堀部太一/外食・フードデリバリーコンサルタント

関西学院大学卒業後、船井総合研究所に入社。当時最年少にてフード部のマネージャーへ。 そ…

堀部太一/外食・フードデリバリーコンサルタント

関西学院大学卒業後、船井総合研究所に入社。当時最年少にてフード部のマネージャーへ。 その後事業承継と起業を行い、京都にて外食・中食の高単価業態を展開。「食を通じての豊かさの提供」をモットーに、自ら事業をしながら、多くの企業へのサポートも行う。専門領域は外食・フードデリバリー。

メンバーシップに加入する

◼︎どんなニュースレターか 日々のコンサルティングの現場で出てくる課題をどのように解決していくのか。考え方や具体的な手法を書いていきます。 ◼︎配信頻度 月10-20本くらいを想定していますが、飲食関連のニュースが多い時にはこれを超える時もあります。 ◼︎メディア出演や記事寄稿の詳細 https://note.com/horibe0110/n/n0b079974ed07

  • スタンダードプラン

    ¥550 / 月
    初月無料

マガジン

最近の記事

  • 固定された記事

コンサルティングの費用とご依頼方法について

費用について25万円(税別/回)・交通費別 事業規模に関わらず、一律上記にてご支援しております。1回辺りの費用ですが、基本的には月に一回が多いです。(メールやチャットは基本常時接続です) 事業立ち上げで月一のミーティングで少ない場合は月複数回もありますし、ご支援も10年を超えて新しい事業立ち上げがない場合は隔月のご支援先もいらっしゃいます。 基本的にはコンサルフィーの3倍のキャッシュを得て頂かないと投資対効果が合わないと思っておりますので、それに最も合う形にてスケジュー

    • タッチパネルの投資回収に関して

      低価格の業態の場合、注文をお受けする時自体に付加価値を生みにくいという事でタッチパネルやモバイルオーダーの導入もかなり進みましたね。 初期投資やランニングコストを考えるとモバイルオーダーの方が良いケースが多いのですが、郊外店であったり主要客層がご高齢の方が多い場合はまだまだタッチパネルも強い状況。 今日は2フロア業態を展開されるご支援先がタッチパネルを導入されたので、それの初期投資や投資回収の見込みを見ていこうと思います。

      有料
      300
      • 宴会5,000円の壁を超えて4,941円→5,555円になった企業の取り組み

        12月に入り少しずつ宴会が動いてきましたね。 ただ宴会といっても主語が大きいので、参加人数別で見るとまだまだ大きな影響が残っているところもあります。 今日は今年の宴会の特性と、単価を上げるための取り組みを見ていこうとお見ます。

        有料
        300
        • 12月に売れている高単価弁当のタイプ

          今年の12月は企業向け高単価弁当が本当に絶好調です。 昨年はコロナ禍がむしろ追い風だった要素もあるので今年は落ちるのでは?と予想していたご支援先もいらっしゃいました。 しかし蓋を開けるとびっくり! 確かに「今年は飲食店で」というお客様もいらっしゃるのですが「久々に社内イベントを」という需要の方が大きく、かなり受注制限しないとパンクするぞというご支援先ばかり。 多分、多くの企業で過去最高売上を更新するのでは?という感じです。では結局何が売れているの?をまとめました。3つ

          有料
          300
        • 固定された記事

        コンサルティングの費用とご依頼方法について

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • イタリア出店に向けてのあれこれ
          堀部太一/外食・フードデリバリーコンサルタント
        • 飲食・デリバリー企業向け/業績アップメルマガ
          堀部太一/外食・フードデリバリーコンサルタント
        • シンガポール出張のあれこれ/2023
          堀部太一/外食・フードデリバリーコンサルタント
        • 飲食店向け業績アップ
          堀部太一/外食・フードデリバリーコンサルタント
        • フードデリバリー向け業績アップ
          堀部太一/外食・フードデリバリーコンサルタント

        メンバー特典記事

        メンバー特典記事をすべて見る すべて見る

          タッチパネルの投資回収に関して

          「スタンダードプラン」に参加すると最後まで読めます

          低価格の業態の場合、注文をお受けする時自体に付加価値を生みにくいという事でタッチパネルやモバイルオーダーの導入もかなり進みましたね。 初期投資やランニングコストを考えるとモバイルオーダーの方が良いケースが多いのですが、郊外店であったり主要客層がご高齢の方が多い場合はまだまだタッチパネルも強い状況。 今日は2フロア業態を展開されるご支援先がタッチパネルを導入されたので、それの初期投資や投資回収の見込みを見ていこうと思います。

          有料
          300

          タッチパネルの投資回収に関して

          有料
          300

          宴会5,000円の壁を超えて4,941円→5,555円になった企業の取り組み

          「スタンダードプラン」に参加すると最後まで読めます

          12月に入り少しずつ宴会が動いてきましたね。 ただ宴会といっても主語が大きいので、参加人数別で見るとまだまだ大きな影響が残っているところもあります。 今日は今年の宴会の特性と、単価を上げるための取り組みを見ていこうとお見ます。

          有料
          300

          宴会5,000円の壁を超えて4,941円→5,555円になった企業の取り組み

          有料
          300

          12月に売れている高単価弁当のタイプ

          「スタンダードプラン」に参加すると最後まで読めます

          今年の12月は企業向け高単価弁当が本当に絶好調です。 昨年はコロナ禍がむしろ追い風だった要素もあるので今年は落ちるのでは?と予想していたご支援先もいらっしゃいました。 しかし蓋を開けるとびっくり! 確かに「今年は飲食店で」というお客様もいらっしゃるのですが「久々に社内イベントを」という需要の方が大きく、かなり受注制限しないとパンクするぞというご支援先ばかり。 多分、多くの企業で過去最高売上を更新するのでは?という感じです。では結局何が売れているの?をまとめました。3つ

          有料
          300

          12月に売れている高単価弁当のタイプ

          有料
          300

          活性化が必要なカレー屋さんの顧客スライドの話

          「スタンダードプラン」に参加すると最後まで読めます

          カレー業態を持たれているご支援先。 こちらの業績が芳しくなく、それの活性化を進めています。 カレー業態は効率性も非常に良いので、業績が良いと人件費率もかなり抑えられて収益性は高いです。 しかし。 意外とカレー業態って市場規模が小さいんです。 繁華街型でも小箱が多いと思いますし、大手チェーンと言えばCoCo壱さんの圧勝。それ以外は意外と店舗数が少ない状況です。 こちらの店舗は郊外型。そのため、下記のような取り組みが大切でした。

          有料
          300

          活性化が必要なカレー屋さんの顧客スライドの話

          有料
          300

          イタリア出店に向けて/1.最初に始めたこと

          「スタンダードプラン」に参加すると最後まで読めます

          日本の和食文化を世界に!という中でユーロ圏に出店しようと考えており色々と進めています。 この中で費用感であったり失敗であったり、多分色々あると思うので個人的な備忘録としてはもちろん、同じくイタリア出店を考えられる方の危険回避に繋がればなと思い書いてます。 ニーズの把握 現地にはコロナ禍前からちょこちょこ行っていました。 よく、「中国・韓国人のなんちゃって寿司・和食店が多い!」と怒られる方がいらっしゃるんですが、個人的には全く逆の感想で。 マーケットをゼロ→イチで作る

          イタリア出店に向けて/1.最初に始めたこと

          蕎麦屋からの業態転換案

          「スタンダードプラン」に参加すると最後まで読めます

          地方都市で蕎麦・和食店を展開されるご支援先。 今後の発展を考えたときに、現状の蕎麦屋でも収益性などの視点は悪くは無いのですが業態展開を考えよう!という流れに。 今日はこのような業態展開を考えだしたタイミングであったり、自分たちの長所を活かした上での業態作りであったり、その辺りのポイントをまとめて見ました。

          有料
          300

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          活性化が必要なカレー屋さんの顧客スライドの話

          カレー業態を持たれているご支援先。 こちらの業績が芳しくなく、それの活性化を進めています。 カレー業態は効率性も非常に良いので、業績が良いと人件費率もかなり抑えられて収益性は高いです。 しかし。 意外とカレー業態って市場規模が小さいんです。 繁華街型でも小箱が多いと思いますし、大手チェーンと言えばCoCo壱さんの圧勝。それ以外は意外と店舗数が少ない状況です。 こちらの店舗は郊外型。そのため、下記のような取り組みが大切でした。

          有料
          300

          活性化が必要なカレー屋さんの顧客スライドの話

          イタリア出店に向けて/1.最初に始めたこと

          日本の和食文化を世界に!という中でユーロ圏に出店しようと考えており色々と進めています。 この中で費用感であったり失敗であったり、多分色々あると思うので個人的な備忘録としてはもちろん、同じくイタリア出店を考えられる方の危険回避に繋がればなと思い書いてます。 ニーズの把握 現地にはコロナ禍前からちょこちょこ行っていました。 よく、「中国・韓国人のなんちゃって寿司・和食店が多い!」と怒られる方がいらっしゃるんですが、個人的には全く逆の感想で。 マーケットをゼロ→イチで作る

          イタリア出店に向けて/1.最初に始めたこと

          蕎麦屋からの業態転換案

          地方都市で蕎麦・和食店を展開されるご支援先。 今後の発展を考えたときに、現状の蕎麦屋でも収益性などの視点は悪くは無いのですが業態展開を考えよう!という流れに。 今日はこのような業態展開を考えだしたタイミングであったり、自分たちの長所を活かした上での業態作りであったり、その辺りのポイントをまとめて見ました。

          有料
          300

          高単価弁当宅配における配送エリアの考え方

          先日高単価弁当宅配の記事を書いた際、「配送エリアはどう設定すれば良いのでしょうか?」という質問を頂きました。 この事業は売上に占める「変動比率」が高いビジネスモデルなので、一つ一つの工数で売上費での比率が高いとずっと収益が低くなってしまいます。 そのため、配送に関するルール決めは非常に大切ですので、本日はその辺りをまとめてみました!

          有料
          300

          高単価弁当宅配における配送エリアの考え方

          客単価を上げ続ける為に居酒屋企業で行っている分析方法

          駅前大箱を展開されるご支援先。 大箱は厳しい!というのはありましたが、それは「宴会」が中心のモデル。こちらは大箱ながらフリー比率が高いのでその影響はほぼ受けず、2019年比で見ても既にプラス推移をされています。 営業時間を短縮しているので、密度高く収益を高められているという訳ですが、ポイントはやっぱり客単価。 この客単価を上げるために分析していた方法があるので、それを今日はまとめてみました。

          有料
          300

          客単価を上げ続ける為に居酒屋企業で行っている分析方法

          高単価弁当宅配サイトで気を付けるポイント

          高単価弁当宅配事業が絶好調です。 昨日お伺いした九州地方のご支援先でも特段イベントのない10月に過去最高売上を更新!坪売上も58万円まで高まってきました。 差別化の8要素でしっかり競合企業を包み込みに行ったのが本質ではありますが、販促の領域だけに目を向けるなら大切なのはホームページ。 こちらの企業もホームページ経由の売上が95%以上を締めますし、そのうちショッピングカート比率は80%にもなります。 そのため、ホームページの最適化が重要なのですが、ここで勿体無い企業さん

          有料
          300

          高単価弁当宅配サイトで気を付けるポイント

          社員数3名→2名になった店が減収・増益・賃上げになった理由

          職人性の強いご支援先の高単価店舗。 定着率が高い企業さんではあるのですが、やはり一定数の離職は生じます。通常のモデルとしては、社員3名で月540万円・年6,480万円ほど売られるフォーマットでした。 坪数が20坪くらいですので、坪売上は27万円。繁盛店と言われる形だと思います。アルバイトさんは料理に関してはほぼ稼働していないモデルです。 そんな中で退職ですので、どうしよう!?という空気感が漂っていました。「採用は出しているんですが人も来なくて・・」と相談。 そこで、一

          有料
          300

          社員数3名→2名になった店が減収・増益・賃上げになった理…

          リピート率の良い不振店の活性化取り組み例

          関連する全ての店舗が繁盛店!とかなら最高なのですが、やっぱり赤字店・不振店が出てきてしまう事もあります。 飲食は積み重ねの事業なので、赤字店舗があれば簡単に黒字店舗の収益を吹っ飛ばします。 じゃあ不振店では何を行うのか。 リピート率が良いのに不振だった店の取り組み例を深掘りしてみようと思います!

          有料
          300

          リピート率の良い不振店の活性化取り組み例

          ケータリング事業の弱点

          年末に向けて需要大爆発中の法人向けパーティーケータリング。 収益性も抜群で、営業利益率30%〜の報告ばっかりなので本当に価値が出ているサービスなんだなと感じられます。 しかし。 このケータリング事業には大きな弱点が二つあります。今日はそこの共有とそれを打破する方法を考えていきたいと思います。

          有料
          300

          アルバイトからの社員採用力の強い企業さんの二つの取り組み

          人手不足だからなんとかしたい。多くの企業さんの悩みですよね。 そもそもで言うと、他業種と比較して遜色のない給与・残業時間・年間平均休日数などであれば十分人は集まっています。 採用の商品力は条件面。条件の話をすると「お金ばっかりの人は嫌だ!」と言われる人がいますが、条件悪くて会社の理念に合わないので人材補充的に採用する方が最悪です。 入り口は条件であったとしても、そこには多様な人が集まってきます。その中であり方が合致し、スキルが高い人を採用できれば事業は一気に伸びます。

          有料
          300

          アルバイトからの社員採用力の強い企業さんの二つの取り組…

          総合居酒屋が年末対策で決めた事

          総合居酒屋のご支援先。 総合居酒屋→専門居酒屋→最近のトレンドと推移してきましたが、地方都市においては意外とまだ総合居酒屋が強いケースがあります。 商圏人口も少ないので、ニッチ一番になるよりは総合一番になった方が顧客幅も広がり、利用頻度も高まりやすいのが背景です。 とはいえ! 総合型居酒屋って箱も大きいので色んな大変な事があります。それをほったらかして年末商戦に入ると絶対に問題が生じる!という事で年末対策で下記を決めました。

          有料
          300

          競合調査って必要なの?という話

          居酒屋のご支援先で話題になった話。 「自分たちのお客様に最大限ご満足頂く事に専念して業績も良いので、競合調査って必要だと思いますか?」 確かに、競合調査が必要!っていう人もいれば不要!っていう人もいます。 実際そこのところってどうなんだろう?っていうのをまとめてみました。

          有料
          300