Naoya Tachibana

写真や動画を撮ったり、翻訳したり。飲まないワインエキスパート。柑橘系。

Naoya Tachibana

写真や動画を撮ったり、翻訳したり。飲まないワインエキスパート。柑橘系。

    マガジン

    最近の記事

    最近のこと

    うーん、ご無沙汰。 こんにちはあるいはこんばんは(すぐ便乗する) しばらく書いていなかったのは、特に書き連ねることもなかったし、なんやかんやで忙しかったから。 昨年末に転職して以来、忙しく過ごしていて、あれやこれやと気づいたら6月、やれ梅雨だと思ったらあまり降らず、酷暑に見舞われて終わった上半期でした。 生活のベースは仕事で、趣味の時間が少し減ってしまったのだけど、いまのところ仕事が楽しいのでそれはなにより。 そんななかでも相変わらずガジェットは買っていましたので、そ

      • おわり

        どうやら最後のエントリはなにか書き殴った7月のものらしい。 早いもので2021年も終わろうとしている。終盤にはいつもこの言い回しを聞くが。 振返りと来年に向けてなんて自分の中でまとめればいいのだが、書いてみる。そう思った理由は後ほど。 写真相変わらずの「禍」の中で、写真についてはいくつか活動した。 成人式の晴れ着撮影、ワークショップ参加、夏は写真展に出展。 いずれのケースでも、モデルになってくれた人には感謝しかない。 あとは12月に入って、ライブの撮影をしたのに加えて

        • 主観と客観、地続きと飛び石、あなたの正義はだれかの悪。

          • 可能性の種とかいうもの

            2回目の新卒就活の頃の話。 2月だったと思う。修論の審査も終わり、研究室かバイト先の事務室でゆるやかな時間を過ごしていた。 すでに内定をもらっていたが、何か魅力を感じて、とある専門誌の編集部の求人に応募した。 求めるスキルは英語、Dreamweaverを使ったホームページの編集、電話対応。 どれも最低限はできるかなと、軽い気持ちで書類を送付したら、面接に呼ばれた。 訪ねたのは都内の雑居ビル2階。 ドアを開けて視界に入ったのは資料の山。 机の上、ワープロと思しき機械の上、

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 柑橘さんの雑記帳
            Naoya Tachibana
          • Photo
            Naoya Tachibana
          • 柑橘ワインメモ
            Naoya Tachibana
          • ぷららぼ
            Naoya Tachibana

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            おもったこと

            写真が好きだということ。 強度のある写真が撮りたい。 強度とはなんだろう。コモディティ化されにくい、残る写真のことだろうか。 一方で、伝わる写真が撮りたい。 伝わるってなんだろう。わかりやすい、意味が明らかな、共感されやすい写真のことだろうか。 奥は深いけど、区別付けにあまり意味はないのかもしれない。 私は、私が満足できる形で、誰もがいいねと言う写真を撮るのが得意ではない。 私はまずは、私の写真を好きだと言ってくれる人に、喜んでくれる人のために撮る。それでいい。

            秋、三十路、思い耽る

            「経験豊富ですね」 「色んなことをやってきたんですね」 と言われることが、しばしばある。 前者についてはこのあと。後者はまあ、そうかもしれない。変な道を歩んできた自覚はある。色んなところに首を突っ込んできたことにちがいない。 でも、あたりまえなんだけど、みんな、通ってきた道以外のことは経験していない。 10代20代なら、経験の量が無いから、少ない経験の質が瞬間風速的な違いとなって、差に見えているかもしれない。 だが30代のいま、同世代の誰だってそれなりの量をこなしてきたわけ

            Coffee, Music, Friday afternoon

            Matsuri (twitter)、Asuka Yasunaga (twitter) all photos taken by Naoya Tachibana a.k.a. 柑橘 with PENTAX KP (FA77mmF1.8 limited) Portfolio: Orange Photo Box

            Aug16 夏を撮った日

            #100枚で写す夏の日 all photos taken by Naoya Tachibana a.k.a. 柑橘 with Ricoh GR3 and PENTAX KP (FA77mmF1.8 limited and DA35mmF2.8 Macto limited) Portfolio: Orange Photo Box (https://hoppingnaranca.com/)

            weekly album Aug10-15

            Aug 16 は別のポストで。 all photos taken by Naoya Tachibana a.k.a. 柑橘 with Ricoh GR3 and PENTAX KP (FA77mmF1.8 limited and DA35mmF2.8 Macto limited)  Portfolio: Orange Photo Box (https://hoppingnaranca.com/)

            weekly album Aug3-9

            all photos taken by Naoya Tachibana a.k.a. 柑橘 with Ricoh GR3 Portfolio: Orange Photo Box (https://hoppingnaranca.com/)

            weekly album Jul 27-Aug 2

            all photos taken by Naoya Tachibana a.k.a. 柑橘 with Ricoh GR3 Portfolio: Orange Photo Box (https://hoppingnaranca.com/)

            せめてどこかに

            2年ぶりに、持病が再発気味だ。 外からは「調子がイマイチそう」以上にはわからない。当の本人は回転バット後のような前後不覚が続き、右半分からの刺激に弱く鈍くなっている。 だが私の仕事は、常にではないとは言えリソースを集中して無理をかけることもやむなしな生活が求められることが多い。多くの勤め人と同じだ。 こういう事情を抱えているため、仕事を前へ前へというモードから、とりあえずいまはタスクをこなして、というふうに変えてみる。だがそれではもちろん評価はされない。競争とはそういう

            こども

            19:00 東横線 イヤホンの向こうから、子供の泣く声がする。 母親に連れられ、ドアの前にきたときにはもうぐずっていた。 暗い窓の外を覗き「見えない!電車が見たいのに!」 彼のぐずりはイヤホンの向こうからも聞こえてくる。 言い分はこうだ。 座席に座り、窓の外を見ていたが、暗くて見えない。ドアのほうにきたら、彼の背格好では窓ガラスが高くうまく見えないのでドアを開けろ。 窓に貼られた広告のシールが邪魔で見えないからどけろ。 そしてなんで暗いんだ、もっと明るくして!の3

            掴めるか

            進もうとしているのに、いつまでも同じところにいようとする人はいない。 多少の不透明感には目を瞑って、チャンスを拾っていく。 背負っているものは、関係ないわけじゃないけど、進みたい思いが本当なら、ぜんぶ背負って進んでいくか、思い切って置いていく。 そのスイッチは押してしまえば案外なんてことないのは知っているのに、大事にケースにしまったせいで、ひどく難儀なおこないに感じてしまう。 私はこの機を掴めるか。乗れるか。 言い訳は揃っている。 それを置いていけるか。 そんな羊

            グリューワイン作り比べ、飲み比べ

            手元にいくつか空いたワインがあったので、年末にグリューワインを作ってみた。ワイン以外の素材は同じで、ワインだけを変えたら、どれくらい味わいが変わるのか、試してみた。 グリューワインとはワインをスパイスやフルーツと一緒に煮込んだ飲み物。ドイツやその周辺地域で親しまれている。似たようにワインを煮込んだり、フルーツやスパイスを混ぜる飲み物は各地にある。 日本では11月~12月に各地であるクリスマスマーケットでよく提供されていて、ホットワインという名前でも知られている。カルディに

            会いたい人

            ふと思い出した存在がいる。高校時代よく話した友人だ。 運動神経が良く、頭も切れる。話せば人懐こいが、傍目にはちょっと何を考えているかわからない不思議な表情を湛えていた。中学の頃から存在は知っていたが、互いに「見たことあるけど話したことのない生意気そうな奴で、X(共通の友人)の友達」くらいに思っていた。笑 Xを挟み顔を合わせたとき、何かの話題をきっかけに打ち解け、そこから登下校や休み時間などでともに過ごすことがあったと思う。 進路や関心についても少し似通うところがあった。