勝手に留職プログラムおつかれさまでした!
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

勝手に留職プログラムおつかれさまでした!

イシノマキホップ

キリンアカデミアの有志のみなさんが参加してくださった「勝手に留職」プログラム。

キリンアカデミアとは
「キリンで挑戦志向の風土を作りたい」という想いのもと、若手社員で結成。若手・ベテラン・本社・地方問わず学びを共有する場を提供することで、社内にさらに挑戦志向できる風土を作っていくという取り組みです。

KIRIN公式noteより

その中から、さらにご縁あって私たちイシノマキ・ファームの活動、特に「ホップ」の蔓や葉など普段活用されていない資源の活用に興味を持ってくた皆さんが集まり、ホップ畑にホップの蔓がに向かって伸びるころ、「勝手に留職」プログラムが始まりました。

2021年6月頃から数か月にわたり、主にオンラインで、通常は廃棄してしまうホップの蔓や、ビール以外の毬花の6次化や、それらを活用した地域活性化により、サステナブルな社会を目指すべく、様々なアイデアを考えていただきました。

今回の活動に際し、イシノマキホップストアを通じて募った活動資金として17,500円を皆様よりご寄付いただきました。
ご寄付くださいました皆様、本当にありがとうございました。

残念ながらコロナ禍のため、現地で直接お会いしての活動は叶いませんでしたが、集まった活動資金から蔓を実際に参加メンバーに送ったりすることで、メンバーのみなさんがご自宅などでトライアルをしてくださり、それを元にしたアイデアも登場するなど、オンラインメインではありつつも、どこかリアルにご一緒しているような雰囲気を感じる時間となりました。

この活動を通じて様々なアイデアをいただきましたが、そのうちの一つが、イシノマキ・ファームでも試したことがなかった草木染。勝手に留職プログラムの参加者の方のトライアルの気づきを元に、それならばイシノマキ・ファームでもやってみよう!となり、ついに私たちもホップ染めをやってみました。

やさしいピンク色に染まり、廃棄されてしまう蔓や葉から生まれたとは思えない良い出来上がりになりました。

また、煮出してみると、蔓からもほのかにホップらしいいい香りが。
これを活用して出た次なるアイデアはロウリュウ。
「ロウリュウ」という単語、昨今のサウナブームで聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

ロウリュウとは、サウナストーンに水をかけて水蒸気を発生さえることで、体感温度を上げて発汗作用を促進する効果があると言われています。

サウナストーンに掛ける水には、アロマオイルなどを加えることもあり、この蔓を煮出した水を活用することで、ホップの香りも感じられ、よりリラックスできるのでは?というアイデアでした。
それであればテントサウナを使って、ホップ畑の中でサウナ体験、そして「巻風エール」や石巻の幸でBBQしながらカンパイ!なんてできたらおもしろいかな?とアイデアはどんどん広がりました。

その他にもアクセサリーや小物など、通常は廃棄してしまう蔓や葉を使った様々なアイデアをいただきましたので、今後の商品化にもつなげていきたいと思います。

まずは、来夏のホップサウナを実現に向けて動けたら、と。実現の際には改めて各種SNSでお知らせさせていただきますので、どうぞお楽しみに!

改めまして、今回の勝手に留職プログラムにご参加いただいたみなさま、ご寄付をいただいた皆様にこの場を借りてお礼申し上げます。
ありがとうございました!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
イシノマキホップ
2017年から宮城県石巻市北上町でホップ栽培を本格的にスタート。そのイシノマキホップを贅沢に使用したビール「巻風エール」のことや、ホップ、農家についてお伝えできたらいいな、と。国産ホップを語れる/楽しめる/味わえる仲間に出会えたらうれしいです。