Junka

Lomilomi practitioner🙌✨/自然業 on Earth 🌍 🌴🥑🍍🥭🥥🐝🌿🌞🌈 東京都出身 ハワイ島在住 Down-to-earthな暮らしをしながら、ハワイ⇆日本でプライベートセッションやWSを行なっています。

Junka

Lomilomi practitioner🙌✨/自然業 on Earth 🌍 🌴🥑🍍🥭🥥🐝🌿🌞🌈 東京都出身 ハワイ島在住 Down-to-earthな暮らしをしながら、ハワイ⇆日本でプライベートセッションやWSを行なっています。

    マガジン

    • Be your true self

      Body・Mind・Spiritのクリアリングとアラインメント、Happy vibesのつくりかた、”ほんとうのあなた"で在るためのHow to セルフケアマガジンです。フォトグラファー砂原文さんの光溢れる美しい写真とともにゆるっと発信していきます。

      • Be your true self

    最近の記事

    #17 ひとりになる勇気

    こんにちは。 だいぶ、だーいぶ、ご無沙汰してしまいました。月日はビュンビュンと瞬く間に過ぎていきますね。 今回は、他者との関係性について書いてみたいと思います。 ”ソーシャルディスタンス”が当たり前となった世の中で、 人と人との距離感にも、だいぶ変化があったのではないでしょうか。 自分のことは自分では見えません。 だから他者の存在が必要です。 こう着状態に陥っているとき、自分では気がつきません。 だから時にゲームチェンジャーが必要です。 ですが、 人に合わせす

      • #16 Cleanse yourself

        ハワイでは昔から、海水や海塩を加えた水を用い、自身や空間などを浄化することで、心とからだ、そして魂の健康と清浄を保つとされてきました。 kaiとはハワイ語で海、海水。 Kapu kaiは浄化のための儀式的な沐浴 Pī kaiは浄化のために海水を人や土地に振りかけることを指します。 私たちもその慣習に倣い、ハワイのカルチュアルプラクティショナー(文化実践者)として、儀式の前や神聖な場所を訪れる時は、日が昇るだいぶ前、まだ暗いうちに静かに海に入り身を清めます。 そのため

        • #15 あなたのParadise

          Woman is a treasure(女性は宝物) 私の師匠はよくそう言っていました。 女性が女性であるということを受け入れ、自分自身のことを大切にするとき、人生のいろいろな歯車がかみ合い、スムーズにまわりはじめ、とてつもなく大きなパワーを生み出します。 なぜなら女性は一人一人がボルテックスだからです。 ボルテックスの入口、それは女性器であり第1チャクラです。 私のボルテックスの入口を “君のParadise”と表現した人がいました。 そう、私たち女性は一人一

          • #14 変化を楽しむ

            今、大きな変化の真っ只中なプロセスにいる私たち。 先行きが見えず、心がざわついて落ち着かない日々かと思います。 でもそのざわつきこそが変化の兆し・お知らせなのです。 この世界にずっと変わらないものはありません。 変わらないようでいて、常に変わり続けているのが宇宙の理です。 変わることってこわいです。 なぜなら未知だから。 単にそれだけです。 慣れていて安心するからといって もうあまり惹かれていないものに執着したり、 気分が乗らないことを継続したりすることは

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • Be your true self
            Junka

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            #13 ジャッジをゆるめる

            この世界には 〜あるべき I should be〜 〜すべき  I should do〜 〜しなければ I must/have to do〜 って実はありません。 ほんとうのところは大きく分けて 〜したい  I want to  か 〜したくない I don’t want to ことしかありません。 例えば、 〜しなければの想いがむくむくと起こってきたとき、 これを私はしたいのか、したくないのかで分別するプラクティスをしてみると、 自分のほんとうの気

            #12 感謝は増幅する

            私がStay homeから学び始めたポジティブ心理学。 私たちの思考や言動のバイアスをニュートラルにし、よりハッピーな人生を送るためのセルフプラクティスとして、 “Rewirement challenge”という課題があり、 その中で、毎日一日の終わりに感謝する項目を5つ書き出すDaily Gratitude Journal というワークがありました。 海に行けたこと 庭で育てた野菜を食べたこと 素敵なメッセージをもらったこと 大切な友人たちがそばにいてくれるこ

            Zero Waste Lifestyle

            Stay homeの間、本来の自然の美しさが戻るという素晴らしい出来事がありました。 私たちの生産と消費について、このままで良いのか一度立ち止まり、地球環境の視点であらためて考える機会をもらった気がします。 何事も、これは自然に還るのか、環境に優しいのか、ゆったりと考えてから選ぶ。 時間にゆとりがあることにより、それが可能になった気がします。 そんな中、私が特に意識しているのは Reduce plastic and paper usages  (プラスティックと紙

            #11 Clear space, Clear mind

            昨今、断捨離という言葉はすでに私たちのスタンダードになりました。 不要なものを処分したり、隅々まできれいにお掃除をすると、ざわついていた心もすっきりと軽くなりますよね。 kapakahi(カパカヒ)とはハワイ語で 偏っていたり、曲がっていたり、あるべき場所に置かれていないこと。 私の師がよく Outside kapakahi, inside kapakahi (外側が雑然としていると、内側も然り) と言い、常に身のまわりをきれいに整理整頓することの大切さを教えて

            #10 お腹のフィーリング

            インナーチャイルドとの対話で、 彼女の意思が”お腹のフィーリング“として感じられたとお話しました。 英語でGut feeling(ガットフィーリング)という言葉があります。 Gutとは内臓のこと。 論理ではなく本能からのリアクションとして起こる直感や感覚のことをガットフィーリングといいます。 みなさんも何かを見聞きしたときに、 お腹がモヤッと重くつかえる感じがしたり 逆にフワッと軽くなる感じがしたり 「これだ!」という言葉にならない確信のようなものがやってくる

            #9 自分に最高のものを与える

            インナーチャイルドとのレッスンで私が得た大きな気づきがあります。 それは、 “まぁこれでいいか”と妥協したものではなく、 二番目三番目のものでもなく、 “これがいい!”という最高で一番のものをいつも自分に与え続けるということが、 自分をしあわせにするために最も重要なファクターであるということです。 常に自分をご機嫌にし、甘やかし、ご褒美をあげる。 大好きなもの・人・ことで満たす。 そうすると、自分の外側に何かを期待したり求めたりすることが自然となくなります。

            #8 インナーチャイルドとの対話

            前回のお話でふれた、小さなわたしとの対話について。 一日のはじまりに必ず 「おはよう、今日はどんな気分?何がしたい?」と語りかけ、 今日着る洋服を選ぶとき 買い物するとき 人に会うとき 何がいい?どうしたい?どこへ行きたい? どんなに小さなことでもまず彼女に聞くようにしました。 そして一日の終わりに 「今日もありがとう、楽しかったね。 大好きだよ。」と声をかけて眠る。 彼女は普段ほとんど眠っているからか無反応だったり、 私が思っていたことと真逆or予想

            #7 インナーチャイルドとの仲直り

            ハワイ島に住み、ハワイ島の植物でフラワーエッセンスを作っているMeliaという女性がいます。 https://hawaiianrainforestnaturals.com/ 2017年に初めて彼女のセッションを受けた時のこと。 自己紹介や近況、セッションを受けたいと思った理由などについて話した後、 Meliaはふと私から視線をはずし、風に揺れる木々や草花をゆったりと眺めながら、彼女に話しかけてくる植物やスピリットと無言で対話しはじめました。 (Meliaは植物とコミ

            #6 Dream seeds 思考の種

            According to Hawaiians, thoughts contains “mana”(spiritual power), Healing comes from good thoughts and spirit  (ハワイアンによると、思考にはマナと呼ばれるスピリチュアルパワーが宿っていて、 ヒーリングは良い思考とスピリットからやってくるとされています) たあいのない雑念から重い想念まで、私たちは常に何かしらの思考とともにある生き物です。 ポジティブだった

            #5 自分の骨のお世話をする

            ハワイでは、iwi(骨)にその人のパワーが宿るとして、とても神聖なものだとされています。 骨はまさにその人のコアであり、亡くなった後もスピリットが宿り続ける不死のシンボル。 ハワイ語で Hana no i ka ko iwi (自分の骨のお世話をしなさい) という言葉には あなた自身のお世話をしなさい。 人のことにかまわず、 自分自身を尊重し、興味のあることを大切に。 という意味も含まれます。 私たち一人一人が、自分の言動にしっかりと責任を持ち、 まわり

            About Lomilomi

            Lomilomiは、単なるリラクゼーションマッサージではなく、 骨の調整、会話、チャントや祈り、ホ・オポノポノ、ハワイの薬草学などを組み合わせ、Body・Mind・Spiritのすべてがバランスを取り戻すことをゴールとした、ハワイの包括的なヒーリング方法です。 私の師は Lomilomi is a life style, just live with it  (Lomilomiはライフスタイル、ただそれとともに生きなさい) と言いました。 Lomilomiは生き方

            #4 がんばらないという選択

            私が男性性かなり強めで働きづめだった頃、 立ち止まるために何が起こったかというと、 仕事帰りに、自転車で帰宅途中に車にぶつかり右半身強打するという事故に遭い、 幸いなことに大怪我には至らず、しばらく整体や電気治療に通い、3ヶ月くらいで完治。 ...したところに、2回めの事故。 まったく同じシチュエーションで、車が右からやって来てぶつかり、右半身を痛めるという”右”祭り。 2回めの治療中に友人からの 「働きすぎなんじゃない?」 の一言でようやく気づくという始末。