台形放送室」をつくりました。生活の中の小さなメディアセンターのかたちを探ってみています。工事や道具づくりを進めつつ、定期的に「試験放送」をお届け中。2021年3月には神津島に第二放送室「くると放送室」も開設しました。

    • 岩沢兄弟とその家族

      • 8本

      岩沢兄弟とその家族をめぐるあれこれ。

    • 前略、卓の上から

      • 3本

      映像ディレクターでもある弟・たかしの技術的なあれこれ。

    • すべてのマガジンを表示

私を神津島に連れてって。「くると盆栽」を楽しく運ぶ、キメラ家具的什器づくりあれこれ。

伊豆七島のひとつ、神津島でアートプロジェクト「HAPPY TURN/神津島」の拠点をつくるプロジェクト。2018年の夏からはじまり、現在も続いています。 直近だと(むしろ島か…

1か月前

プロトタイピングは終わらない。家具を通じて、家族コミュニケーションに変化をもたらす岩沢兄弟の場づくり

こんにちは、岩沢兄弟の兄嫁・えりです。 以前、私がnoteに書いた記事「岩沢兄弟が取りくんできた、家族の距離と行動をちょっとずつ変えていく、「家族空間」のプロトタイ…

2か月前

「台形放送室」の試験放送、これまでのまとめ(YouTube Live)〜小さなメディアセンターで話してきたメディアのこと、家族のこと…

生活の中の小さなメディアセンターをつくってみようとはじまった「放送室プロジェクト」。千葉県千葉市の「台形放送室」にはじまり、東京都神津島村(神津島)に第2号とな…

3か月前

棚も「空間を使い倒す道具」としてとらえ、目的に応じて工夫できる度を設計するのが岩沢兄弟流。

こんにちは、岩沢兄弟です。 普段からオフィスや公共空間なんかの空間デザインをしている私たちですが、大小問わず、わりと家具を中心に空間づくりをしていくことが多いん…

5か月前

拠点を動かす「窓新聞」のつくりかた。仲間と一緒にメディアづくりワークショップをしてみては?

「拠点」は開いてからが本番ですよ! 僕たち「岩沢兄弟」は、企業のオフィスからNPOの活動スペース、アートプロジェクトのための放送スタジオまで、活動の足場になるよう…

5か月前

何を頼りに街を歩くか

以前、「少しだけ迷子になる」というエントリーを書きました。 まだまだ知らない街を訪れるのは難しい状況ですが、街歩きを再開できる可能性も少しずつ高くなってきたので…

6か月前