見出し画像

『安井仲治 写真のすべて』/目は旅をする080 (写真の未来形)

『安井仲治 写真のすべて』
(共同通信社)

写真とは残酷なアートである。
写真の学校に行って技術を学んだから写真家になれるわけではない。大学で理屈を学んだから写真が分かるわけでもない。ベテランだから傑作が撮れるわけではない。写真機によりイメージは考えるより早く取得される。言語的な思考より容赦なく速くやってくる。

まして誰もが、「携帯」という名の高性能な「デジタル写真機」を手に入れた時代に、写真の概念はどんどん流動的になって行く。写真における「素人」と「プロ」の対立項はAIの出現もあいまって急速に失効していくし、報道写真が牙城としていた決定性も、インスタライブで現場からライブ配信する人々にあっさりと乗り越えられてしまった。
写真は今、再定義をし続けなければならないアートフォームに変成した。

このような流れの中で、安井仲治という写真家に光を当てることは興味深いことだと思われる。
しかし、なぜ?どのように?

続きをみるには

残り 1,623字 / 5画像
後藤繁雄おすすめの写真集についての記事を月に2~3本ずつ投稿します。アーカイブも閲覧できるようになりますので、ご購読よろしくお願いいたします。

ヴィジュアルの旅は、大きな快楽を、与えてくれるし、時には長編小説以上に、人生についてのヒントを与えてくれます。 このマガジン「目は旅をす…

応援よろしくね~