オラシオ

ライター、コラムニスト。青森市在住。陸奥新報で「図書館ウォーカー」連載中。『中央ヨーロッパ現在進行形ミュージックシーン・ディスクガイド』監修。コンピCD『ポーランド・ピアニズム』『ポーランド・リリシズム』選曲・解説。ご依頼はaladyhasnoname@yahoo.co.jp

フォロワーの皆様に一度だけお知らせです。新聞「陸奥新報」に現在連載中のコラム「図書館ウォーカー」専門の別アカ作りました。連載についてのみつぶやきます。ご興味あればフォローしてください。これ以外のSNSは今も変わらず休業しています。https://twitter.com/librarywalkerjp

note卒業のごあいさつ

アカウントは残しておきますが、note卒業します。これまでネット上でやってきたことをいったんリセットしたいので、ほんとうに申し訳ないのですが過去記事も一部を除きほぼ…

  • ポーランド・ピアニズム

  • ポーランド・リリシズム

  • 中央ヨーロッパ 現在進行形ミュージックシーン・ディスクガイド (ポーランド、チェコ、スロヴァキア、ハンガリーの新しいグルーヴを探して)

フライングですが、2019年の主な仕事まとめました(&これまでの主な仕事歴)

まだ師走に入って間もないですが年内の仕事もほぼなくなったので(笑)、今年やった仕事のうち主なものをまとめておきます。 ファンでいてくださる方はオラシオ・ワークの…

「時代が作った天才クシシュトフ・コメダ」 ポーランドのジャズ・コンポーザーの話

どんな芸術も、社会や政治のあり方と完全に無縁ではいられないのは今や自明のことですが、それと同じくらい大事なのは「どんな人たちがいて、どんなつながりが生まれていく…

100

"本好きじゃなくても楽しめる図書館の一面を" エッセイ連載「図書館ウォーカー」はじめました

昨日の11月12日から、青森県内で発行されている新聞「陸奥新報」で、僕が執筆するエッセイ「図書館ウォーカー」の連載が開始されました。 毎週火曜日掲載で、旅と図書…

100

「バラカンさんとポーランド音楽についてどんなことを話したの?」 現代ポーランドにおけるジャズとトラッドの関係④

さて、間もなく6月がやって来ます。今年の6月は、ポーランド音楽が熱い!  ヴァイオリン奏者Janusz Prusinowski ヤヌシュ・プルシノフスキのバンドKompania コンパニャ…

100