見出し画像

フリーランスのリスク

先日「#フリーランス悲鳴」というタグがtwitterで話題になっていました。

今コロナが流行している関係でホテル関連、旅行関連、店舗関連など売上が激減しているところが出てきていることはご存知かと思います。

そこで一部の業種に対して国からコロナで売上が下がった分の補償を出す動きがあるようです。

ただフリーランスに対しては補償は(今のところは)無いので、
「フリーランスに対しても補償すべき」
「いやいや自己責任でしょ」
という議論が起こっています。

フリーランスに対しても補償を出すべきかどうか?という部分に関しては正直私はあまり意見は持っていません。

ただ今回のコロナに限らず「予期せぬ事態が起きて売上が激減する可能性がある」ということを常に頭に入れておきながら、事前にそれに対する対策をしておくというのは非常に大事なことだと考えています。

具体的にはツイートにも書いたとおりですが、
・キャッシュポイントを複数作る
・事業の仕組み化、自動化を図る

という対策を予めしておくのが重要かなと。


フリーランスのリスクというのは今回の様な天災(と呼んでよいのかどうかわかりませんが)に限りません。

下記でもツイートしていますが

病気や事故などによって自分が動けなくなってしまい、その間売上も立たなくなるし作業もできなくなる、というリスクは現実的に起こる可能性が高いリスクです。


また意外と見落としがちなのが、フリーランスでスタッフやパートナーも使わず本当にほぼ自分一人でやっている方の場合、

当たり前ですが
「仕事を受注する」という行為と
「受けた仕事を捌く」ということを、
どちらも自分一人でやらないといけない
わけです。

そうなると、ある月は営業活動を頑張ってたくさん仕事を受注したけれど、その次の月は受けた仕事を捌くのに手一杯で営業活動ができなかった、ということがよく起こります。

つまり、ある月は売上が大きく上がったけれど、その次の月は売上が激減、焦ってまたその次の月は営業を頑張って売上が上がったけれど、またその次の月は作業に追われて売上が下がって・・・

という感じで、まるで売上がジェットコースターの様に上下してしまうのです。

これは精神的にもかなり安定しません。


私にもビジネスのことを色々と学ばせてもらった、いわばメンターの様な方がいるのですが、その方が

「新規顧客開拓と同じくらい新規外注開拓も大事だよ」

と言われていて、当時私は目からウロコが落ちるような気持ちでした。

確かに外注先をいくつも確保していれば、自分ひとりでは捌けない時に仕事を振ることが出来ます。

また、仮に自分が「デザイン」しか出来なかったとしても、コーディングが出来る人、ライティングが出来る人、などの外注パートナーがいれば「集客のためのLP制作」など自分一人では受けれなかった仕事も受注することができるようになります。

依頼する側としてはワンストップで仕事を受けてくれる方の存在というのはありがたいものなので受注率が上がるというメリットもあります。


ちなみに私は自分がやってきた広告やライティングなど「ウェブマーケティング」の知識、スキルを教えるということもやっています。

もちろん有料でやっているのですが、これは単純に教えることによる収益だけを目的としているわけではなく「仕事を振れる人を自ら育てる」という意味合いも強いです。

教わっている方の中でスキル、知識が上がってきた人には私の方から積極的に私が行っている仕事を振ったり、手伝ってもらったりなどしています。(もちろんその分の費用はお支払いして手伝ってもらっています)

教えることで収益も上げながら、人材の育成もしている。誤解を恐れずに言えば「お金を頂きながらインターンをしてもらっている」ような状態です。

また実際に教えている中でその人のスキルや知識の度合いを見ながら仕事をお願いすることができますし、教えていく中で当然ある程度の信頼関係も既に構築できているので「お願いして失敗だった」ということが起こりにくいです。

私の会社は理念として「雇用はしない」と決めているので雇うということはしないのですが、場合によっては教えた人の中で優秀な方がいたらそのまま正社員として採用しても良いと思います。

今人材難で優秀な人材の採用に困っている企業も多いですが、「教える」という事業は単純にキャッシュポイントを増やすという意味以上に様々なメリットもあるので積極的に行っていくべきだと考えています。


ちょっと話があちこちに飛んでしまったんですが、今6人に1人がフリーランスだと言われている中で、今後もフリーランスとして活動する方はますます増えていくことと思います。

「フリーランス」というと「時間・場所に縛られない」「自由」の様な良いところばかりが喧伝されがちですが、フリーランスはフリーランスで会社員にはない様々なリスク・デメリットもあるので予めそのリスク・デメリットに対してどう対処していくのか?というのを考え対策しておくことは重要なことかなと考えています。

少しでも参考になりましたら幸いです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!よろしければフォローもお願いします!
60
一人会社で初年度年商1億、3年で年商3億のIT社長/1社の代表、3社の役員/WEB広告、LPを使った集客のプロ/ご相談はDMにて/ブラック企業で精神消耗→2016年に独立/嫁と小学生の息子と3人暮らし/実家に猫が10匹/キッチンカーもやってます/好きなたべものは納豆です。

この記事が入っているマガジン