見出し画像

片道6時間かけて屈斜路湖でカヌー体験してみたらさいこうすぎて終わりたくなくてつらい

こんにちは、北海道のひだりうえに住む移動ゾンビことはらちゃんです。みなさん、移動してますか?思い出作ってますか?
仕事でもそれなりに移動をこなしているわけですが、それに加えて思い出づくりのためにもめちゃくちゃ移動しています。今回は片道6時間かけて屈斜路湖畔に住むツアーガイド&フォトグラファーのぶんちゃんのカヌーツアーを経験しつつ思い出を作るために伺いました。結論からいうとさいこう。ちなみにぶんちゃんは<SARU OUTDOORGUIDE & PHOTOGRAPHY>という屋号で活動しています。


画像1

ちなみにわがまち遠別町からはだいたい6時間。いつもの睡眠時間とおなじくらいです。

スロウな和琴半島一周ツアースタート

さっそく和琴半島に集合し、ツアーガイドであるぶんちゃんからコースの説明を受けます。

画像2

誰も説明に集中してないのウケる。(このあと圧倒的集中力を発揮して説明を聴きました。命に関わるからね!!)
今回のツアー参加者はたくろくんおかぴかずきゅんえいふうぼくの5名。どんな人たちはリンクからそれぞれのTwitterアカウントをご覧ください。説明長くなるから。
コースの説明のあとは湖へと移動しカヌーのパドルワークや緊急時についてレクチャーを受けます。

画像3

湖のそばに佇むカヌーを眺めるだけでもう気持ちが高まる。

画像4

救命胴衣を身につけるとさすがに命に関わることを察知してしっかり説明を聴きます。

いざ屈斜路湖へ

ひととおりレクチャーを受けたらさっそく湖へ。

画像5

画像6

画像7

画像8

なにこれ気持ち良すぎ!!!!!!ヤダもう!!!

しかもツアーガイド兼フォトグラファーのぶんちゃんが湖上からさいこうの写真を撮影してくれます。(掲載した写真)

ぼくもカメラを持参していましたが、転覆の恐れをぬぐいきれず持ち込みを断念しました。こういう場合、熟練したガイドが写真撮影のサービスもしてくれるのはめちゃくちゃありがたいです。

岩場ですこし休憩

画像9

とちゅう、良さげな岩場で休憩を挟みました。屈斜路湖周辺は温泉の湧き出る地域、このあたりでもいたるところに沸いています。おもむろにぶんちゃんが生卵を取りだし...ええーーっ!?!?!?

温泉卵がつくれる&食べれるなんて!!!

画像10

なんだよこれさいこうかよ...のんびりコーヒーを飲みながらあたりを散策&温泉卵の完成を待ちます。

画像11

画像12

トゥルントゥルントゥルンのたまごにふわあああってなる。

画像13

さいこうに落ち着く休憩時間を過ごして、再度カヌーに乗り込みます。

画像14

『あの流木くぐろうよキャッキャ』

画像15

『レースだ!レースだ!負けねえええええ!キャッキャ』
湖上の魔法にとりつかれて、まるで子どものようにあそびたおしました。

画像16

誰ひとり欠けることなく無事終了できました。最後に記念撮影。もれなく笑顔!そら笑顔なるわ...。

ログハウス堪能BBQまつり

カヌーが終わったあとはぶんちゃんが暮らすログハウスへ。

画像17

画像18

こんなログハウスで生活するとかうらやましすぎて泣けてくる。ずるすぎ。

画像19

火起こしをして。

北見からきたたくろくんが持ってきてくれた北見焼肉も準備して。(北見市は焼肉の聖地

画像20

かんぱーい!!!!

画像21

ウェエエエエエエイッッッッフウウウウ!!!

画像22

画像23

ガツガツガツ!

画像24

ムシャムシャムシャ!

画像25

カヌーでけっこう体力を使い果たしたらしく食欲もじゅうぶん。ひたすら食べる&飲むのくりかえし。がっつきます。

画像26

ぶれるほどおだってた...

夕暮れ時もさいこうのロケーションだったなあ。

画像27

夕暮れも眺め終わり、みんなの腹も満たされたということでぶんちゃんログハウスから徒歩で行ける&夜もずっと解放していると露天風呂へ。


画像28

カヌー×BBQ×ワイルドな露天風呂。
気持ち良いの重ねがけでもう感情があぶないところまでいってしまう。温泉で心も体もリセットしたあとはぶんちゃんログハウス内で二次会スタート。

画像29

画像30

画像31

べらぼうに楽しかったことは覚えているものの、この時の会話内容はここでは話せない&覚えていないため割愛です。とにかくさいこうな夜。

旅に終わりはつきもの

すこし頭に鈍痛をかかえたまま目覚めた朝は、昨夜も満喫した温泉へ。

画像32

朝の湖は昼間よりも湖面が凪いでいてうつくしい。そんな景色を見ながらの朝風呂はさいこう。頭痛もやわらいだ(気のせい)。

画像33

遠別町、北見市、札幌市、浦幌町、東京とさまざまな地域からつどい行われた宴は終わり、それぞれの地域へと戻っていきます。

おなじ境遇・仲間でまた、おなじように集まることはなかなかないだろうなあ、という感傷的な気持ちを抱きつつ、思い出は間違いなく残ったという事実を抱きしめてまた移動を繰り返す日々へ。

画像34

ちなみにこの旅に費やした移動時間は14時間オーバー。調べてみると、新千歳空港からドバイまでの渡航時間に匹敵するようです。地獄。

画像35

この時にきていたジャケットをぶんちゃんログハウスに忘れてしまったためまた近いうちに取りに行かなきゃな。また行く理由ができた。

写真提供/ぶんちゃんたくろくんおかぴかずきゅんえいふう

ぶんちゃんリンク

この続きをみるには

この続き: 0文字

片道6時間かけて屈斜路湖でカヌー体験してみたらさいこうすぎて終わりたくなくてつらい

それでも明るいはらちゃん

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

ご覧いただきありがとうございます。いただいたサポートは生活の糧(アルコール・温泉・ガソリン代)にさせていただきます。よろしくお願いします。

あなたにも良いLIFEがありますように!!!
9
湯シャン歴5年目突入、生活用水に髪型が左右されます。写真、イラスト、デザインの仕事をしながら流木いじったり、LINEスタンプやオリジナルグッズを作ったりして気を紛らわせています。ブログhttp://www.canworks.info/

こちらでもピックアップされています

北海道シャトルラン
北海道シャトルラン
  • 9本

北海道各地に散らばる友人の本拠地へ自家用車で巡り思い出を作る。 #北海道シャトルラン2019 #移動ゾンビ

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。