スクリーンショット__315_

「努力」は存在しない。

一競技者だった者として、

 そして今、

 一指導者の端くれとして 

取り留めもなく僕の実践していたこと、
思ったことを

今後この”note”に書き記していこうと思います。

このノートがいつか誰かにとって有益なものとなれば幸いです。

 -----------------

前回は、自分のサインを見逃さない。 
それを怠たるとどんなに良い先生に教わっても、自分のモノにはならないよ。ということを書きました。

今回も、その続きではありません←笑

 -----------------

【努力は存在しない】



僕の中では、「努力」という言葉は存在しません。
(…というか、しっくりこないというか。)


最近、

「麻生くんってめっちゃ努力家だよね」


と言って下さる方がいらっしゃいます。

ただ、なんかあんまりしっくりこないんです。
(認めて下さるのはすんごくうれしい←)

たしかに、
がんばっていることは、がんばっています。


けれど、


人様に向かって「僕は努力しています」とまで言えるレベルではない


かなぁ。


と思うのです。
(世の中もっとがんばっている人、沢山いるだろうし…)



「当たり前のことを、当たり前にやる」というか。



現役時代もそうでした。


僕の専門種目は、1500m自由形といって、


水泳の中で最長距離の種目
でした。
(今「泳げ」といわれたら100%泳ぎたくないです笑)


そのため、トレーニングは人一倍長いです。多いです。
(1週間に100キロ以上泳ぐくらい。)


仲間のトレーニングが終わっても、泳ぎ続ける。
そんな種目でした。


けれど、



「結果を出したい。だからやる。」


ただそれだけでした。


「当たり前に、淡々とやる」というか。


「自分はこれだけ努力した!」が自信につながる人もいるのですが、


「自分は努力をしているんだ!」
と、思えば思うほど、エネルギーを消費する気がしたんですよね。


僕の場合は。


今、トレーニングのモチベーションが絶賛下降中の方!
なにかをすることのモチベーションが絶賛下降中の方!


「その日の気分」でトレーニングしていませんか?
「その日の気分」で一日を過ごしていませんか?

そのやり方だと、

せっかく計画した
トレーニングプランニングもズレていってしまいませんか?


自分の人生のプランニングもズレていってしまいませんか?


今日だけは、「当たり前だ」と思いながら
トレーニングをやってみてはいかがでしょうか?

今日だけは、「当たり前だ」と思いながら
自分が本当にやりたいことにトライしてみませんか?



「当たり前だ」と思いながらやると、疲れないですよ~笑


「こんなに努力したのに結果がでなかった!」
という趣旨の投稿をSNSで見かけることが多かったので、

書いてみました~^^

ーー
このnoteが

「タメになった!」

「勉強になった!」

と思ってくれた方は

是非、

「スキ(ハートボタン)」

や、

あなたのフェイスブックや、ツイッターで
「シェア」

をして、広めてくれるとうれしいです!

広めてくれた方には…

なんと……

僕が喜びます!!!←

あなたからの

「スキ」

「シェア」

が多ければ多いほど、

良質なコンテンツを書こう!

という

僕のモチベーションがUPする!

ので

よろしくお願いします~m(__)m


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

水泳が速くなる視点や考え方などを、選手時代の実経験や指導者として得た知見をもとに書いています。よろしければサポート頂けたら嬉しいです。

192
元水泳日本代表。1500m自由形専門。最終選考で五輪の夢破れ現役引退→渡米。イアンソープ等数々の五輪メダリストを育てたコーチと偶然出会い、最先端の技術を学ぶ。日本水泳連盟公認コーチ。「水泳が速くなる視点」を発信中。ブログ→ https://aso08.com/intro/

こちらでもピックアップされています

トライアスロン
トライアスロン
  • 1本
コメント (1)
他人から見る努力が必ずしも本人の努力とは限らず、本人にとっては習慣であり、当たり前であり、努力という概念が当てはまらない場合が、往々にしてある。

ということですかね?
素晴らしい‼️ヽ( ・∀・)ノ
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。