連載 タッチの力09 山上亮・後編「子どものためのタッチ」
見出し画像

連載 タッチの力09 山上亮・後編「子どものためのタッチ」

この記事は有料です。

日本には「タッチ=触れる、触れられる」の機会が少ない。そんな思いから、日本のタッチ研究の第一人者である山口創先生(桜美林大学教授)をはじめ、セラピストの有志が集い「日本タッチ協会」の設立を準備中です。
その一環として行われている、タッチのスペシャリストたちによるワークショップ(通称:タッチ協会山口ゼミ)の模様をお伝えしていきます。

二人目は山上亮さん(整体ボディワーカー)。前編の山上さんの修業時代に引き続き、後編はご自身の施術とタッチの基礎的なワークについて、紹介していただきます。

連載・タッチの力09


山上亮・後編
「子どものためのタッチ」
語り●山上亮
写真●コ2編集部


コ2編集部(以下、コ2) 前編では、山上さんが「学び成長する生き物としての人間」に興味をもったことから、河野智聖先生について野口整体を学び、子育て講座をひらくまでのことをお話しいただきました。
後編は実践編です。山上さんがいつも、講座でどのようなことを教えておられるのか、またタッチ協会のための「子どもに触れるワーク」の提案をしていただきます。

山上亮(以下、山上) わかりました。ではまず、いつも行なっている「整体の個人指導」を見てもらって、それから家で子どもと一緒にできるワークをお伝えします。今日は特別ゲスト(!?)として、いつも私の講座に参加してくれている子をモデルに、デモしていきたいと思います。

この続きをみるには

この続き: 7,202文字 / 画像11枚

連載 タッチの力09 山上亮・後編「子どものためのタッチ」

コ2 [kotsu] note分室

150円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
いつも「スキ!」をしていただきありがとうございます!
ここでは、日貿出版社が運営する、武術と身体のコツまとめ、WEBマガジンコ2【kotsu】のコンテンツを有料で公開しています。詳しくは本室・コ2【kotsu】WEBサイト(http://www.ko2.tokyo/)でご覧ください。写真はコ2note分室室長のチョークディです。