岩井秀人

WARE代表・作家・演出家・俳優・ハイバイのリーダー。

岩井秀人

WARE代表・作家・演出家・俳優・ハイバイのリーダー。

ストア

  • 商品の画像

    ミュージカルおとこたち戯曲本

    ミュージカルおとこたち戯曲本。 ※書籍ではなく無線綴じ製本の商品となります。
    2,000円
    我商店
  • 商品の画像

    映像QR「おとこたち」(2016年版)

    【映像QRとは】 QRコードを読み取ると、スマホやPCなどでストリーミング再生でご覧いただけます。 ミラーリング機能を利用し、テレビなど大画面に映すことも可能です。 作・演出:岩井秀人 出演:安藤 聖、菅原永二、永井若葉、平原テツ、用松 亮、松井 周 2016年4月4日[月] - 4月17日[日]@ 東京芸術劇場シアターイースト 収録内容:本編(2h3m) 男4名の24歳〜82歳までの人生を描く。結婚し、子供がうまれ、予定通りの人生を歩む者、テレビスターから転落し宗教に入る者、不倫をしている者、新卒入社後挫折し精神科に通った者・・・笑いをふんだんに取り入れつつも、老年に入るにつれ、ほろ苦いそれぞれの苦悩が浮かび上がっていく。サラリーマンや老人ホームへの取材を通して切り取られた、ハイバイ流の大河ドラマ。
    3,500円
    我商店
  • 商品の画像

    映像QR「て」(2013年版)

    【映像QRとは】 QRコードを読み取ると、スマホやPCなどでストリーミング再生でご覧いただけます。 ミラーリング機能を利用し、テレビなど大画面に映すことも可能です。 ハイバイ10周年記念全国ツアー「て」 作・演出:岩井秀人 出演:岩井秀人、上田遥、永井若菜、平原テツ、青野竜平、奥田洋平、佐久間麻由、高橋周平、富川一人、用松亮 / 小熊ヒデジ / 猪股俊明 2013年5月21日[火]〜 6月2日[日]@ 東京芸術劇場シアターイースト 収録内容:本編(1h52m) 祖母の認知症をきっかけに再集合した家族が、過去の関係を清算しきれず、大爆発する様子を描いた「スーパー家族劇」である今作。母を男性が、祖母を女優がフツーに演じ、全体としても「同じ時間で視点を変えて2周する」という試みが見事に成功した奇跡の名作。2008年初演から計4回再演を繰り返し、韓国でも3 回再演され、第38 回ソウル演劇祭で3 冠を受賞。
    3,500円
    我商店

ウィジェット

  • 商品の画像

    ミュージカルおとこたち戯曲本

    ミュージカルおとこたち戯曲本。 ※書籍ではなく無線綴じ製本の商品となります。
    2,000円
    我商店
  • 商品の画像

    映像QR「おとこたち」(2016年版)

    【映像QRとは】 QRコードを読み取ると、スマホやPCなどでストリーミング再生でご覧いただけます。 ミラーリング機能を利用し、テレビなど大画面に映すことも可能です。 作・演出:岩井秀人 出演:安藤 聖、菅原永二、永井若葉、平原テツ、用松 亮、松井 周 2016年4月4日[月] - 4月17日[日]@ 東京芸術劇場シアターイースト 収録内容:本編(2h3m) 男4名の24歳〜82歳までの人生を描く。結婚し、子供がうまれ、予定通りの人生を歩む者、テレビスターから転落し宗教に入る者、不倫をしている者、新卒入社後挫折し精神科に通った者・・・笑いをふんだんに取り入れつつも、老年に入るにつれ、ほろ苦いそれぞれの苦悩が浮かび上がっていく。サラリーマンや老人ホームへの取材を通して切り取られた、ハイバイ流の大河ドラマ。
    3,500円
    我商店
  • 商品の画像

    映像QR「て」(2013年版)

    【映像QRとは】 QRコードを読み取ると、スマホやPCなどでストリーミング再生でご覧いただけます。 ミラーリング機能を利用し、テレビなど大画面に映すことも可能です。 ハイバイ10周年記念全国ツアー「て」 作・演出:岩井秀人 出演:岩井秀人、上田遥、永井若菜、平原テツ、青野竜平、奥田洋平、佐久間麻由、高橋周平、富川一人、用松亮 / 小熊ヒデジ / 猪股俊明 2013年5月21日[火]〜 6月2日[日]@ 東京芸術劇場シアターイースト 収録内容:本編(1h52m) 祖母の認知症をきっかけに再集合した家族が、過去の関係を清算しきれず、大爆発する様子を描いた「スーパー家族劇」である今作。母を男性が、祖母を女優がフツーに演じ、全体としても「同じ時間で視点を変えて2周する」という試みが見事に成功した奇跡の名作。2008年初演から計4回再演を繰り返し、韓国でも3 回再演され、第38 回ソウル演劇祭で3 冠を受賞。
    3,500円
    我商店
  • もっとみる
  • 商品画像

    やっかいな男 (Bros.books)

    岩井 秀人
  • 商品画像

    て/夫婦

    岩井 秀人
  • 商品画像

    ヒッキー・カンクーントルネード

    岩井 秀人
  • 商品画像

    ある女

    岩井 秀人
  • 商品画像

    ごっちん (ware出版)

    岩井秀人

最近の記事

  • 固定された記事

岩井について

岩井についての目次です。 プロフィール →こちら ワークショップ「ワレワレのモロモロ」について →こちら 「エッセイレッスン」について →こちら 「俳優個人レッスン」について →こちら 「いきなり本読み!」について →こちら シアターカフェについての提案 →こちら 「おごリングバー」について →こちら 岩井の戯曲について →こちら(近日公開) ワークショップやレッスン全般はこちら

    • エッセイレッスン参加者作品

      エッセイグループレッスンの参加者、村山さんの作品です。 「5歳児の限界」 我が家は、父、母、姉、兄、私の五人家族だった。 私は姉、時には兄のお古で育った5歳児だった。 春から、小学校慣らしのため「幼稚園」へ入ることは、我が家の決まりだった。だが、私は保育園へ預けられるという。 ホイク?園、初耳だ。 お国の事情で来年から呼び名が変わるのだろうか。 好奇心の「なんで?」を所構わずの私も、両親の顔色がガンメタルグレイに近づきそうな話題については、所構っておこう..が最前

      • ラジオ岩井&松岡 vol.4(全4回)

        名古屋の松岡さんから取材を受けたのでした。 その様子を全4回でお届けいたします。

        • ラジオ岩井&松岡 vol.3(全4回)

          名古屋の松岡さんから取材を受けたのでした。 その様子を全4回でお届けいたします。

        • 固定された記事

        岩井について

          ラジオ岩井&松岡 vol.2(全4回)

          名古屋の松岡さんから取材を受けたのでした。 その様子を全4回でお届けいたします。

          ラジオ岩井&松岡 vol.2(全4回)

          ラジオ岩井&松岡 vol.2(全4回)

          俳優&朗読レッスン

          俳優レッスンは、一般の方向けに「朗読レッスン」としても開催いたします。 これまで、俳優さん向けに「まずは自由になる」をテーマに、 ・緊張して、イメージ通りにできなくなる ・自分ではなく、誰かの正解を探してしまう ・思い通りにできているか、不安になる といった課題をクリアするレッスンをしてきましたが、この課題が、俳優だけのものではないということにも気づく機会がありまして、一般の方からも「参加したい」という声をいただいたので、「朗読レッスン」として開催いたします。 俳優さ

          俳優&朗読レッスン

          ラジオ岩井&松岡 vol.1(全4回)

          名古屋の松岡さんから取材を受けたのでした。 その様子を全4回でお届けいたします。

          ラジオ岩井&松岡 vol.1(全4回)

          ラジオ岩井&松岡 vol.1(全4回)

          「イエスアンド!」で遊び感覚の日常へ!

          インプロ(即興芝居)のワークショップを開催します。 対象は全人類です! 元々は即興芝居のために生まれた「イエス・アンド!」という考え方ですが、この考え方は「生きる上でもめちゃくちゃ有効」なものです。 その辺りも含めて、書いてまいります! 初めてこのワークショップを受けた当時、僕は駆け出しの俳優でした。 台本を渡されたら、ひたすら 「書かれた役を、どう演じるか!?」 ということだけを考えていました。 そんな新人俳優岩井に、 「台本以外の、今、起きたことを利用する」 と

          「イエスアンド!」で遊び感覚の日常へ!

          ワレワレのモロモロワークショップ

          お久しぶりの「ワレワレのモロモロ」ワークショップですよ〜 「待ってました!」という方は、もうこちらからジャンプです↓ ここから先の文章は 「ワレモロWSって何?」 という方や、 「受けようかな、、どうしようかな、、」 と迷っている方に向けての文章です! このW Sは一般の方、俳優の方を対象に、 「参加者が自分の身に起きたエピソードを話し、それを演じ合う」 ものです。 僕はかれこれ10年以上、この「ワレワレのモロモロ」を、 ワークショップや公演形式で開催してきました。

          ワレワレのモロモロワークショップ

          「ちょっといきなり本読み!」

          みなさま!このイベントは、ただの読書会とは一線を画しますぞ! この「ちょっといきなり本読み!」では、俳優たちが今までに読んだことのない台本と初対面し、その場で瞬時に読み上げます。 これは、一般の方に「物語を即興で楽しんでいただく!」体験をしてもらうことを第一の目的にしつつ、舞台の本番や映像の撮影、オーディションに挑む前の俳優たちの瞬発力を鍛える絶好の機会でもあります。 同時に、台本の世界に「いきなり」飛び込むスリリングな体験を共有する場でもあります。 さらに演出家でも

          「ちょっといきなり本読み!」

          「エッセイグループレッスン」入門編

          「エッセイ グループレッスン」の参加者募集始まりました! 各回、限定3名までの募集です。お早めにお申し込みください! 現在、進行しております、マンツーマンの「エッセイレッスン」 ですが、受講者のみなさんが凄まじい進化を遂げていくのを、 日々目撃させてもらっております。 めちゃくちゃ面白いです。 正直、最初はみなさん総じて、硬い表現というか、 かしこまった文体でした。 例えば、 「〜〜がありました。そして次に〜〜〜をしました。 また、その後に私は〜〜〜と思って、〜

          「エッセイグループレッスン」入門編

          再生

          「自分の過去を書こう 〜過去と感情は切り離せる〜」

          以下のことを話しております! ・自分の過去を書くことについて ・過去と感情はくっついちゃってるけど、それは切り離せる。 ・岩井が作品を作りながら、過去と感情を切り離してきたこと ・自分で行動を制限しちゃってる人は、過去と感情をくっつけて、現在にも持ち込んでしまっている可能性が高い ・自分の過去を言語化していくことで、過去と感情を切り離して、自分で自分の制限をほどいていける。

          「自分の過去を書こう 〜過去と感情は切り離せる〜」

          再生

          「『イエス・アンド!』で遊び感覚の日常へ!」ワークショップについて

          newgoo!で開催している 「『イエス・アンド!』で遊び感覚の日常へ!」インプロワークショップ についての解説です。 ほんと面白いし、俳優さんも一般の方も確実に自由になれるから、ぜひ参加して見てくださいませ! 詳細の文章はこちら https://note.com/iwaihideto/n/n2c59fa2df43d お申し込みはこちら https://yes-and5.peatix.com/view

          「『イエス・アンド!』で遊び感覚の日常へ!」ワークショップについて

          「『イエス・アンド!』で遊び感覚の日常へ!」ワークショップについて

          5月「エッセイグループレッスン」開催

          5月「エッセイ グループレッスン」の参加者募集始まりました! 限定5名までの募集です。お早めにお申し込みください! 現在、進行しております、マンツーマンの 「台本レッスン」改め「エッセイレッスン」 ですが、受講者のみなさんが凄まじい進化を遂げていくのを、 日々目撃させてもらっております。 めちゃくちゃ面白いです。 正直、最初はみなさん総じて、硬い表現というか、 かしこまった文体でした。 例えば、 「〜〜がありました。そして次に〜〜〜をしました。 また、その後に私は〜

          5月「エッセイグループレッスン」開催

          俳優&朗読レッスン

          5月からの俳優レッスンは、一般の方向けに「朗読レッスン」としても 開催いたします。 これまで、俳優さん向けに「まずは自由になる」をテーマに、 ・緊張して、イメージ通りにできなくなる ・自分ではなく、誰かの正解を探してしまう ・思い通りにできているか、不安になる といった課題をクリアするレッスンをしてきましたが、この課題が、俳優だけのものではないということにも気づく機会がありまして、一般の方からも「参加したい」という声をいただいたので、「朗読レッスン」として開催いたします

          俳優&朗読レッスン

          4/26「いきなり本読み!in三越劇場」について

          4/26に行われた、「いきなり本読み!in三越劇場」についてです。 いやはやめちゃくちゃ楽しかった!! 最後に話している「ちょっといきなり本読み!」はこちら! https://peatix.com/event/3924184/view

          4/26「いきなり本読み!in三越劇場」について

          4/26「いきなり本読み!in三越劇場」について