見出し画像

小さな仕事、大きな一歩

2019年9月から中部7県で放送が始まっている「デデデデザインて何?!」というNHKの番組で、ほんの少しだけCGをお手伝いしました。

担当させてもらったところは僅かですが、私にとってはとても意味のある大きな一歩です。


なぜCGを「趣味として」20年も続けてきたのか

長年、趣味としてCGを続け、フリーランスになってからは仕事でも活用していますが、CG制作会社に所属したことはありません。

私がCGに興味を持ったのは20代後半。当時、住んでいた中部地方でCGの仕事といえば、遊技機(パチンコ)関係かゲーム。どちらもやらないので、興味がわきません。

CGを軸に仕事を探すなら東京。しかし興味を持ち始めたばかりのCGにすべてを賭け、上京することはできませんでした。

CG制作会社を目指したことがないわけではありません。求人を探したり、応募したりもしましたが、給与が安すぎたり、これまでの経歴がCGとは関係ないという理由で落とされたりしました。

20代後半、未経験でいきなり待遇のよい仕事など見つかるはずもありません。それはCGでなくても同じですよね。

興味があったのは映画や映像の制作ですが、中部圏にそれを専業にしている会社があるのかどうかわかりませんでした。

CGは好き。でも最優先にまではできない。そんなわけで「役に立たないけど、お金がかかる趣味」として続けることになったのです。


CGの応用範囲が広がっていった

会社員時代、幾度となく「なんでCGやってるの」といわれながら(別に嫌な感じではなく)、ただ楽しくて続けてきたCGですが、お金はかかるし、仕事が忙しくて手に付かないことも多いし、やめようと思ったこともあります。

それでもやめずに続けました。なんでだろ(笑)楽しかったのかな。長年CGを続けるうちに、時代は流れ、CGの使われる分野が広がっていきました。

興味を持ち始めた頃は映画、映像、ゲームというのが主な用途だったと思いますが、現在はVR、AR、3Dプリント、漫画やセルアニメにまでCGが活用されています。

そして映画のCGは、もはや実写と見分けがつかないレベル。ゲームでも驚くような美しい映像がリアルタイムで動きます。

私自身、デザインコンペ用のイメージを作ったり、プロダクトやダンボールアートの設計に使ったりと、幅広く活用していて、長年の趣味がフリーランスになってから、ようやく仕事に使えている感じです。

11月に東京でCG未経験者向けのセミナーを開催するので、CGやったことないけど、このあたりのお話に興味を持った方はぜひご参加ください(笑)


直接的なCGの仕事を受けるために環境を整える

2017年にCinema 4DというCGソフトを購入。CG友達がずっと推していたのですが、ついに導入。その後、深い沼に引きずり込まれることに…(笑)

Cinema 4Dは「モーショングラフィックスに強い」といわれているCGソフトです。実際に使ってみてわかりましたが、簡単な手順で動きを付けることができ、他のCGソフトでは設定が難しいことも簡単にできたりします。

最初は機能限定のBroadcast版(2019年にすべてのエディションが1つに統一されました)でしたが、翌年、最上位版にアップグレードし、年末にはCG用のWindowsパソコンも導入。

フリーランスになってから、ダンボールアートのような間接的なCGの使い方だけではなく、より直接的なCGの仕事もしたいという考えを持つようになり、これまで以上に腕を磨かねばという思いもあって環境を整えました。


47歳、初めてCinema 4Dで仕事をする機会を得る

Cinema 4Dは初心者にも優しく、使っていて楽しいソフトですが、CG業界で圧倒的なシェアを誇るのがオートデスクのMayaと3DS MAXです。

CGの求人を見ると、多くの会社はいずれかの使用経験を必須条件にしていることが多いと思います。普通は仕事ありきなので、使いたいソフトで仕事を選ぶことはありえません。

ただ私はCinema 4Dで仕事がしたくて、実務経験もなく、スキルもまだまだでしたが、名古屋でこのソフトを使って映像制作をしている知り合いの会社にお手伝いできることがないかを聞いてみました。

47歳、CG業界未経験、Cinema 4Dも始めたばかり。面識があるとはいえ、門前払いでもしょうがないです。でも駄目で元々、挑戦なくして結果なし。連絡したところ、貴重な時間を割いて真剣にお話を聞いていただけました。

そしてわずか2週間後、早速、機会をいただいたのが今回の「デデデデザインて何?!」のお仕事。部分的にお手伝いしただけで、放映回の内容すら知りませんでしたが、なんと出身・在住の地である岐阜県各務原市が舞台じゃないですか!

番組は中部7県限定放送ですが、過去の分はつい先頃からウェブでフルバージョンが公開されています。私がお手伝いした回は2019年10月19日(土)に放送予定。後日、ウェブでも公開されると思います。

追記:放送された日に早速、公開されていたのでシェアします!

すごくご配慮をいただいて、ウェブの方ではクレジットに名前をいれていただきました。感謝と感動しかない…涙


小さな仕事だけど今後につながる大きな一歩

今回のNHKのお仕事は、クレジットに入れていただくのが申し訳ないぐらい、ちょっぴりとしかお手伝いしていません。でも最初の案件としては難易度も低く、最適でした。今週、別件でまた小さなお仕事をいただいて納品。

まだ、産声をあげたばかりの小さなお仕事ですが、私にとっては今後につながる大きな一歩です。

会社員時代から続く、様々な人達との交流が今回の機会を生み出してくれました。自己研鑽を続けつつ、今後より大きなプロジェクトに関われるように頑張ります!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

最後までお読みいただきありがとうございます! TwitterではCG方面のつぶやきが多めです。 https://twitter.com/Iwai ダンボールアートの主な作品はこちらでご覧いただけます〜 https://iwaimotors.com

おおきに!(・∇・)
15
ダンボールアーティスト、ブロガー、CGクリエイター。ものづくりや仕事のことを書きます。 https://iwaimotors.com/blog/profile

コメント2件

ダメ元を感じさせないフットワーク、実際に仕事をゲットしてくるお人柄や行動力、すごいです。こうやって人はどんどん成長できるというお手本のようなエピソード、シェアして頂きありがとうございます!
ありがとうございます!人柄が素晴らしいのは、私なんかの話を真剣に聞いてくれた制作会社の方です。感謝しかありません。営業をかけるのって勇気がいるけど、チャンスを掴むためにやるしかないですね!(^^
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。