コンビニ戦線異状無し
見出し画像

コンビニ戦線異状無し

 コンビニの業務が指数関数的に増加し、遂には業務的特異点を突破。コンビニの業務は無限大に広がり、国家運営もその範疇に含めた。
 労働検閲官仮説によれば業務的特異点はアルバイトを確保できない為破綻するとされていたが、業務の拡大と共に他業種の人員を吸収することで達成された。
 最初はコンビニ各社が正当国家だと主張していたが他国は無視したので同盟し、日本はコンビニエンスストア連邦、コ連として生まれ変わった。
 ここに至りそれまで傍観していた諸外国は慌てて介入を開始。戦争も業務とするコ連となし崩し的に開戦した。

「ボクアルバイトオオ!!」
 ファック、コ連軍の夜襲だ。奴らは夜になるとワンオペを開始するが、夜勤はベテランが多く強盗掃討で鍛えられている為数的不利も問題にならない。夜にレーションの廃棄も増えるので士気も高い。
「アゲモノナイデスカ!」
 夜勤に唯一ダメージを与えられる呪文を叫びながら俺はフードコートから飛び出した!

【続く】

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
居石信吾

PS5積み立て資金になります

ありがたい……
ニンジャヘッズ。現在逆噴射小説大賞 投稿作「ポスト・ポストカリプスの配達員」の続きを連載中。