門松一里

静かに書いています。作家/写真家 https://www.amazon.co.jp/-/e/B00K2GC4I8 【街角のクリエイティブ】http://www.machikado-creative.jp/author/53/ 【ik137】https://ik137.com

門松一里

静かに書いています。作家/写真家 https://www.amazon.co.jp/-/e/B00K2GC4I8 【街角のクリエイティブ】http://www.machikado-creative.jp/author/53/ 【ik137】https://ik137.com

    マガジン

    • という話(ik)

      「沈黙」という話/「東アジアの思想」という話や、解説・小説・シナリオ・レファレンスのマガジンです。

    • 小説

      【小説】リスト https://note.mu/ichirikadomatsu/n/nd1a291c6f1ff

    • レファレンス

      【レファレンス】リスト https://note.mu/ichirikadomatsu/n/n468cbb61a6cf

    • photos

      【photos】リスト https://note.mu/ichirikadomatsu/n/nd75cc1b2ef80

    • という話

      【という話】リスト https://note.mu/ichirikadomatsu/n/n8e1f09d10624 【「沈黙」という話/「東アジアの思想」という話】リスト https://note.mu/ichirikadomatsu/n/n416e39d84b94

    ウィジェット

    • 商品画像

      セイレーンⅡ[新装]

      門松一里
    • 商品画像

      「フランダースの犬」解説――風車が燃えた秘密――

      門松一里

    最近の記事

    • 固定された記事

    「あまり一生懸命になるな」という話

    何事も必至になるというのは大切なことです。 でも、あまり必死になり過ぎるというのもいけないことです。 「一生懸命(いっしょうけんめい)」という言葉は、もともと「一所懸命(いっしょけんめい)」でした。十四世紀の『太平記(たいへいき)』(※)にある言葉ですので、とても由緒正しい言葉です。 ※『太平記』は、応安(1368年~1375年)~永和(1375年~1379年)ごろに成立したといわれています。 「一所懸命」は「一つの場所に生命を懸(か)ける」――「賜(たまわ)った一つの領

      • 「21世紀にようこそ」という話

        「21世紀にようこそ」という話 未来にようこそ。 平和を祈りつつ、少し考えてみましょう。 ***** ようこそ。門松一里です。静かに書いています。 という話は、は調査資料(エビデンス)を使った「思考の遊び」――エンタテインメント(娯楽)作品です。※虚構も少なからず入っています。 ※本当はノワール作家です。 ***** 前世紀である20世紀(1901年〜2000年)は、ある意味第一次世界大戦(1914年〜1918年)で始まったといっても過言ではないでしょう。

        • 小説(11月30日まで限定公開)

          小説(11月30日まで限定公開)

          • 小説(11月30日まで限定公開)

            小説(11月30日まで限定公開)

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • という話(ik)
            門松一里
            ¥500 / 月
          • 小説
            門松一里
          • レファレンス
            門松一里
          • photos
            門松一里
          • という話
            門松一里
          • 「東アジアの思想」という話
            門松一里

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            「正義という先入観」という話

            「正義という先入観」という話 正義って何でしょうね。 平和を祈りつつ、少し考えてみましょう。 ***** ようこそ。門松一里です。静かに書いています。 という話は、は調査資料(エビデンス)を使った「思考の遊び」――エンタテインメント(娯楽)作品です。※虚構も少なからず入っています。 ※本当はノワール作家です。 ***** 《倒叙記述(パラグラフ・ライティング)》私は倒叙(とうじょ)記述で書いていますから、題名で答えを述べているのですが「正義」は単なる先入観だと

            「独裁者の国のメアリー」という話

            「独裁者の国のメアリー」という話 独裁者の国の人たちは何をどう考えているのでしょうか。 民主主義とはどう違うのでしょうか。 平和を祈りつつ、少し考えてみましょう。 ***** ようこそ。門松一里です。静かに書いています。 "という話"は、は調査資料(エビデンス)を使った「思考の遊び」――エンタテインメント(娯楽)作品です。※虚構も少なからず入っています。 ※本当はノワール作家です。 ***** 日本人の思考にはかなり強い先入観があります#不思議の国のアリス

            有料
            100

            「善悪と知性」という話

            「善悪と知性」という話 知の根本が悪だと仮定すると、善悪と知性は微妙なバランスになります。 平和を祈りつつ、少し考えてみましょう。 ***** ようこそ。門松一里です。静かに書いています。 "という話"は、は調査資料(エビデンス)を使った「思考の遊び」――エンタテインメント(娯楽)作品です。※虚構も少なからず入っています。 ※本当はノワール作家です。 ***** 文書としての『旧約聖書』の「創世記」によると、蛇に唆されてイヴが〈知恵の樹の実〉を食べ、勧められる

            小説(公開終了)

            小説(公開終了)

            「核兵器」という話

            「核兵器」という話 核兵器は使えない兵器の代表です。 平和を祈りつつ、少し考えてみましょう。 ***** ようこそ。門松一里です。静かに書いています。 "という話"は、は調査資料(エビデンス)を使った「思考の遊び」――エンタテインメント(娯楽)作品です。※虚構も少なからず入っています。 ※本当はノワール作家です。 ***** 核兵器が戦争で実際に使われたのは今から半世紀以上も前のことです。 1945年(昭和20年)8月6日午前8時15分、原子爆弾(リトルボー

            「警報」という話

            「警報」という話 隣国が戦争しているときの警報ほど不安なものはありません。 平和を祈りつつ、少し考えてみましょう。 ***** ようこそ。門松一里です。静かに書いています。 "という話"は、は調査資料(エビデンス)を使った「思考の遊び」――エンタテインメント(娯楽)作品です。※虚構も少なからず入っています。 ※本当はノワール作家です。 ***** 「警報を無視して死ぬより、誤報を真に受けて生きているほうがましよ」ついこのあいだまで「警報なんていつの時代だよ」で

            「追悼の辞」という話

            「追悼の辞」という話 追悼の辞は自分の言葉で話せばいいのではないかしら。 他がとやかく言うことのほどでもないですし。 平和を祈りつつ、少し考えてみましょう。 ***** ようこそ。門松一里です。静かに書いています。 "という話"は、は調査資料(エビデンス)を使った「思考の遊び」――エンタテインメント(娯楽)作品です。※虚構も少なからず入っています。 ※本当はノワール作家です。 ***** 安倍晋三元首相の国葬の追悼の辞において「菅義偉前首相はどうして就任中にあ

            「説法」という話

            「説法」という話 秋の彼岸ですと、お経のあとに説法を聞くはめになります。 平和を祈りつつ、少し考えてみましょう。 ***** ようこそ。門松一里です。静かに書いています。 "という話"は、は調査資料(エビデンス)を使った「思考の遊び」――エンタテインメント(娯楽)作品です。※虚構も少なからず入っています。 ※本当はノワール作家です。 ***** 彼岸(ひがん)は仏教用語で、サンスクリット語の音訳である波羅蜜多(はらみた)/波羅蜜(はらみつ)を漢語に意訳した「到

            トーマス・ジェファーソンの名言の原典を知りたい

            【表題】トーマス・ジェファーソンの名言の原典を知りたい【質問・相談などの内容】 トーマス・ジェファーソンの名言の原典を知りたい 1.原典はどれが正しいのか。 “If a law is unjust, it’s not only right to disobey it, it is obligated.” “If a law is unjust, a man is not only right to disobey it, he is obligated to do so.

            Does Putin’s Gamble Make Russia’s War in Ukraine More Dangerous?

            Does Putin’s Gamble Make Russia’s War in Ukraine More Dangerous? By Thomas Graham, CFR Expert September 21, 2022 4:51 pm (EST) https://www.cfr.org/in-brief/does-putins-gamble-make-russias-war-ukraine-more-dangerous 「プーチンの賭けは、ロシアのウクライナ戦争をよ

            Photos_22919

            Photos_22919