いしつく! / イラストサイトのつくりかた
5:ホームページ(トップページ)の作り方【WordPressでポートフォリオサイトの作り方徹底解説】
見出し画像

5:ホームページ(トップページ)の作り方【WordPressでポートフォリオサイトの作り方徹底解説】

いしつく! / イラストサイトのつくりかた

前の記事では、制作事例ページ(作品ページ)の作り方を説明しました。この記事では、ホームページ(トップページ)を作っていきます。

およそ全ての訪問者が目にするであろうページなので、きっちり作っていきましょう。この記事ではパーツごとに説明します。

この記事だけでスクリーンショット60枚以上の解説という結構なボリュームですが、事細かに説明するのでご安心ください!

この記事はマガジン「WordPressでポートフォリオサイトの作り方徹底解説」の一部です。最初から読みたい方はまえがきをみてください。

ちなみに、クリエイターの皆さんが好きな「扉ページ」「エンターページ」は作るだけソンな代物ですので、ここではやりません。なぜソンなのか知りたい方は次の記事を読んでください。

ホームページという用語について

話を進める前に。

「ホームページ」とはウェブサイトの代表ページのことです。ウェブサイトそのもののことを「ホームページ」と呼ぶのは誤りです。この機会に認識をアップデートしておいてください。

WordPressの設定では「ホームページ」または「フロントページ」という言葉で登場します。この記事では念のため「ホームページ(トップページ)」という表記も使っています。

ファイル 2021-08-28 15 52 44

ホームページ(トップページ)を作るにあたっての考え方

作り方の説明の前に、どんなホームページを作ればいいか、おおまかに把握しておきましょう。

ホームページの理想は「それ1ページ見ればおおよその情報が掴める」ようにすることです。

クリエイターでいえば
「このクリエイターはどんな仕事をやっていて、
この人の主な実績にはこんなものがあって、
仕事を頼みたい場合はこうすればいいんだな」
と、訪問者がホームページをざっと眺めればある程度把握できる、のが理想だということです。

● 情報を並べる順番
 ただし、やたらになんでもつめ込めばいいというわけではありません。「こう情報を並べると伝わりやすい」というテンプレがありますので、それに沿って作っていきましょう。

クリエイターは「とにかく作品を見てほしい」ということばかり考えがちなので、知識なしに作るとイマイチ伝わらないページになりがちです。だからテンプレを利用したほうがいい。

ホームページの内容

ホームページでの、情報を並べ方について説明します。

● 情報の並べ方テンプレ
 この順に作っていきます。

この続きをみるには

この続き: 8,091文字 / 画像65枚

5:ホームページ(トップページ)の作り方【WordPressでポートフォリオサイトの作り方徹底解説】

いしつく! / イラストサイトのつくりかた

400円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
いしつく! / イラストサイトのつくりかた

イラストレーターさんはじめクリエイターさんがより良い仕事に出会える世の中を目指してます。応援よろしくお願いいたします!

いしつく! / イラストサイトのつくりかた
「仕事の依頼が来る」ポートフォリオサイトの作り方や考え方をお伝えするのが使命のアカウントです。独立当時地方在住ぼっちイラストレーター、ウェブサイトを活用して大手出版社や企業との取引を多数経験。実績:朝日新書、週刊文春、リクルート、飛鳥新社、あまから手帖、ダスキン機関紙などなどなど