見出し画像

ScalebaseがSalesforce&クラウドサインと連携しました!

 おはようございます。アルプ代表の伊藤です。

先ほど、こちらでリリースを出した通り、サブスクリプションビジネスの効率化・収益最大化プラットフォーム「Scalebase」と、商談管理・営業支援プラットフォーム「Salesforce」との連携を発表いたしました。

具体的には、「Salesforce」にインストールできるアプリケーション「Scalebase Connect for Salesforce」を提供開始し、「Salesforce」と「Scalebase」のリアルタイムでの同期、見積作成から請求・入金管理までのプロセスの自動化ができるようになりました。

加えて、「Scalebase Connect for Salesforce」上で、「クラウドサイン」と「Scalebase」との連携も同時に開始し、「Scalebase Connect for Salesforce」の商談や顧客ページから「クラウドサイン」を介して顧客に見積書や契約書を送付することができるようになっております。

画像1

「Scalebase Connect for Salesforce」開発の背景

一般的に「Salesforce」を利用されている企業の多くは、商談の記録や営業の案件管理などを「Salesforce」で行っています。

しかし、サブスクリプションビジネスでは、プロダクトベースでの「何が」「どれだけ売れたか」だけの管理では足りず、契約単位で「異なる料金モデル」「各々異なる契約期間」「複数の請求サイクル」「アップセル・クロスセルに伴う契約内容の変更」など、様々なものが含まれ、また随時変更を管理する必要があります。

このような契約単位で請求書の作成、会計ソフトへの入力、入金管理をはじめとする受注後のオペレーションについては、「Salesforce」自体を増改築含め、本来想定されていないいびつな形で利用する必要に迫られたり、スプレッドシートや他サービスを利用しアナログな管理・手作業が発生するケースも多く見られ、煩雑さが増大しています。

「Scalebase Connect for Salesforce」により、「Salesforce」-「Scalebase」間で必要な情報はリアルタイムで同期できるようになります。

営業の方は従前と変わらず「Salesforce」で商談・見積を作成し、契約を締結するだけでよく、個別にエクセルや契約情報の転記を行う必要はありません。「Salesforce」側での登録された取引先情報や見積の情報が、「Scalebase」側でリアルタイムで同期されるため、「Scalebase」での契約管理・請求管理にいたるまでの手間が完全に無くなります。

さらに、電子契約サービス「クラウドサイン」との連携も実現することにより、「Scalebase Connect for Salesforce」から直接顧客に見積書・契約書(場合によっては申込書)を送付し、「クラウドサイン」経由の契約締結情報をScalebaseと同期できるようになりました。

※なお、現在「クラウドサイン」と「Scalebase」の連携は、「Scalebase Connect for Salesforce」上でしか実現しておりませんが、より汎用性高く連携できるように計画はしております。

Scalebaseが目指していること

「Scalebase」を通して実現したいことは、ビジネスの自由度を最大限拡張していく、そしてそれに伴うシームレスなオペレーションを実現する(ビジネスオペレーションの摩擦係数を0にする)ことです。

サブスクリプションビジネスやSaaSビジネスが台頭し、世の中のビジネスモデルがどんどん複雑になる中で、既存のCRMとERPだけではオペレーションもビジネスの成長にも限界がみえてきています。

例えば、時間軸を含めた顧客の利用管理・契約管理や、契約変化の推移の管理などは既存のソフトウェアでは管理しきれないという課題があります。

これからはCRMとERPの間に立って、「商品設計」「契約」「請求」を一元管理できる柔軟なビジネスオペレーションの基盤が、日本のビジネスを支える上で確実に必要となってきています。そして、柔軟な基盤があるからこそ、ビジネスの飛躍的な成長・収益拡大の実現速度と確度が高まる。そう信じています。「Scalebase」は、CRMとERPの間をシームレス、かつ柔軟につなげられるビジネスオペレーション基盤のスタンダードプレイヤーを目指しています。

画像2

最後に

今回の連携のリリースにより、Salesforceをご利用の企業の皆様には、営業・商談の管理から請求管理まで完全にシームレスなオペレーションを提供できる自信があります。

まだまだ発展途上な部分も多いですが、多くのお客様からフィードバックいただきながら日々進化してまいりますので、是非デモが見てみたい、どういうことが解決できるのか知りたいという方は【こちらのお問い合わせ】もしくはcontact[at]thealp.co.jpよりご連絡ください!

さらに、最後に - Salesforceエンジニア大募集しています!

ScalebaseとSalesforceとの連携は非常に複雑、難解で設計力・実装力ともに高い技術レベルが必要とされています。そして、まだ顕在化していない顧客ニーズを仮説・検証を繰り返しながら探っていく、そして、Salesforceをベースとしながら、新しいプラットフォームを創っていくしていくダイナミズムの中での開発は非常に面白い体験ではないかと思っています。

アルプでは、そんな面白くチャレンジングなSalesforce開発をリードしていただける方を大募集しております!!!!

是非少しでも興味を持っていただきましたら下記bosyu経由でも是非ご連絡ください。話を聞いてみたい、とか全くカジュアルな形でも結構です!



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

33
モルガンスタンレー、ボストンコンサルティンググループを経て、2013年よりピクシブに入社、その後代表取締役社長兼CEOに就任。2018年8月にアルプ株式会社を創業。サブスクリプションビジネスの売上最大化・管理SaaS"Scalebase"を開発中。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。