イエス、反対意見。ノー、差別意識。

電気代の大幅値上がり(30%増!)だとか色々大変なことになっていますが、政府による同性婚の国民投票がそろそろ大詰めを迎えてます。

正直、初めてこっちに来た時は
「え?オーストラリアはとっくに同性婚OKじゃないの??」
と思ってました。半分正解で、半分不正解でした。
数年前まで同性婚は認められてたそうですが、首相がかわったのを機に法律も変わって、同性婚は無しになったんだって。なんじゃそりゃ!
(オーストラリアは日本と違って法律がころころ変わる)

にしても、同性婚を国で認めたくないから国民投票って…なんか100年前の世界に来たみたいだな…というのが正直な感想です。
議論に出るだけいいじゃん、とは思うけど、未だに人類の「分かち合い」ってそのレベル??って思うとため息が出る。


「誰と結婚したいか」なんて個人的なこと外野がガタガタ言う問題じゃないと思うし、私は自分が他人の個人的な問題に口をつっこむ権利があると信じてません。
たまたま結婚したいと思った人がたまたま同性だったからって何が問題なのかわからないし、同性婚だからって一律に反対するのって、一面識もない赤の他人の結婚式を勝手にぶちこわす行為と一緒じゃないの?
私だったら性別とかに関係なく赤の他人に「結婚反対!」っていわれたくないから、私も赤の他人の結婚には口を出しません。

あと、性別を理由に何かを禁止するのって「女だからスカート以外はいちゃ駄目」ってことですよね?私はジーンズもスカートもはきたいし、自分にその権利があると思っているので、男だろうが女だろうが他人が同じ事しても文句いったり批判したりしません。平等ってそういうもんでしょ。

ちなみに投票用紙の質問自体は、
「Should the law be changed to allow same-sex couples to marry??  」
(法律で同性婚を認めるべきだと思いますか?)
の1文のみ。答えはイエスかノーの二択だけ、というシンプルなもの。

意見なんて人それぞれだから反対の人は反対でいいんですけど、
中にはこのシンプルな質問に対して想像力が異様に豊かな人たちもいて、
「同性婚なんか認めたら、今度は動物や物体と結婚する権利も認める事になる!」「小学校でアナルセッ○スを子供に教える未来になってしまう!」
なんてぶっとんだ事を考える人まで出てくる始末。
いやー、何が本当の事なのかなんてわからないけど、そこまでうがって考えてたらどんな投票もできないだろ……と。ホントに色々カオスです…(笑)

*******************************

反対意見をもつ事は、別に悪い事でもなんでもない。
そんなの個人の自由だし、みんなが同じ意見をもつ事がいい世界を作るとは限らない(日本の空気を読む文化を見ても、そう思う)。

でも反対意見をもつ人への尊敬がないのは、絶対に駄目だと思います。

今回の投票でも、出てくるわ出てくるわ。テレビやネット、SNSで「ゲイやレズビアンみたいな普通じゃない人たちのために、我々普通の人間が築いてきた伝統的な結婚をけがされるのは我慢ならない」みたいに言ってくる人。どこからつっこんでいいかわからないけど、とりあえずそれ差別発言ですから!

しかもそういう人に限って、自分は差別をするような人間じゃないとか固く信じている節がある。あらゆる人が意見を書き込んでるフェイスブック内でもそういう発言が(特にクリスチャンの友人から)しょっちゅう書き込まれてて、パートナーが爆発してました。見なきゃいいのに…。

反対意見を言った人に対して人格批判を始める人って一体何なんでしょう。
異なる意見を持つ人に対するリスペクトがない。何を信じるか、信じないかは個人の自由だし口に出すのも表現するのも自由だけど、そこに相手に対する尊敬がないと単なる差別や人格批判になる。
「ああ、そういう意見もあるんだね」っていうかわりに「そんな意見をもつなんて、頭がおかしい」って言ったりする人。それは単なる差別発言って気づいてればまだいいけど、そんな事考えもせずに批判してる人ってまだまだたくさんいそう。同性婚にかぎらず、今後も同じ問題が出てくるんでしょう。


今回の投票も、匿名なのをいいことに白紙の投票用紙がebayで販売されてたり、何十人もの郵便受けを勝手に開けて投票用紙を奪ったあげく、大量に他人の裏庭に破棄されてたり(!?)…イエスノー以前に違法っ!という過激派も発生してます。別に個人の意見がイエスだろーがノーだろーが自由だけど、他人が意見をいう権利を踏みにじるのはそれ以前の問題ですね。


82億ドルという巨額の税金をぶっ込んだ上に色々問題が多いこの投票、喜ばしいのは、任意の投票にも関わらず過半数以上の人がすでに投票してるってことです。投票自体ももうすぐ締切なので、もうすぐこのカオスともおさらば。

みんなにとって平等な世界が訪れますように。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートをいただけると、とても嬉しいです!頂いたお金は、いつでも文章が書けるようにタブレットの購入に使います。

3
35歳。オーストラリア在住ブロガー&デザイナー&農家。 パートナー有りのAセクシャル。 日本&海外ネタ、アート&デザイン、英語、心理学、わくわくできるものが好き。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。