【生徒さんへ生インタビュー】第2弾:Tomoさん~競技麻雀にハマるきっかけになったレッスン受講~
見出し画像

【生徒さんへ生インタビュー】第2弾:Tomoさん~競技麻雀にハマるきっかけになったレッスン受講~

みなさんこんにちは!HQ麻雀事務局の成田です。今回は生徒さんの生の声をお届けするインタビュー第2弾!今回はいまやHQ麻雀常連となったTomoさんです!

画像1

Q HQ麻雀を受講したきっかけは。
Twitterでたまたまレッスンの欠員募集を見かけて。座学レッスンの序盤の手組だったので、初期メンバーですね。

この欠員がなければもしかしたらHQ麻雀と出会ってなかったかも…?運命的な出会いですね!

Q 実際に参加してみての感想は?
目から鱗でした。戦術本や何切る本は読んでいる方でしたが、競技麻雀を前提とした手組を経験したことがなかったので、打牌選択がかなり違うことに驚きました。

今そして、自分の打牌と違う部分を知れるのもレッスンの魅力。まずは選択肢を知って、その世界を見てみることも、自身の雀力向上につながります。

Q 参加してから自身の麻雀に変化はありましたか?
受講時は天鳳5段くらいだった気がしますが、わりとすぐに7段に到達しました。押し引きやあがり点へのバランスが良くなったのかもしれません。

ネット麻雀『天鳳』でも結果を残し、夢の鳳凰卓に到達したTomoさん。研鑽を続けているようです!

Q Tomoさん目線での醍醐先生、直也先生の魅力は?
醍醐さんは優しく教えてくれながらも、明確に損な選択をしている時などは、絶対にスルーせずちゃんと説明してくれるので、とても安心感がありますね。

直也さんは熱血指導よりですが、自分の思考の癖などを繰り返しのレッスンでとてもよく把握してくれていて、どのように場況や牌姿を見ているかを凄く把握しながら指導してもらえるのが魅力ですね。

両先生の魅力はやっぱりわかるまで徹底的に・丁寧に教えてくれるところだと語るTomoさん。レッスンを受けたことのない方も、ぜひ一度受講してみませんか?お二人がやさしく熱い指導をしてくれます!

Q HQの個人的オススメレッスンはありますか?
座学だと序盤の手組と大局観のレッスン。普段のあがり重視のフリーとは別のバランスを知れるので、競技麻雀に入るにあたっておさえておきたいポイントかなと。
徹底個別レッスン打牌精査も、ふわっと打ってしまうことが少なくなるのでオススメです。
天鳳を使ったオンラインレッスンも、牌譜機能で振り返りがしやすく、家でも受けれてお手軽ですね。

様々なレッスンに参加してきただけあって、いろんなレッスンを紹介してくださいました!特に『徹底個別レッスン』は毎週金曜日行っているリアルレッスンで、醍醐卓→1局終わるごとに振り返り、ポイントを押さえて教えてくれる実践型形式
直也卓→手牌を開いて、全員で一打ずつ共有しながら局面に合った手組・押し引きを学ぶ熱血形式(?)で行っております。赤アリ・ナシ問わず、まさに名の通り徹底的にレッスンしてくれるのでおススメです!

オンラインレッスンは、毎回豪華ゲストプロを解説にお呼びしてレッスンのレコーディングデータまでもらえる、現在大人気の『オンライン生実況&解説』をはじめ、毎週木曜日夜に開催している『オンライン実践添削レッスン』など、zoomと天鳳さえあればおうちで手軽に受けれるのが魅力。リアルレッスンはちょっとハードルが高い、という方にもおススメです!

このように、HQ麻雀はリアルレッスン・オンラインレッスン共に、座学や総合的な学習・検討メインなど、多岐にわたったレッスンを展開しています。

・最後に一言お願いします!
HQ麻雀で醍醐さん、直也さんの麻雀にふれ、麻雀の楽しみ方に幅が広がりました!これからも宜しくお願いします!

HQ麻雀定例対局でも初代王者に輝くなど、レッスンを受講して格段にレベルアップしたTomoさん。さまざまな大会に出場して腕をさらに磨きつつ、麻雀ライフを楽しんでいる模様!今後もよろしくお願いいたします(^^)

みなさんもぜひ一度レッスンを受講してみませんか?あなたの麻雀の新しい扉が開くかもしれません!

レッスンのスケジュールはこちらから!↓

https://t.co/iCyF4ud5Qw?amp=1

では今日はこのへんで!また来週!




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
読んでいただき感謝です!!
最高位戦Aリーガー醍醐大が主宰する『参加者にとって上質なレッスンを』コンセプトに”HighQuality"な麻雀レッスン・イベントを提供します。 パートナーはYouTubeでもお馴染み河野直也プロ。麻雀レッスン、トークイベント、麻雀大会のレポート記事を配信します。