見出し画像

KATARIBE|坂本憲彦さんから教わった「志」じぶんビジネスを改めて考える


English follows↓
期せずして、偶然に「ビジネス教育家」の方からいただいたアドバイスにより、「志」とじぶんビジネスを改めて考える良い機会になりました。

偶然のオンラインでの出会い

StayHome2か月間の間、150回以上、300時間越えで、
無料のオンラインイベントに参加し様々な学びを体験しました。
その最後に、「徳積会」という、企業の社長さんや個人事業主の方々が
勉強して交流するオンラインイベントに参加しました。
「どなたのご紹介ですか?」「いえ、ネットで見つけて初参加です」
とても驚かれました!!!
おそらく、普通は、会員の方からの紹介制だと思われます。
全員初めましての中、坂本さんとも初対面で、ここで、坂本さんが、講演をされたのです。坂本さんは、ビジネス教育家で、立志財団を設立し起業家の育成をされている方です。

正直、圧倒的な内容で、震えました。
・・・もっと、ビジネスビジネスしてるのかと思ったら!
めちゃめちゃ、人間臭いというか、うん、人間の話しだよ!!
・・・意味不明な文章でスミマセン。

結局、ビジネスってのも、人対人なんですよね。
だから、方法とか手段じゃなくて、その人がどんな人で、どんな生き方したいんですか?ってのが、本質、大切なことなんだって。
「志」の大切さを感じました。
その時の感想文は、FBページでシェア↓↓↓
https://www.facebook.com/jp.iju.to/posts/270094384395156


一対一でZoomでお話し「志」を決める!

その後、坂本さんと一対一で「オンラインZoom」でお話しする機会をいただきました。自己紹介、ビジネスのことなどお伝えしたんです。
するとこう訊かれました。

「それは戦略、手段です。プロジェクトはわかった。
でも、理念、目的、期間がわからない。
あなたは、何をしたいんですか?」

「そもそも、何のために、何がしたいのか、どうなりたいのか?
社長が10分で話せるようにする。社長がわかっていない。
わかってるけど整理できてない。言語化できてない。
理念を広めるのが社長の役目なんですよ」

も~~~衝撃でした!わかってたつもりになってたから!

わたしの理念、社長のわたしが、どんな人なのか言語化しましょと。
後押しされたわけです!
ここで改めて「志」の大切さを知って、志をたてました!

こちらも、facebookページで書いてます↓↓↓
https://www.facebook.com/jp.iju.to/posts/304321430972451


「6つの不安がなくなればあなたの起業は絶対成功する」を読む

その坂本さん、書籍を出版されています。
その本を購入すると、受講料がキャッシュバックで、起業セミナーに参加できると伺ったので、さっそく購入して読み、セミナーに挑みました。

本の感想はこちら↓↓
一万人を指導してわかった「絶対起業が成功する方法」とは?!
ご紹介|坂本憲彦さん「6つの不安がなくなればあなたの起業は絶対成功する」を読んで
https://yumelog.com/sakamotonorihiko20200617/


セミナーに参加してみた

本来、有料セミナーなので、メモした言葉と感想をまとめました。

1、起業とは、自分が好きなことを経済的にも精神的にも自由に実現するための手段である

2、コロナ前には戻らない。価値観が変わった新しい時代に変化できる力が必要

3、変化しないものは何なのか?

4、好きなことをビジネスに→人のために何をするのが好きか?
 →志→世の中の人のために何をやっていくか

5.コアコンセプトは変えても良い(成功事例を具体的に)

6.こだわり?掘り下げると、根っこがシッカリした折れないビジネス

成功事例が具体的に聞けるのがGoood♪

コアコンセプトを変えて売上が上がった成功事例や、
こだわりから掘り下げて「本当の本当は何だろう?」がハッキリしたことで
サービス内容を変え、よりプレゼンテーションと数字が明確になり、
コンテストで賞をとり、商品化された事例など、
詳しく聞けて、とてもわかりやすかったです。

好きなことと変わらないことと人のためにすることの一致

4、の好きなことをビジネスに~のくだりで、
「子どもの頃、好きでやってたこと」といっても、
形を変えて大人になって実現する」の一言で、わたしの中で
変化しないもの」と「子どもの頃から好きでやってたこと」と
人のために何をするのが好きか?」が、一気につながりました!

わたしの場合
・子どもの頃から、絵を描く、文章を書くのが好きで、
・放浪絵描きか詩人か小説家になるのが夢
だったんです。
だから、小説を発表したり、ブログで詩を書いたりしてました。

30代で、
・好きな作家さんの個展を取材して写真撮って、ブログで感想を伝える取材レポートを書いて喜ばれた
・メールの不動産相談で、一通一通、トラブルの悩みをほぐして、
 感情や気持ちを整理し、実際に行うことはコレ、専門家はこちら、
 法律的にはコッチなど、整理整頓する内容を送って、とても感謝された

これって
・もともとアートは好きだった
けど
・不動産は別に好きじゃなかったし興味もなかった
でも
・文章を書くのが好き(全く苦にならない)
・人に笑顔になってもらいたい、喜んでもらいたいと思ってる
・ありがとうの御礼、感謝の気持ちを文章でプレゼントとして届ける
というのを、好きで勝手に無料でやってたんですよね。

あと、このStayHome中も、参加した150回以上ものオンラインイベント、
すべて感想文を書きあげていまして、何人かの方から
「文章上手ですね」「こんなに書いて下さって、ありがとう!」
と喜んでいただけて、わたし自身も嬉しかったんです。

詩人や小説家にならなくても。
文章を書くのが凄くスゴク好きだから!
楽しかった、勉強になった、ありがとう💛を心を込めて文章でお届けする。
わたしの「変わらないもの」であり
目の前のひとりのためだけに創る贈り届けるプレゼント
結局今まで、意識せずに、ずっと同じことやってて、これできるのって、わたしだからなんだな!と改めて再自覚しました。

著述家とかエッセイストとかコラムニストとかwriterとか、
いろいろな言葉がありますけど、どれもピンとこず。
本を出す以外に、文章で食べていくって、考えていませんでした。
ですが、わたしは、
「素のままでやってきた好きなことで、人のためにできること」
「ありがとうの文書を書く」ことを仕事にできるんだって、
改めて気づきました。

おかげで、わたしのビジネスが、はっきりしました。
文章制作(文章書きます!ご紹介や取材レポートなどなど応相談)
在宅支援(オンラインでワークショップ、教えるとかお手伝いするとか、
移住、不動産相談などなど)
そして、社会貢献活動(和紙にお絵描きのこども工房🙂、GomiZero.ART)
この3本柱でいきます!(NPOは、まとめてる最中です)

人の話しが聞ける「おばあちゃん」になりたい

もうひとつ。
わたしが、今までの活動の中で、よく褒められることがあります。

・話しやすい
・あなただと、何でも話せちゃう
・ちよ子さんと話すと楽しい・元気がもらえる!

わたしは、自分のことを話すのが苦手で、自分をゼロにして人の話しを聴くのが好きです。人の雑談とかも平気で聴けます。
そっから新しいヒントや発想につなげるのが好き。
それで、言いたいことはいっぱいあるんだけど……。
求められてないのに言っても、余計なお世話です。
ほんとうに最低限「必要なこと」だけ伝えて、あとは
相手が気持ちよく話してくれたらいいなと心がけています。

この特性は、今後も活かしていきたくて。
オンラインでも、相談やお話しが、できたらいいなと思ってる。
シニアでも、ママさんでも、おひとりさまの女性、高齢男性とかでも。
誰かに話せるって、当り前じゃなくて、やっぱり、嬉しいと思うんです。

子ども時代、母親が嫌いで、全然話さない子だったから、すごく心配されました。母が病気になって、死にたい、一緒に死のうって言われた時。
「いやだよ!」と否定しました。
自殺せずに、一緒に死ぬ道を選択しないで良かったと思う半面、
結局、母は病気になって苦しんだので、
「お母さん、どうしたの?」と、なんで、あの時、寄り添えなかったか。
母の話しに耳を傾けられなかったか。
母と向き合い、母を抱きしめてあげられなかったか。
とても冷たい子どもだった。悔やんでも悔やみきれません。

母の話しを聞けなかった懺悔の思いから。
ひとりでも。誰か求めてくださるのなら。
わたしは、その人のお話しを全力でお聞きしょうと思ってます。

あなたは、生きてるだけで、素晴らしいんだよ!なんの心配も問題もない。
生きていいんだよ!あなたは愛されてるんだよ!
すきなことしていいんだよ、やりたいことやれるんだよ。
人生、自分で創造できるんだよ!!!
そう思いながら、面と向かって言わないけど、
応援する気持ちで、あなたのお話しを、お聞きします。

人の話しが聞ける、おばあちゃんに、なりたいです。

素の自分は、なーんも考えないで、こども達と話すのが大好きです!
こども達が寄ってきてくれる、話しかけてくれるのも、すごく嬉しいです。
こども達が話しかけてくれるってのは、ありがたいことです。

KABOO可愛い💛って言ってくれるこども達と、KABOOといぷの話しだけ、していたい💛

人の話しを聞いて、ありがとうの文章を書く人。
そんなふうに「目の前の、たったひとりを大切にする人」となる。
「ひとりひとりを大切にする社会を創る」のが、わたしの志です。

こうして、改めて「じぶんビジネス」として考えられたこと、ありがたいです。坂本憲彦さん、ありがとうございました!

起業したいとお考えの方、起業したけど悩んでる方など、興味ある方は、起業塾もあります。ぜひ、どうぞ!

(わたしは、この半年、全くビジネス活動できていないので、オンラインオンリーで活動再開します。落ち着いたら会員になって勉強して、おしごとで悩んでる方のお話しを聞く、おひとり様専門・おばあちゃんコンサルタント目指します!)

世界中のひとりひとりが志を実現できる社会を創る
立志財団
https://risshi.or.jp/

💛Thank you, Google Translate!

I want to be the one who values ​​the one in front of me.

I am good at writing thank you sentences.

I was happy was fun. I learned that I was moved!
Thank you very much.
Thank you for the time and experience you gave me.

It is a gift that is unique to you and is the only one in the world.
"Thank you text"

I want to be the only person who can hear the story of the person in front of me.

Even if I get older.
Even if I was called grandma.

-----KATARIB.org 16th June 2020 Chiyoko's column No.200-----

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
10
旅する活動家のちよ子です。2017年から3年間、各地を巡った経験を元に「こども工房🙂」の活動を東京からスタートしました。移住ソムリエ、NPO法人の理事長もやってます。ステイホームを機に「旅する在宅支援」の事業を開始しました。 https://2525.net

こちらでもピックアップされています

エッセイ
エッセイ
  • 16本

KATARIBE.org

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。