料理と毎日 8月16日〜8月22日
見出し画像

料理と毎日 8月16日〜8月22日

今井真実 /料理家

8月16日(日)晴れ

夜、ご飯を食べ終わってから、今日は何もしなかったね、と話す。
正確には、レシピを作って、撮影もしたし、カレーも作ったのだけど、なぜだか空白の気分。

仕事のために午前中急いでスーパーで買い物をしてる時から、夫が「お肉売り場のラムのスペアリブがすごかった」と言っていて、夕方を過ぎても「お肉売り場のラムのスペアリブがすごかった」と言うので、ラムのスペアリブのカレーにした。

塩をまぶしたラム肉を焼き付け、パプリカ、コリアンダーパウダー、ターメリックを絡め、鍋でトマトジュースと水で煮る。
空いたフライパンで、にんにく、生姜、玉ねぎをよくよく炒め、生のトマトを二つ入れて、煮詰める。それをスペアリブの鍋に入れて、カルダモン、クローブ、シナモン、クミン、ブラックペッパーを入れて煮込んで、最後に塩と山椒。
確かにラムのスペアリブは美味しい。

結局、何も無かった日では無かった。いつもより夜更かしして「THIS IS US」を見た。あと一話でシーズン2が終わるといじいじしていたら、なんと6まで制作が決まっているらしい。
ピアソン家とは長いお付き合いになると腹を括りました。

画像1

ラムスペアリブと山椒のカレー
夏野菜のココナッツミルクカレー
イナダシュンスケさんの本より、鰯と梅干しのカレー
ジャスミンライス
きゅうり水漬け
すいか

8月17日(月)晴れ

病院の予約が取れたので行く。アレルギーのお薬がなくなると、蚊に刺されてもすぐ腫れてしまう。内科だけど腫れているところを見せたら、軟膏も出してくれた。ありがたい。
暑いと外に出るもの「えい!」って思わないといけない。

子供と母でデパートに買い物に行き、デパ地下で試供品で配っていたと冷凍マグロのサクを2つ持って帰ってきた。ちょっと驚きました。

画像2

冷凍鰹のたたき(まぐろに合わせて急遽解凍)
いんげん塩茹で(茹であがりはうっすら塩がふいているくらいの塩水で茹であげる。おつまみ感が出てそれだけで美味しい)
マグロ
わかめ
夏野菜と豚肉のココナッツミルク炒め(マスタードシード、にんにくを、パチパチ、豚肉、夏野菜、ココナッツクリーム、トマトで炒めました)
モロヘイヤとなめたけのお味噌汁
瓜のお漬物

8月18日(火)晴れ

朝比奈あすかさんの「少女は花の肌をむく」を読む。少女時代、女性への入り口に立つ年代、ああこういう気持ちになることって多かれ少なかれあると思い、胸が痛くなった。もう自分は色々と終わっているけれど、娘がそれを感じながら生きていく中と思うと少し辛い。葛藤を感じず生きていたらそれはそれで怖いけども。

少し涼しかった頃、コンビーフを作るのにはまっていた。
2kgくらいの牛ブロックにお塩やスパイスを刷り込み、赤ワインに何日か漬け込んで、茹でる。それだけですごく立派な味になる。
お手頃な輸入肉で作って細かくほぐし、焼き付けた和牛の脂を混ぜコクと香りを付ける。お肉を茹でたスープはビーフコンソメ出汁にもなるし、作るのが楽しいのだ。

今日!コンビーフの最後の1個が冷凍庫から発掘されました!貴重なコンビーフを使ったポテサラ。ケッパーとマヨネーズ、粒マスタード。スペシャルにおいしい。

白央さんのしらすのオイル漬けをしていたので、ナスに山椒と。献立がうまく組み合わせれた時って嬉しくなる。

画像3

画像4

オクラとろろ、玄米
ほっけ西京焼き
若布とお豆腐のお味噌汁
茗荷味噌焼き
蒸し茄子 しらすオイル
コンビーフのポテサラ

8月19日(水)晴れ


有賀さんのこのスープが本当に美味しくて大好き…。作っている時も好き。これにしようと決めた時に、もう気持ちがふっと軽くなる。
シチューとはまた違う食べ方。具を食べつつ、スープをいただく。ポトフに近いけど、もっと気軽に作れてしまう。発明だ。天才だ。
メインとお汁物が2品出来るのですごくありがたいし、何より美味しい…!一生作ります。

画像5

画像6

画像7


スペアリブととうもろこしのスープ。
ナスと無花果さしす梅のマリネ
ピーマンチーズ焼き
昨日のポテサラ

8月20日(木)晴れ

こちらのイベントに参加しました。
山口さんが本当に聡明なお方で、常に2歩3歩先のことを見据え動いてくださり、私はもう着いていけば良いという幸運な立場でお料理させていただきました。楽しくて、笑ってばかりで楽しい時間でした。

自炊は毎日のことです。多い方は毎日3食ですよね。それを365日。1095食。更に、お弁当、おやつ。それを初めから自然にこなすなんて難しいことと思います。
それに加え、買い物、洗濯、整理整頓、掃除、仕事、公共料金、税金の支払い、毎日生きているだけでしなければいけない事ってたくさんありますよね。

とにかく準備をするだけで偉いんです、自分のためでも、人のためでも。お料理するって私にとってはは楽しい行為です。そして食は生きていくためには必要不可欠のものです。
でも映画を見るのが趣味の人でも、そんな気分じゃない時ってある。それと同じです。いつだって全力で同じモチベーションで自炊をすることは難しい。

楽しくお料理をするために1番は無理しない事です。この辺りはまたいつか詳しく書ければと思いますが、手のゆるめ方、自分以外に上手に頼る方法を広めていければと思います。

私が日記に毎日の献立をあげているのも、皆さんのご飯作りのヒントになれば良いなあと思っています。

ご覧になっていただいた皆様、心からお礼を申し上げます。ありがとうございました。

夫特製オムライス(私の留守の時は、いつも夫は子供リクエスト通りにオムライスを作る。献立を考えるよりリクエストに答えた方が楽らしい。なるほど。家に帰って私はラムレーズンのアイスを食べました。)

8月21日(金)晴れ

もはや抜け殻だったので、家のこともお休み。少しドライブに。シチリアーナに行く。
お肉屋さんで、コロッケとミンチカツを買い、トマトに梅ジャム。
今日は何と言っても、早く夜ご飯を終わらせなくてはいけない事情があったのだ。
小泉今日子さんの配信ライブ!部屋の中を真っ暗にして、家族全員で歌声に酔いしれる。可愛すぎます、素敵すぎます、小泉さん!!
そしてMIU404!ご褒美dayです。

画像8

画像9

オクラとモロヘイヤのレンチンとろろ
繊切りキャベツ
ミンチカツとコロッケ(お肉屋さん)
黒豆
トマトに梅ピュレ
キムチ納豆
とうもろこしとマッシュルームのスープ

8月22日(土)晴れ

夫は仕事。お家でだらだらと過ごす。文字通りだらだら。
井上涼さんの配信ライブで子供達は大喜び。どこに連れて行くよりもきっと嬉しかったことでしょう。だらだらして良かった!

夜ご飯の買い物くらい行こうかしらと思っていたものの、結局行かず。お化粧もしていたのに、

冷蔵庫をごそごそして、豚こまとお野菜で鉄板焼き。やる気が出ない時の定番メニュー。ホットプレートがある方は、野菜炒めより、オススメです。

山口さんが紹介された麻婆麺のレシピでタレを作ってかけたらお野菜お肉ご飯泥棒に!

画像10

画像11

画像12

豚こまとお野菜で鉄板焼き(山口さんの麻婆麺のソース。味の素クックドゥの麻婆豆腐の素に、にんにくと生姜、青ネギ、黒胡椒、万能旨辛ソース!これはスッキリ辛いものを食べたいときに最高のソース)





この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
今井真実 /料理家

「新しいお月見」というプロジェクトに参加しています。 https://note.com/new_otsukimi みんながボランティアで運営しておりますので、もし良かったら上記アカウントにサポートいただければ、ありがたいです。 どうぞよろしくお願いいたします。

読んでくれてありがとうございます。
今井真実 /料理家
毎日のご飯作りの助けに。作った人が嬉しくなる「毎日のあたらしい家庭料理」を。 お味噌、梅、塊肉はライフワークです。 キャンプでお肉を焼くのがストレス解消です。 <オンラインレッスン>農の都の、おいしい食卓。 https://peatix.com/group/9375266