けれど、私達は確かにパートナーだった。私がもらった深い深い愛の話をしよう

この前の水星逆行(7/26〜8/19)はミラクルだらけだった。

まあ水星逆行ってなに?ってのは私の星ブログとか参照していただくとして、水星逆行の特徴の一つに「元恋人と連絡取り合う」っていうのがあるんだけど、この前は3人の元パートナーと密に連絡とりあった.......。

私は比較的exさん達とは別れた後も関係が良好だったりする。彼らの今カノさんとの悩み相談に乗ったりするし、結婚しようと思うんだけどプロポーズどうしようとかそんな話を聞くのが好きだ。別れた男性には、とにかくいい男でいてほしいし、この世にJOYを振りまく存在でいてもらわないと困る。そしていい女とガンガン付き合ってほしい。

そんな中、私はさっき元パートナーといったけれど、久々に連絡を取り合った人たちの中に恋人でもなかったし、そういう関係にもならなかったし、けれども一時期本当に深く魂の交流をした男性がいた。

私とその人はツーカーだった。1話せば、10理解してくる。

彼はとにかくセンスがよくて、クリエイティヴィティに溢れていて、自分の好きなものをよく知っていて、正直で、穏やかな人だった。そして繊細でとても慎重。

こんなにこんなならば恋人になったりしても良いものだが、その時期はあらゆる現実レイヤーがごちゃごちゃしていて、二人が現実として"パートナー"になることはなかった。

けれど、私達は確かにパートナーだった。

私は彼を盛大に傷つけた。傷つけると分かっておきながら盛大に傷つけた。でもその時の私は未熟で、余裕がなくて、上に行くこと進むことしか考えてなくて自分のことでいっぱいいっぱいで彼のことを考えなかった。というか、罪悪感すごかったから、考えないようにした。

それから何年か経った、今回の水星逆行。時間が解決したのか二人は普通にチャットし始めた。

私は彼に私のしたことを謝ったり。あと最近どう?とか、女の子の話とか。

そしたらさ、彼が話の流れで

「当時僕がアイビーを好きだった理由」として...

「自分にとてつもなく正直で、誇り高くて、高い志を持っていて、素晴らしい表現者で、センスが良くて、可愛いから」

という言葉をくれた。

ねえ、あのさあ。生きている間に、肉体が生きている間に、こんな言葉を、自分がめちゃくちゃ傷つけただろう人から、もらえるなんてさあああああああああ!!!

愛に時間も空間も関係ない。一気に飛び込んで来て体を満たす。

私は、愛の力を見せつけられた。







この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

16
占星術師/アストロロジーライター。 5月頃よりHOUSE OF THE ANGLER -視点の部屋-オーナー(法人化&オフィス兼サロン準備中) noteでは赤裸々日記(エッセイ)も更新。まるはだかの心をつづるよ。自らの生い立ち&帰化(韓国→日本)についてのマガジンも書いています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。