見出し画像

ジョージア・オキーフが見ていたもの/一日一微発見194

最近、超小型の、携帯から直接つなげるプロジェクターを買った。

授業やプレゼンの時に、簡単に画像が見せられるように、と思っての事だが、この旅のしにくいコロナ期に、けっこう夫婦ではまっている。僕らはテレビのない生活をしている(TVがあると面白いので、つい見てしまうから)。

2人で見たいものだけを相談し、探し出して見る方が楽しいのである。

昨日は晩飯の後に、画家ジョージア・オキーフの動画をいくつか見た。

ちょっと前に『SとNの旅と暮らし』のYoutubeライブで、2人で「コロナの時期の読書」というのをやったのだが、その時に、僕は「伝記を読むのがいいんじゃないか、特に女性の」ということで、草間弥生さんの自伝や小説、石岡瑛子さんの自伝風回顧録『私デザイン』などをピックアップしたのだ。

その時は紹介できなかったが、ポルトガルのファドの歌姫、アマリア・ロドリゲスやジョージア・ オキーフの伝記も本棚から探し出した。

この時期に「伝記」を読み直すというのは、我ながらいいアイディアだと思っている。

この続きをみるには

この続き: 1,179文字
記事を購入する

ジョージア・オキーフが見ていたもの/一日一微発見194

編集者・アートプロデューサー後藤繁雄の一日一微発見

150円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

応援よろしくね~

サンキュー GOTO.
5
浜松と京都、東京の3拠点で暮らしながらアートプロデュース、編集、大学教授などをやっています。新刊 「超写真論 篠山紀信写真力の秘密」(小学館)「現代写真アート原論」(フィルムアート社)など発売中です。「自己編集(リエディット)」のためのスーパースクールも開講中。