ITライフコンパスのブログ @ PMP/ITコーディネータ/情報処理安全確保支援士

ITに関する不安や疑問などあれば、お問い合わせページよりお気軽にメッセージを送信ください。 http://www17.plala.or.jp/itlife/

ITライフコンパスのブログ @ PMP/ITコーディネータ/情報処理安全確保支援士

ITに関する不安や疑問などあれば、お問い合わせページよりお気軽にメッセージを送信ください。 http://www17.plala.or.jp/itlife/

    最近の記事

    プロジェクトマネジメントの「超絶なる心得」は?

    日経クロステックの谷島さんの記事がとても興味深かったので、自分の感想を書きます まずは、こちらをお読みください(以降の記述はこの記事を読まれている前提で書いています) 記事中にも「プロジェクトマネジメント(プロジェクトマネージャー)」という言葉が出てきている通り、記事で紹介されている「五輪書」および「超絶なる心得」には「プロジェクトマネジメント」におけるヒントが詰まっていると感じました 大きい所から小さい所を知る「大きなる所よりちいさき所を知り、浅きより深きに至る。」と

      • 今年の一文字は?(新年の抱負)

        あけましておめでとうございます 遅ればせながら、今年度の自分のテーマを決めました 新年の抱負を漢字1文字で表します 今年度の漢字一文字です 「楽」は、「たのしい」の意味もあるし「らくする」の意味もあります 自分が楽しんだり楽したりっていうこともあるし、周りの方に楽しんでもらったり楽してもらえるようにやっていきたいと思います noteの投稿も楽しめるものにできるよう頑張ります この1文字を選んだ理由理由は2つあります 1つ目の理由(Twitterで目を惹かれた投

        • PMBOK®ガイド第7版セミナーについて

          私も講師を担当させていただいた「PMBOK®ガイド第7版セミナー」が、2022年11月8日にオンデマンド配信が開始されています。 12月23日現在で公開から約1ヶ月半が経ちますが、おかげさまで申し込みは好調で約150名の方から申し込みがありました。 PMBOK®ガイド第7版の日本語版が2021年10月に発売開始となっていますが、第7版への関心が高いことがうかがえます。 「PMBOK®セミナー・プログラム」についてセミナーの制作ですが、PMI日本支部の活動の中で行われてい

          • 日本人は褒めるのが好き?

            先日、とある人が「日本人は褒めるのが好きだなと思った」と言っていたのが、心の片隅に引っかかりました。 それを聞いたときは、「そうかなー、日本人って褒め下手だと思うんだけど」と思いながら、それを声に出すことはしませんでした。 その言葉の意味が気になって色々考えていた時に、ひとつの考えが浮かんで「なるほど、そう見える場面も確かにあるかもしれない」と思いました。 例えば、ワークショップなどを行うと最後に振り返りとして参加者にコメントをもらう時間があります。 こういった振り返り

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 日々のつぶやき
            ITライフコンパスのブログ @ PMP/ITコーディネータ/情報処理安全確保支援士
          • お知らせ
            ITライフコンパスのブログ @ PMP/ITコーディネータ/情報処理安全確保支援士
          • 情報セキュリティ対策のコトハジメ(経営者向け)
            ITライフコンパスのブログ @ PMP/ITコーディネータ/情報処理安全確保支援士
          • 代表者の経歴
            ITライフコンパスのブログ @ PMP/ITコーディネータ/情報処理安全確保支援士

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            暗黙知が形式知化された時の注意点 ~ 形式知の点と点を繋げる

            情報共有の話をする時、「暗黙知では情報共有できないから、暗黙知から形式知に変えていかないといけない」といった話が必ずといっていいほど出てきます。 目に見えない暗黙知では情報共有できないので、目に見える形式知に変えないといけないのは当たり前の話です。 しかし、この「暗黙知の形式知化」は一筋縄ではいきません。 言語化してかつみんなに分かりやすく(情報共有しやすく)するのは、かなり難易度が高いです。 無事その大きな壁を乗り越えて、無事形式知化できればひとまずやれやれという感じで

            【ご意見募集】「PM Award」に推薦したいプロジェクト

            昨年度に引き続き、「PM Award 2022」の運営スタッフとして関わらせていただいています。 「PM Award」とは、プロジェクトマネジメントの啓発・普及団体であるPMI日本支部で、日本国内および日本企業・団体による優れたプロジェクトを表彰する制度です。 本年度の「PM Award」を運営していくにあたって昨年度の経験も踏まえて、どうしていくべきかといったところをメンバーで喧々諤々と話し合っています。 私個人の思いももちろんあるのですが、メンバーの意見を聞いていると

            システム障害の原因分析で必要な2つの視点

            ITシステムをリリースして本番運用開始後に発生してしまうシステム障害は、もちろん発生しないことに越したことはないのですが、現実問題としてゼロにするのはなかなか難しいです。(だからと言って、「システム障害が起きてもしかたない」と言っているわけではありません。) もちろん開発者もシステム障害を起こそうと思っているわけではないですし、いいシステムを作ろうと努力しています。(障害が起きれば上司や顧客に怒られますし) ただ、それでもシステム障害が発生してしまうことがあります。 あ

            ITシステム構築のプロジェクトが建設業のプロジェクトより難しい理由

            IT業界は建設業界と比較されることがよくあります。プロジェクトマネジメントにおいても、進捗管理・品質管理・原価管理といった面において建設業のノウハウを取り入れています。 しかし、建設業のプロジェクトの成功率の高さに比べると、ITシステム構築のプロジェクトの成功率は格段に低いです。 なぜ、ITシステム構築のプロジェクトの成功率が低いのか。 よく言われるものとしては ソフトウェアが目に見えないものなので状況が把握しづらい IT技術の進歩のスピードが速く変化に対応しづらい

            PMBOK7 のメッセージを読み違えないように

            プロジェクトマネジメント協会 (PMI) が発行しているプロジェクトマネジメントの知識を体系化したPMBOKですが、2021年7月にそれまでの6版(PMBOK6)から7版(PMBOK7)へ改訂されました。(日本語版は2021年10月より提供開始。) PMBOK7 は、PMBOK6以前のものと記述内容が大きく変わっています。 全く記述内容が変わっているため、端的にどう変わったと言いづらいところですが、例えば プロセスベースの記述が中心だったものから、原理原則ベースの記述に

            「やった」か「やらなかった」かではなく、優先度が「高い」か「低い」か

            「やろう」、「やりたい」と思っていても、時間がなかったり割り込みの作業が入ったりして、なかなか思うようにいかないことがあります。 やりたいと思っていることがなかなかできないと、罪悪感に襲われてしまうこともあります。 「なぜできないか」ということを考えると、もちろん「単に怠けてしまった」というような理由も浮かびますが、それよりも自分がやることの優先順位を明確にできていないのが大きいのかなと思います。 逆に言い換えてみれば、できてなかったことは「他に優先順位の高いことがあっ

            【書籍紹介】会社のITはエンジニアに任せるな!

            「会社のITはエンジニアに任せるな!」というある意味挑発的なタイトルになっています。タイトルにITという単語が含まれていますが、タイトルからもわかるようにエンジニア向けの本ではありません。むしろ、ITを専門としていない一般の方向けの本と言えます。ITに関する専門用語が出てこないので、一般の方にも読みやすい本かと思います。 本書で印象的なのは、「ツール型IT」と「プラント型IT」と区分して、ITを単なるツールだけと捉えていないところです。今やITは業務と切っても切り離せないも

            本当に大丈夫?今更ながらApache Log4jの脆弱性について再警鐘

            巷で話題となっている Apache Log4jの脆弱性(CVE-2021-44228)についてです。 世界中のソフトウェアベンダーやサービスプロバイダを震撼させていると言われるほどの深刻なもので、メディアを中心にかなり話題になっているので、公表から3週間ほど経っているので「今更その話か。聞き飽きたよ。」という方も多いでしょう。 今更感が強いLog4jの話をブログで書こうと思ったのか。 システムへの影響の有無について、誤った判断をさせてしまう可能性があると感じているからです。

            ITシステムの導入は誰が行うのか?

            以前より主張していることですが、ITシステムを導入する際のプロジェクトマネージャーは、システム構築を委託するITベンダーではなく、利用者である顧客側が担当するべきだと考えています。 最近、PMBOK7を読み始めていますが、PMBOK6から内容的に大きく変わっています。 大きな変更の一つとして、以前のプロセスベースから価値ベースへの変更です。つまり、プロジェクトでいくら品質の高い成果物が作れたとしても、それが価値を生み出すものでなければ、そのプロジェクトに価値はなかった(つ

            【募集】各種デジタル化ツールを一緒に勉強しませんか?

            中小企業デジタル化応援隊事業は残念ながら一時中断していますが、(不正な案件を除いて)相談案件を見ていると、どんなことが課題になっているのかが見えてきます。 停止前の案件は、以下のようなものが多かったように思います。 ◆テレワーク ◆SEO対策(集客) ◆ECサイト構築 ◆デジタルマーケティング ◆ホームページ構築 やはりこのコロナ禍をどうやって乗り切るかということが主な関心事のようです。 なので、IT専門家としてはこれらのスキルを高めていく必要がありそうです。私もこれ

            【ご意見・アイデア募集】ドキュメント管理の悩み

            何かの資料(WordやEXCELなどの電子データ)を作る時に会議でのレビューやメールで回覧により関係者の意見を聞いて修正するということがあります。 単純に資料に対する指摘事項を受けてそれを修正するだけならあまり問題にはならないのですが、例えば資料中に修正のコメントや質問など加えたり、その指摘の修正版を送り返したりをメールでやり取りをしていると、その当事者同士だけならまだしも他の関係者から見たときにどれが最新のデータなのかが分からなくなることがあります。(当事者でもきちんと整

            GitHub使ってみた

            気にはなりつつ手を出せていなかったGitHubを使ってみました。 どうせ使うなら意味あることに使おうと思って、自分のホームページデータ(HTML/CSS等)のソース管理を試してみました。 なるほど、ソースの修正履歴は見やすくていいですね。 修正前後のソースを左右に表示して見比べられるのもよきです。 GitHubの使い方は以下のサイトなどを参考にしました。 ただ、いちいちコマンドでコミット・プッシュ(※用語については、上記サイトなどを参照ください)をするのは面倒に感じ