iLEAP(アイリープ)

アメリカ西海岸シアトルにある教育団体。学生、社会人、社会起業家やリーダー向けに、自分を知り、よい社会づくりを促進するためのプログラムを行っています。

iLEAP(アイリープ)

アメリカ西海岸シアトルにある教育団体。学生、社会人、社会起業家やリーダー向けに、自分を知り、よい社会づくりを促進するためのプログラムを行っています。

    最近の記事

    【参加者の声】埼玉県立浦和高等学校グローバルリーダーシッププログラム2期

    こんにちは!iLEAPスタッフの友香です。 先日実施内容をお届けした埼玉県立浦和高等学校とのグローバルリーダーシッププログラム2期。本日は、参加者の皆さんからの感想を共有します 「完全にオンラインで十分な学びは期待できるの?」「リーダーシッププログラムでは何を得られるの?」などの疑問にお答えする内容となっております。少し長いですがどうぞお付き合いください。また、実際のアクティビティについてもっと詳しく知りたい方は、ぜひ実施報告と併せてご覧ください✨ アンケート回収日:2

    スキ
    2
      • 【実施報告】埼玉県立浦和高等学校グローバルリーダーシッププログラム2期

        こんにちは!iLEAPスタッフの友香です。 先日、埼玉県立浦和高等学校様と共同でオンラインにて実施したグローバルリーダーシッププログラムが無事修了しました。今回で2回目の開催です。 ▶︎1期のプレスリリース ▶︎1期の実施報告 この記事では、「オンラインで、しかもすべて英語で、グローバルリーダーシップを学ぶってどんな感じ?」にお答えすべく、プログラムの内容をお届けします。 1日目:リーダーとリーダーシップの違い同じ高校から集まった9名の生徒さん。普段から仲の良いご友人

        スキ
        2
        • 実施報告:多様性・公平性・インクルージョンを学ぶGlobal Pluralism Youth Initiative

          こんにちは!iLEAPスタッフの友香です。もう今年も残すところあと2ヶ月ですね。iLEAPでは今、「自分らしいリーダーシップが真のリーダーシップ」をより多くの人と深く学んでいけるようにたくさんの準備を進めているところです。ぜひ楽しみにしていてくださいね! さて、こちらの記事でも告知をさせていただいた、Global Pluralism Youth Initiativeが先日無事に終了しました👏✨在日アメリカ大使館へ助成金交付の感謝を申し上げます。また、ご参加いただいた高校生の

          スキ
          3
          • 2021年下半期は、リーダーシップを身につけたい

            こんにちは!iLEAPスタッフの友香です。2021年も早々と折り返しを迎えましたね。年初に立てた目標、皆さんはいくつ達成できましたか?下半期は、どのような目標を達成していく予定でしょうか? iLEAPの週次スタッフミーティングは、いつも必ず「チェックイン」から始まります。近況を話すこともあれば、自分の状態を何かに例えて共有することもありますが、季節の移ろいと共にそれぞれが少しずつの変化を遂げていることが感じられて、個人的には好きな時間です。きっと、年初のチェックインのときと

            スキ
            3

            実施報告:【遊びx学び】のワークショップ

            こんにちは!iLEAPスタッフの友香です。 6月最初の土曜日に、【遊びx学び】について考えるワークショップを実施しました。 この日は、イタリアと東京からiLEAPのラーニングガイドが、滋賀と東京とアメリカ東海岸から参加者が集まりました。 「あなたにとってプレイフルの定義は?」「プレイフルネスを仕事に持ち込むことはできる?」「小さい頃に好きだった遊びは?」等と、国や言語、職業の壁を超えて対話が進みます。途中、ブレイクアウトルームに移り、即興で物語を紡いでみたり、ロールプレ

            スキ
            2

            日系アメリカ人リーダーたちと学ぶ #リーダーシップ に大切なこと

            こんにちは!iLEAPスタッフの友香です。わたしの住む東京ではすっかり桜が散り、美しい新緑が広がっているところです。みなさんはいかがお過ごしですか? iLEAPでは、この度JALD (Japanese American Leadership Delegation Program) 2019年度参加の日系アメリカ人リーダーたちからの後援により、リーダーシップについて学びたいと願う日本の高校生のためにJapanese American Youth Leadership Init

            スキ
            9

            自己理解は国境を越える:価値観ワークショップを実施しました!

            こんにちは!iLEAPスタッフの友香です。 2020年末、iLEAPでは、全世界に向けて価値観ワークショップを実施させていただきました。その名も、Envisioning A Brighter 2021。 2020年、色々あったけれど、周りの状況に流されるのではなく、自分の軸を持ってその都度意識的な選択を積み重ね、皆で良い1年を迎えましょう、という趣旨。全世界から集まった19名の方々と、価値観(コアバリュー)の再発見をしました。 参加者の居住国一覧 アメリカ、アルジェリア

            スキ
            7

            高校生のための新しい「オンライン授業」

            こんにちは!iLEAPスタッフの友香です。 iLEAPのオンラインプログラム、Global Leadership 101 高校生コース第1期が無事終了しました👏 モジュール4では、グローバルマインドセットとは何か?アジリティ(敏捷性)を持って行動するには?ということを探究し、SDGsを切り口に社会とどう関わっていけるかを考えました。 先のモジュールで出てきたリーダーシップスタイル、コアバリューは、ここでも活きてきます。ひとつアクティビティをするごとに、「あ、ここは自分の

            スキ
            1

            2021年、自分らしく生きたい人のための振り返りと目標設定

            こんにちは!iLEAPスタッフの友香です。 iLEAPでは、12月に、Feminism for Equality代表、兼、オンラインサロンEvolve代表の宇野ゆいなさんをゲストにお迎えし、毎週月曜日インスタライブ「Lead Yourself -自分らしい人生を歩むために-」を配信しました。 ゆいなさんのインスタグラムはこちら。https://www.instagram.com/yuinayuye/ 年内最終回は、振り返りと目標を持つことについて、スタッフのゆうが一緒に

            スキ
            2

            「オンラインで海外研修」の、その先へ。

            こんにちは!iLEAPスタッフの友香です。 先日お知らせした、埼玉県立浦和高等学校と提携し、共同実施させていただいたリーダーシッププログラムが無事終了いたしました!👏 今回の実施にあたって、4つの目的を設定しました。 1. 「世界のどこかを支える人になる」ために、自分なりのリーダーシップを発見し、社会での生かし方を考える。 2.英語による探究型の学びを実践し、英語での自己表現力を高める。 3.不確実性が多い未来において求められる自己理解力を高め、将来に向けての自分の軸を

            スキ
            6

            埼玉県立浦和高等学校との提携プログラム始まりました!

            みなさん、こんにちは!スタッフの友香です。 埼玉県立浦和高等学校との提携プログラムが遂に11月8日に始まり、先日第2回が終わりました!今回参加してくれている浦和高校生は6名!iLEAPからは恵さんと、ゆうちゃん、わたしの3名です。 日本国内の高校と提携してプログラムを実施するのはiLEAPとしても初めて。学校の教育目標である「世界のどこかを支える人間になる」を目的としたオンラインリーダーシップ研修を設計させていただき、今月の週末に全5回・各回4時間で実施させていただいてい

            スキ
            2

            自己軸を持って、今をしなやかに生きるには。

            多くの人が、自身の価値観を問い直すこととなった2020年。 世界経済フォーラムはThe Great Resetを打ち出し、iLEAPの本拠地米国では4年に一度の大統領選が行われ、日本でもポスト・コロナ時代という言葉をたくさん見かけました。 積み上げてきた、当たり前にあると思っていた明日が覆され、正直この先どう歩んでいけば良いのか戸惑った人も多かったのではないでしょうか…。(この記事を書いているスタッフの私、友香もその1人です。) 思い返せば、数年前から少しずつ聞くように

            スキ
            5

            iLEAP新オンラインプログラム「グローバルリーダーシップ101」始まりました!

            みなさん、こんにちは!iLEAPスタッフのゆかです。 現在、滋賀県の高校2年生お一人が、iLEAPのオンラインプログラムGlobal Leadership Academy(GLA)の第一期生として今月初めからリーダーシップジャーニーを共に歩んでくれていて、モジュール3までを終え折り返し地点に来ました(1つの時間割をモジュールと読んでいます|回数は執筆時点です)。 ラーニングガイド(註:ファシリテーターのことをGLAではガイドと呼んでいます)は恵さんで、わたしはオペレーション

            スキ
            4

            万年「副」部長がリーダーシップを見つけた話

            こんにちは!iLEAPのYukaです。 突然ですが、高校生のとき、わたしは「リーダー」にとても憧れていました。 リーダーっていつでもみんなの前に格好良く立ち、キラキラしていて、人望も厚いイメージ。 対してわたしは万年「副◯◯」で、いつもリーダーの隣でメモを取ったり、スケジュール調整をする役で、「リーダー」になれない自分に結構コンプレックスを持っていました。 それから10年。 まさか自分がGlobal Leadership Academyのラーニングガイドとなり、リーダ

            スキ
            11

            【スタッフブログ】iLEAPで働くということ

            こんにちは。スタッフのはるかです。 私事ではありますが、出産のため6月末で離職することになりました。 そこで最後に、2017年春からiLEAPで働いてきた3年間の振り返りを書いてみたいと思います。 iLEAPに入ったきっかけと理由よく、何故アイリープに入ったのですか?と訊かれますが、これは本当にご縁だったと思います。 大学でマインドフルネスについて学び、興味を持って参加したある合宿イベントで、アイリープの共同創立者である泉さん(トップ画像の一番右)に出会ったのです。当

            スキ
            8

            参加者の声:自分のスキルやこれからどうすればいいのかを学んだ

            2020年2月のグローバルリーダーシッププログラムに参加した、中野千裟さんのコメント動画です。 【以下コメント全文】 私がこのプログラムを知ったきっかけは、母と一緒に留学プログラムを調べていた時に見つけたことです。 私はただの語学留学だけではなくてまた別の何かを学びたいと思ってこちらのプログラムを見つけました。 私はリーダーシップを今まで学んだことがなかったのですが、このプログラムのセミナーや、サイトビジットやグループプロジェクトを通して様々なリーダーシップスタイルを

            スキ
            1