9.11から20周年の日に/一日一微発見245
見出し画像

9.11から20周年の日に/一日一微発見245

20世紀末から21世紀を生きるすべての者にとって、9.11のワールドトレードセンターの崩壊の映像は、体に掘った刺青のように消える事は無い。

僕はポラロイド写真を撮るのだが、以前出版した写真集『wastland guide』の写真ページの最後は、 9.11の日に、ワールドトレードセンターが崩れ落ちるTV画面を撮影したものだった。

あの日から20年が経った今日。
いろんなことが脳裏をよぎる。僕はこの秋に『アート戦略2/アートの秘密を説き明かす』を刊行するが、その中に、杉本博司さんとインゴ・ギュンターのインタビューが入っている。

彼らはともに9.11の時にニューヨークにいて、「事件」を間近で体験して、それによって、自分の中で「何か」が明確に変形し、自らがアーティストであることの意味が、はっきりとシフトした人たちだった。
そのことが、この本に収めた彼らのインタビューに色濃く印されていたことを、この日改めて反芻する。

また同時に、ニューヨークにいた坂本龍一さんのことも思い出したし、「事件」が起こる前に、ワールドトレードセンターがあったバッテリーパークで、鬼才パルタバスの曲馬劇を見たことも。

あそこにあった流政之の彫刻、アーティストのブルーニングのアパートメントに行ったら、その部屋がグランドゼロの真横で、そのブラックホールのような場所を覗きこんだこと。

そして、9.11の後に、ブッシュの号令で、アフガンでの戦争が始まるに至るあのジリジリした日々のことが、血の色のついた糸のようにとめどなく繰り出されてきた。

アートはテロや戦争に対して何ができるのか。
「無力」なのか「無力でない」のか。
その問いが植え付けられたのだと思う。

この続きをみるには

この続き: 2,543文字
記事を購入する

9.11から20周年の日に/一日一微発見245

編集者・アートプロデューサー後藤繁雄の一日一微発見

150円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
編集者・アートプロデューサー後藤繁雄の一日一微発見

応援よろしくね~

ありがとうございます!! GOTO.
浜松と京都、東京の3拠点で暮らしながらアートプロデュース、編集、大学教授などをやっています。新刊 「超写真論 篠山紀信写真力の秘密」(小学館)「現代写真アート原論」(フィルムアート社)など発売中です。「自己編集(リエディット)」のためのスーパースクールも開講中。