連載 セルフタッチング入門 第7回 セルフタッチをはじめる前に(後編)〜「ゆらぎ」に気づく
見出し画像

連載 セルフタッチング入門 第7回 セルフタッチをはじめる前に(後編)〜「ゆらぎ」に気づく

 前回、第6回では、セルフタッチングに必要な「からだへの気づき(awareness)」をテーマにお伝えしました。後編では、セルフタッチングに必要なもうひとつの要素である「ゆらぎ」について、その感じ方のミニワークとあわせて紹介します。
 さらに、セルフタッチングを生み出すもととなった「エサレン®ボディワーク」での、中川さんの「ゆらぎ」体験もお話しします。

画像1

Image: iStock

わたしに触れる、コロナ時代のタッチケア

セルフタッチング入門


第7回 セルフタッチをはじめる前に(後編)〜「ゆらぎ」に気づく
文●中川れい子


自然界にも、からだにも「ゆらぎ」がある

前回の第6回では、セルフタッチングに必要なこととして、以下のことをお話してきました。

・からだ全体を丸ごと(ホリスティックに)とらえ、全身をつなげるように触れていくこと。
・「今、ここ」の気づきを大切にすること。
・身体感覚=からだへの気づき(awareness)、直接的な体験を大切にすること。
・からだの内側から私自身を感じる、一人称の感覚を大切にすること。
・感覚が変化するのを受け入れること。

ここでさらにもうひとつ、加えたいものがあります。それは「ゆらぎ」を感じることです。

「ゆらぎ」とは、とても説明のしにくい言葉ですが、まずは意味にとらわれすぎず、直感的にこの言葉を味わっていただければと思います。波、動き、感情の変化、あるいは周波数やバイブレーションといった、近しい言葉をイメージしていただいてもよいかもしれません。

自然界には様々な「ゆらぎ」があります。揺れる炎や湖面のさざ波を眺める、波の音や樹々を揺らす風の音を聞くなど、いろいろな場面で、心が落ち着き穏やかな気持ちになる体験をされた方も多いことでしょう。自然界がもたらす不規則なゆらぎは「f分の1のゆらぎ」とも呼ばれ、神経系への癒し効果や、からだのリラクセーションを導いてくれることが、科学的にも証明されています。

こうした自然界の「ゆらぎ」は、不規則でありながらどこか調和が感じられ、まるで自然と私がひとつながりであるかのように感じられることがあります。

私たちの存在そのものが自然の一部であり、生命そのものでもあることを思い出してみましょう。つまり、自然界に「ゆらぎ」があるように、私たちのからだのなかにも「ゆらぎ」があります。呼吸のゆらぎ、心拍のゆらぎ、あるいは脳波のパターンなど…さまざまな生命活動は、それぞれ固有のリズムをもちながら体内で重なり合い、影響し合っているのです。


この続きをみるには

この続き: 7,590文字 / 画像5枚

連載 セルフタッチング入門 第7回 セルフタッチをはじめる前に(後編)〜「ゆらぎ」に気づく

コ2 [kotsu] note分室

150円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
いつも「スキ!」をしていただきありがとうございます!
ここでは、日貿出版社が運営する、武術と身体のコツまとめ、WEBマガジンコ2【kotsu】のコンテンツを有料で公開しています。詳しくは本室・コ2【kotsu】WEBサイト(http://www.ko2.tokyo/)でご覧ください。写真はコ2note分室室長のチョークディです。