深センゆきの

28歳フリーター→シンガポール現地採用3年→日本で海外事業担当1年→深セン現地採用x副業x海外大学院留学 ゆるく楽しく働く一方で悩みも尽きない。海外移住のリアルを発信🙌

深センゆきの

28歳フリーター→シンガポール現地採用3年→日本で海外事業担当1年→深セン現地採用x副業x海外大学院留学 ゆるく楽しく働く一方で悩みも尽きない。海外移住のリアルを発信🙌

    マガジン

    最近の記事

    まもなくnoteフォロワーさん2000名みたいです、みなさんありがとうございます😭✨ ぼちぼち更新したいので、なにかご興味あるトピックがあれば教えてください! 質問箱にてお待ちしております🙌 https://peing.net/ja/yukino_shenzhen

      • 発信活動ゆるゆる再起動かけてます。最近は音声配信もやってみたり🙆‍♀️ 海外転職を決めた理由って、ぶっちゃけたいしたことなくない? 中国深セン発📻悩めるアジア転職 視聴はこちらから👉 radiotalk.jp/talk/839305

        • 【再現率100%】非常事態での心の持ち方

          繰り返しみたいな毎日、普通、日常、当たり前。 これまでと同じ生活が、これからも続くもんだと思っていた。のに。 ある日突然、日常が分断される。 コロナ渦での2年以上もの長い間、たくさんの人がこういう状況にぶち当たって、しんどいことをなんとかやってきたんだと思います。 みなさんも私も、初体験なんてカワイイもんを乗り越えて、一通り経験済みですよね。 とはいえ、何度経験したって慣れるわけがない。 予告ナシでいきなり本番がスタートする隔離や封鎖は、メンタルがしがし削られます。 マ

          • 【実録】中国深セン、マンション敷地内いきなり封鎖14日間

            ある日の日曜の昼下がり、気づかないうちに我が家は急展開に巻き込まれていました。 美味しいお好み焼きを食べに行こうと、友人数名と話し合っていて決めた夕食の行き先。 そのうち1人が歩いて10分ほどの距離に住むご近所さんなので、うちの下に集合しようということに。チャットの会話履歴をふりかえってみると、このへんからなんだか不穏な雰囲気。 いやいや、まさか。大丈夫でしょう あくまで楽観的な私。だって3時間くらい前、お昼ごはんを食べに出かけたときはなにもなかったし。 しかし私の

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • アジア現地採用エッセイ
            深センゆきの
          • 中国深センでバー経営はじめました
            深センゆきの
          • 人生大逆転を賭けて! 28歳フリーターがシンガポールで転職
            深センゆきの
          • アジア海外転職インタビュー!
            深センゆきの
          • オンライン日本語授業あれこれ
            深センゆきの

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            ドキュメンタリー番組出演にまつわるこぼれ話 その2

            ※これは番組放送前に書いた内容を、放送後に公開したものです。ご了承ください。 テレビが町にやってくる! という話題で、今年の夏は大変にぎやかでした。楽しかったな、あの頃。 それからちょっと時間が経って、9月の半ば。ホントに日本からやってきたディレクター。 「外でワイワイお酒飲めるのっていいですねー!」 と、笑顔で話す姿が印象的でした。 ちょうど、その時期の日本ではコロナの感染拡大による営業時間の短縮や自粛ムードで、気軽に飲みに行く機会なんてほとんどなかったようで。 そ

            ドキュメンタリー番組出演にまつわるこぼれ話

            いきなりですが、フジテレビのドキュメンタリー番組に出演します。 約55分間の番組の尺に対して、密着取材はなんと2ヶ月にも及びまして。 ほんとにいろいろありました。楽しいこともしんどいことも泣いたことも、まるッとひっくるめて貴重な経験値です。 なぜそもそも、いきなりテレビの取材? それは夏の頃に届いた友人からのWechatメッセージが全ての始まりでした。 深センでバーやってる日本人女性を取材したいっていうテレビ局の人がいるんですけど、紹介してもいいですか? うん? えっ

            夫婦喧嘩にまつわる異文化理解

            中国同士の夫婦のコミュニケーションはまずケンカ。 ケンカして、やりあって、ぶつかりあって、その中でお互いのことを知って、理解を深める。そういうコミュニケーションの形ね。 それに対して、日本人はまず我慢。 我慢して、我慢して、最後にどうしても我慢できないところだけケンカする。 どっちがいいとか悪いとかじゃなくて。順序がちがうだけ、コミュニケーションの形がちがうだけ。 ちがいを知って、お互いが快適に過ごせるように工夫が必要だと思うの。 お久しぶりです。ゆきのです。 中国旦

            国際新婚生活からの離婚寸前まで衝突しまくった話

            今年はじめに入籍してからというもの、「新婚っていいな、結婚生活って楽しいな」と、のほほん気分にひたっていた矢先に、事件は起きました。 今週未明、犬も食わない夫婦大喧嘩が勃発。からの、離婚寸前までまっさかさまに。 堕ちてディザイア、燃えてディザイア。 ふとしたことがきっかけで 「オレのメンツをつぶすな!」 「こうなったらもう離婚だぞ!明日は役所行きだ!」 と大激怒のヤンくん。 そのへんにあるものを片っ端からブン投げて、夕食が載ったテーブルをまるごと盛大にひっくり返し、顔を

            求人情報に「40歳以下歓迎」はあっても「50歳以上限定」がない理由を考えてみた

            TwitterのDMやブログで、転職に関する問い合わせを、ちらほらといただいています。 私自身は今の仕事(本業+副業)にも、深センでの生活にも満足しているので、いまんとこ転職する予定はありません。しかし求人情報はいつながめていてもおもしろい。 なんで求人情報と賃貸物件の間取りって、見ているだけでワクワクしてくるんでしょうね。体ひとつでは住む家も働く場所も複数選択できないのに。 話を戻して、私のもとへ届くお問い合わせは主に20代から30代の女性からのものです。 大卒で、日

            普通の会話だったつもりがWeChatブロックされてピンチになった話

            素人が中国深センでいきなりバー経営をはじめて、およそ3週間が経過しました。 お店のコンセプトを考えて、頭を抱えたり。 たくさんある南山のバーのなかで、なぜお客さんはうちを選んで来てくれるのだろう、うちのお店の魅力ってなんだろう、私なんかのどこがいいんだろうか…なんて10代の思春期かっつーくらいに悩みはつきない日々。 「私は私! 私以外私じゃないわ!」 と下手すぎる思考法で意味不明な限界突破を迎えたと思えば、一回りは年下であろうキュートな中国人にたいそう気に入られ、「ゆきの

            中国人〇〇しすぎる問題

            毎日が異文化体験! をモットーに、中国・深センで笑いあり涙ありの日々を過ごしています。 夫でありビジネスパートナーでもあるヤンくんと一緒にいると、毎日が驚きと発見の連続です。全然飽きない。 コンテンツの神様なにも言わずにつきあってくれてサンキュ、みたいな気分です。(わかる人まで届け!) ちょっとくらいおかしなことが起きても、「今日のメイクはいまいちだね! 眉毛がヘン!」と笑顔で顔面にダメ出しされても、「そのファッションは正直ダサいから、オレがトータルコーディネートしてあげ

            はじめての海外転職でだまされないためにはどうしたらいいですか?

            TwitterやNoteなどで、未経験からはじめる海外転職や海外移住について、主に日本在住の日本人に向けて発信しています。 その発信にまつわる質問をいただいたりしたら、全力で回答させてもらってます。 そもそも私の人生初のシンガポール転職は、SNSで相談にのってもらったことがきっかけで。 ししもんという現在はオランダで永住権取得に挑戦中のITエンジニアに、TwitterでDM送って、書類の細かいチェックや面接対策などをビシバシやってもらいました。 というわけで、ペイフォワー

            2021年に深センで飲食店経営をはじめる理由

            突然ですが、来週から深センの南山区で「mosaic」というバーを経営します。 実はこのお店、もともとあったものを引き継ぎという形で譲り受けたものなんです。 きっかけは、元店長・シンさんのツイート。 これを見た瞬間に「よくわからないけどめっちゃおもしろそう!」と心が動き出しました。そこから現実的になり、計算したりシュミレーションしたり、はたまた妄想したりして(現実的?)、実際に交渉や契約を経て、現在はプレオープンの準備中です。 ツイートを見てからプレオープンまで、わずか1

            【実録】中国旦那の実家で過ごす旧正月

            旧正月(春節)は、日本で言うところの仕事納めから三が日までの大型連休です。 基本的には大晦日の1日と、新年の5日間を合わせて6日間がカレンダー上のお休みですが、みんな前後に休暇をくっつけまくってとにかく休みます。 我が家は10日間で、長い人では3週間もの休みをとる人も! 仕事初めはだいたいみんな一緒なので、年末の休みを前倒しにするパターンがほとんどです。 この旧正月の連休、多くの人が老家( lǎo jiā )と呼ばれる実家へ帰省します。 中国旦那に嫁入りしたら、そこはもう

            中国式交渉力を前にして、私は圧倒的無力でした

            スマートにメンツを立てる力 何度しつこくされようが断る力 ケンカをコミュニケーションとしてやり抜く力 海外生活ならびに中国生活では、普段まったく必要としない力を求められ、ヘンなところばかりメキメキとたくましくなったりします。 今回は、また新たな能力が私の中で目覚めたというお話です。 それは「交渉力」 私はコミュ力には自信がなくて、むしろ自信がないからこそ「うまくなりたい」と火がついてYouTube見たり本読んだり、そして実践して、失敗して自信がなくなり、を繰り返す毎日。

            マジでうんざり5秒前! 中国式セールス

            中国・深センでの生活が快適で、結婚して定住を決意するほど、この日常に満足しています。 言葉がわからなくても、騙されるどころか親切にしてもらえて、たくさんの人の優しさに支えられて生活しています。 爆伸びの経済成長で街のムードはやたら活気づいていて、おおらかで平和。景気がいいってこういうことだよな、と人びとの表情を見ていて感じます。日本人がやたらギスギスして寛容性がないのは不景気のせいじゃないかな、きっと。 暮らしは快適、中国語会話という挑戦も毎日ほどよい刺激があって、平和で自