IMR Education

イギリスの教育や帰国子女の中学受験などについて書いています。 *IMR Educationは、ロンドン・Swiss Cottageにある日本人子女向けの塾です。 http://imr-education.com/

【帰国子女教育】子どもたちと時計-算数は日常生活から-

今日はS先生の、小1算数の授業を通してのアドヴァイスです。 【デジタル時計とアナログ時計】 時計の学習において、一年生でマスターしてほしいのは「時刻を正確に読…

【帰国子女受験】算数編ー学問に王道なしー

小4算数担当Yです。 小4の最後の授業が終わりました。 3年生までとは違い、学校で習う単元に加えて中学受験に関わる重要単元が目白押しの4年生。 今回の単元も例に漏れ…

帰国子女の苦戦…

 今日の記事は、IMRで主に低学年を担当しているF先生の書き下ろし記事です! 海外で暮らす子ども達へのアドヴァイスがたくさん詰まっています。ぜひ参考になさってくださ…

【バイリンガル教育】日本語が手遅れになる前に

最近ずっと 「文化とアイデンティティ」 というトピックの文献を読んでいるので自分の生徒たちの日本語力について考える機会も多いです。 4月から日本は新年度ですが、6-…

『本当の意味での賢い子とは…?』

子どもが勉強に向き合う姿勢 最近、指導をしていて感じるのは 『じっくり立ち止まって自分で考えない』 生徒が多いなぁ、ということです。 言い換えると 『すぐに助け…

『時間を作って、時間をかけて勉強するということ』

勉強と時間、根気 最近、 「学年があがり勉強が追い付かない」 という相談を受けることが多いのですが そういう時こそ、ですよ。 腰を落ち着けて丁寧に勉強してほしいの…